スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎の門①(生い立ち王編)2006.2.17 

『虎の門』新コーナーに次長課長登場。
前々からもっと気楽に見られるコーナーにも出てほしいと思っていたので
狂喜乱舞しました。①は井上さんの出場はなしですが、おもしろかったので
書いてみました。番外編ですね。②③はどうにも文字では説明のできない
内容で困ってしまいました(汗)
(コメントは②以降の記事にお願いいたします)
"朝まで生どっち・生い立ち王"に河本さん。いつもはくだらないテーマについて
真剣に討論するこのコーナー、今回は論者みずからの不幸な生い立ちを
アピールし、誰が芸能界一不幸なのかを決めていきます。
MEGUMIいわく「関西の香りがする」出場者は、麒麟・田村、メッセンジャー・黒田
次長課長・河本、2丁拳銃・小堀、つぶやきシローの5人。
優勝者はモバイル投票で決定。

■生い立ち王・日本一不幸な生い立ちの芸人は誰?!■
①テーマ:食事
黒田:皆さん、はったい粉って食べられたことありますか。はったい粉という
  麦の粉があるんですよ。子どものころ、糖分がまったくなかったんではったい粉に
  砂糖とお茶をまぶして団子にして食べてたんですよ。僕いろんな人にはったい粉
  知らないかと聞いたら誰も知らんから、テレビ局に調べてもらったんですよ。
  今、なんとこいの餌になってるんですよ。
勝俣:黒田君に先しゃべらせちゃ、いけないのよ(笑)
河本:しゃべりも何も、みんな(体勢が)前に行ってるのに1人後ろに。
いとう:何の余裕なんですか。
河本:ここにいちゃいけないんです。ほんとはもっと別室に。お願いしますよ。
いとう:やってください、ばんばんと。
河本:ただね、こいの餌って言われると確かに勝てないかもしれませんが、うちの
  お母さんは1回社長の奥さんとして9年間ずっと僕を育ててくれたんです。
  で、社長のだんなと別れてから地獄を味わってるんですよ。
  差が激しかったんですけど、焼き飯は焼いた飯だったんです。焼き飯って
  いうのは焦げ目のついたごはんを出されたんです。みそ汁に関しては
  みそと汁でした。
いとう:具がないってことですからね。
河本:ほんとに具がなかったんです。それを友達に誕生日会で出したら全員
  帰ったんですから。
勝俣:(笑)いいですね。いい戦いですよ。

河本:うちのお母さんはパートしてまして時給560円という値段でスタートしたんです。
  スーパーの裏で働くのでいつも魚料理が結構豊富に。で僕ある日、こづかいを
  もらいにパート裏のところにおかんを呼びに行ったんですよ。そうしたらおかんが
  魚のあらを、自分でですよ、パックにめちゃめちゃ詰めて店長に「7円で売って
  ください」と言ってる姿を見たときはそのまま帰りました。
勝俣:7円っていうのがね(笑)
MEGUMI:8円は出せない(笑)

②テーマ:家族
河本:父親が5人いるんですけど、4人目の父親が僕との交流を持ちたかったん
  でしょうね。父親の威厳を保つために、ラーメン屋に連れていってくれたんですよ。
  そこのラーメン屋で20分で食べきったらただっていうことでおじさんが挑戦
  したんです。僕はそのときまだおじさんって言ってるんです。僕が食べたら
  お父さんと認めてくれるかって言って、ざっばー食いだしたんですよ。
  7分で食いきったんです、20分のところ。

-オチの前に黒田さんが自分の話を始めてしまいガーン…。しかしこの話が
勝俣とMEGUMIの心をつかみ、テーマ②での2人の判定は河本に。

③テーマ:フリー
河本:うちのお母さんの話なんですけども、小学校4年生のときに授業参観に
  着てきた服が喪服です。

河本:電気代が払えなくて電気止まったときに、おかんが野良猫をこたつの中に
   ほおりこんだことがあります。

河本:うちの姉が2回離婚したんですが、3人目の新しい人を連れてきましたと
  いうことでうちの家族が呼ばれたんですけども、名前がスズキユミコです。
  完全に角刈りの。

-河本さんの話術が際立ってました。後半だらだらしゃべる人続出の中、この戦術は
気持ちよかったです。姉が○○ネタ封印は「すべらない話」内だけのことだったんですね。
他局ではガンガンしゃべってますよね(笑)。

勝俣、MEGUMIの判定は黒田。優勝はモバイル投票の結果により、麒麟・田村。
2位河本、3位黒田、4位小堀、5位つぶやきの順でした。後半かなりの勢いで
河本さんが追い上げた形となりましたが、田村さんのリアルの不幸話には勝てず。
個人的には、内容・話術ともに黒田さんかなあと思ったのですが、
強烈すぎたのでしょうか。
実際ここには書けない話がほとんどでした(笑)。

河本さんから「でも一番不幸なのはこいつですよ」と言われてしまったのは
2丁拳銃・小堀さん。「実家が現在競売にかけられている」「19歳のときに復縁した
親も昨年12月26日に離婚していた」「その母親が自己破産、父親も2度目の
自己破産予定」など、不幸話が現在進行形であることが発覚してしまいました。
河本さん、ぜひ次回の"生どっち"にもぜひ出ていただきたいです。
これって河本さんのためにあるようなコーナーじゃないかとこの日気づきました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。