スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷっちぬき 2006.4.18 

あっ、公式ブログの存在を教えていただいたのに書き忘れてました。
■ぷっちぬき
http://www.tv-tokyo.co.jp/p-e/blog.html
-月島商店街を歩く3人
大橋:もんじゃを食べたいと。
河本:それ、一体なんぼのもんじゃっていうのを。
井上:それ、どんなもんじゃっていうのをね。
大橋:「じゃあもう」早く行きましょう。
河本:「じゃあもう」っていうのは遠いから。
井上:遠いの。逆にしてもわからへんから。

-もんじゃ焼きのお店の前にピンクの花が置いてあるのを発見。
大橋:運命感じますよね?入りましょう。
河本:入ろう、入ろう。
-座卓に座る3人
大橋:かんぱ~い。
井上:僕、初めてなんです。
大橋:ピンクつながりで来たから、ピンクのもんじゃとか。
井上:ええっ?なんで?普通のやつ、だめなんですか?
(ピンクが番組のテーマだってば…笑)
一発目ピンクのやつやったら、僕ピンクのイメージになりますよ。
普通のやつが、意外なもんみたいになりますけどいいですか?
(確かに。気持はわかります 笑)
大橋:いいです。
井上:いいんですか?僕のこと、あんまり考えてもらってないですね。
大橋:番組のテーマはピンク。
河本:わかりました。
大橋:ご主人、呼んでいいですか?ご主人。
ご主人:はい。
井上:山のような大男がやって来るんじゃないですか?
ご主人:次長課長じゃない?でも私の方が偉いからね。
河本:社長?
ご主人:理事長。
河本&井上:理事長!
大橋:まいりました。
河本:理事長、台本でもあるんじゃないですか?
大橋:ピンクのもんじゃは。
ご主人:塩だれもんじゃに明太子。もんじゃは文字焼きから来てるんですよ。
昔は「文字」を「もんじ」と言ってた。10回言ってみて。
河本・井上・大橋:もんじもんじもんじもんじもんじもんじもんじもんじもんじもんじ。
河本:……言わせただけ?
井上:ドS?
ご主人:普通の人は「もんじゃ」になっちゃう。
井上:ああ~、僕危なかったです。
ご主人:江戸っこはもんじゃになっちゃうの。もんじもんじもんじもんじ
もんじもんじもんじゃもんじゃ。
井上:ええーーっ?嘘でしょう?7回目から考えてたでしょぉ。
河本:6から7への飛びよう!6「もんじ」で、7「もんじゃ」って言ったよ。
-もんじゃ焼きを焼くご主人
井上:豪快だな。
河本:豪快ですね。
井上:ああ~。ピンクになった。きれい~。(嬉しそう♪)
これがもんじゃ焼きっていうやつですね。
河本:理事長、この時期合うよ。桜の季節に。
井上:食べてえな、これ。
河本:これ、特別メニュー?
ご主人:特別メニュー。
河本:あっそうなの。名前は何にしましょう。
ご主人:名前はない。つけてくれる?
河本:何をおっしゃいますか。(井上の肩をポン)彼はほんとにすごいんです、
もう。ネーミングプロといいまして、数々の。小泉純一郎。
井上:考えたんです。
河本:息子の孝太郎。すべて官僚の人はほとんど井上さんです。
大橋:ご主人、これ食べごろ?
河本:名前つけてないから、待って。
ご主人:食べ終えるまで考えてもらえる?
河本:じゃあ最終的に井上さんに名前つけてもらいましょうか。
ご主人:下から入れてひっくり返して。
井上:へえ~。
河本:おいしい。
井上:おいしい、理事長。("じじちょう"って聞こえた)
-もんじゃを食べながら記念撮影。
ご主人:メニューに入れますので。
井上:このピンク色のもんじゃ焼き、名前はズバリ。
大橋:うん。
井上:南町奉行所。
河本:おおっ!(拍手)南町奉行所というのは、その心は。
井上:やっぱり金さんですよ。
河本:遠山の金さん。
井上:だいぶ遠いですけど。
河本:桜吹雪、遠山の金さん、南町奉行所と。遠いとこから攻めましたので。
決定でございます。
-3人が訪れたのは、月島の好美屋というお店です。南町奉行所
食べに行きたいけど、私は西の地方出身なので、もんじゃ焼きは
ちょっと苦手です…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。