スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お台場学園2006~井上さん家は大騒ぎ!(2006.5.1&2) 

「次回更新は連休明けしばらくしてから」と書いたはずですが…。
自分で書いたことも守れない奴です(汗)。

毎年GWは都内の某ホテルで過ごしております。
混んでいる中どこかに出かけるのはめんどくさい~。じゃあすいている
都内を目指せというわけです。交通費もかかりませんし。
まあ「過ごす」といっても、せいぜい2泊なんですけどね。
マンネリ化しつつあったTokyo Stayに今年はあのイベントが加わり、
久しぶりに充実した連休となりました。

圧力団体2006~春の陣、ライブレポというものを1度は書いてみたいけど
多分、無理です。地上波でのOA後、簡単な感想程度を書ければと
思っています。それぞれのネタに加えて2組のユニットコント。
最後に「めざせオンエア30秒トーク」コーナーで2時間半くらいの
ライブでした。
初ルミネのときは、ネタ中のざわざわ~に衝撃を受けてしまいましたが
今回は何のストレスもなく、落ち着いてゆっくりとネタを見ることが
できました。9日のOAに加えて、7月にはCSで完全版がOAされるそうです。
番組タイトルに"井上さん"だって~と、ついついコーフンしてしまいまして
ワクワクしすぎてしまいまして、内容的にはちょっと期待はずれ?
でもお茶の間コントみたいなのが逆に新鮮だったのと、河本さんの
母親役があまりにもハマりすぎていて、毎晩ちょっと楽しみでした。
井上さんは波平さんみたいなスタイルでした~。
ただですね、オチがあまりにも緩くて(狙った緩さだとは思いますが)
2話まで書いてお蔵入りを決めたのですが、気が変わってUPすることに。
というのは、4話の録画に失敗したからです。求・情報です!
昨日の最終話を見たら、いきなり父と母は旅行中という展開に
なっていて、次課長さんの出演はなし。
「圧力団体」の番宣もあるんじゃないかと期待してたのに…。
4話でいったい何が起こったのか?
それとも何も起こっていないのか?
まあ文字で読んでも、全くおもしろくないかもしれませんが、
番組タイトルに名前が入った記念ということで。


N:フジテレビで絶賛開催中、お台場学園2006文化祭。さて隣に住んでる井上さんちは?万年課長のお父さん(井上)、一家の太陽お母さん(河本)、長男瑞樹(佐藤アナ)に20人の娘たち(AKB48)。そんな一家に巻き起こるとんでもない災難とは?

【5月1日:第一話 タンメンが作れないのじゃ】
井上:おい、母さんはどこ行ったんじゃ?
佐藤:母さんならタンメンを作ってます。
河本:大変!大変よ!
井上:どうした?どうしたんだ。母さん。
河本:どうしたんじゃなくて、大変なのよ。タンメンを作るときに必要なハチマキがなくなったの。タンメンを作るときに必要不可欠なハチマキがなくなったの。(すごい早口)
井上:知らねえよ、それ。
河本:タンメンは私、麺から作ってるんだから。最終的に麺をたたくときにハチマキでペシンとたたかないと。
井上:それだけのためにハチマキがいるのか?わかった、じゃあみんなハチマキ探そう。
-AKB28が1人1人河本のもとに
A:(帽子を差し出し)母さん、これ、ハチマキ。
河本:そう。これがハチマキじゃないの。(帽子をかぶり)さあ来た!さあイキのいい本マグロ来た!何を考えてるの!
-このパターンが何度か繰り返され、セット内テレビの中に、ますだおかだ・岡田登場
岡田:パアッ!出た!出た!早くも出ました!
井上:ちょっと待ってよ。ちょっと待つんじゃ。あなたいったい何者じゃ?
岡田:あなたはいったい何者じゃ?さあ答えよう。私は悪の化身、オカダ総統じゃ。
河本:あなたさ、頭のところに巻いてるの、私のハチマキじゃないの?
岡田:そのとおりこのハチマキを返してほしければ、今から出すIQ問題を説いてみるがいい。
-岡田からクイズ出題。解答を考える全員
岡田:こら~っ!うわ~っ!パンッ!
井上:どうした?なんじゃ、総統。
岡田:おまえら早く俺…何回どなってるか。おさむちゃんみたいになっとるやないか!
河本:総統、ごめんなさい。
岡田:ほんとに総統だけに相当疲れたわ。出たっ!
河本:出ない。
井上:まだ出てない、そんなに(笑)。
河本:あなた、まだキャラが定まってないわね!
岡田:そのとおりじゃ。このクイズのヒントはお台場学園に隠れておる。
河本:それじゃあお台場学園に行ってきてくださいよ。
-クイズの解答を探しに出かける佐藤とAKB28。お台場学園の紹介VTRなど流れ、クイズに正解してハチマキを取り返して戻ってくる佐藤
河本:瑞樹、瑞樹、もういいわよ。何?テンション上がって持ってきたみたいな。
佐藤:持ってきましたけど。
河本:もうあったから。ハチマキあったから。
-井上、河本が頭に巻いているハチマキを外して
井上:母さん、これ、ハチマキじゃなくてワシのふんどしじゃ。(白い布には聡の名前入り)
河本:うわ~っ!
-とりあえず5日間、こんな流れみたいです(笑)。

【5月2日:第二話 タンメンが食べられないのじゃ】
河本:娘たち、できたわよ、タンメン。さあ皆さん手をあわせて、いただきます。
全員:いただきます。
河本:ちょっと待った!ちょっと待った!我が家の大事なレンゲがないじゃないの。
井上:そんなもんなくても食えるん、ちゃうんか?そんなもん!
河本:だめ、だめ。キクラゲ、もやし、にんじん、レンゲの順番じゃないと。もう~、嫌だ!嫌だ!レンゲないと嫌だ!
-TV画面にタンメンを食べているオカダ総裁
岡田:いただきまーす。これ、麺のコシがいいなあ。
河本:私のレンゲ、持ってたでしょ、今。
岡田:このレンゲか!このレンゲか!
河本:わかったわよ、聞こえてるわよ、もう。
岡田:別にこの後はこれといったコメントはな~い!おまえらそっちは楽しそうじゃな。こっちはちょっとした離れで寂しいわい!このレンゲを返してほしければ問題を解け。
-クイズ出題。解答を全員で考え中
岡田:おいっ!おいっ!
井上:お…お前は誰じゃ!
岡田:わしの名は悪の…だから、ない、言うねん!
-クイズの解答を探しにお台場学園に出かける佐藤とAKB28。クイズに正解してレンゲを取り返し、戻ってくる佐藤とAKB28
佐藤:レンゲ、ありました。
河本:お父さん~、気持いいわ~。(井上の肩に頭を乗せてうっとり 笑)
井上:そんなに気持いいかね?
河本:瑞樹、何よ、このレンゲ。いらないわ。これがあるの。
-ハートのラブラブストローでタンメンのスープを飲む河本&井上
河本:ああ~お父さん、ほんと気持いいわ。(また井上に寄りかかる)
佐藤:なんだこのバカ夫婦。
-井上さんが微妙に嫌がってた(照れてた?)のがおかしかったです(笑)。

-第3話は、タンバリンが破れて叩けなくなった母のために、セロテープで修復しようとするが、ギザギザカッターが見当たらない、という流れ。最終話では、いきなり母&父・子作り旅行中のため、オカダ総統登場で、実はオカダ総統が、実は井上家の長男だったというオチで終了でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。