スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨ニモマケズ 2006.4.25 

実家の方がバタバタしておりまして、向こうに泊まる日が増えそうなので
ブログの更新を1日おきくらいにしてみようかなあと思っています。
でも仮に週3回更新にしたとしたら『検索ちゃん』『雨ニモマケズ』『ぷれ&ぷちミーヤ』だけで終わってしまうなあ。
記事を書く時間は確保できそうだし、今までどおり書いてしまうと
思うので、古い記事がどんどんたまっていきそうな予感…。
1日に3本も4本もUPしたら、さすがに引きますよね。
とりあえず今日は2本にしときます。

(コメントは一番最後の記事にお願いいたします)
-OP
河本:第3回、無事迎えられました。
ウエンツ:ありがとうございます。
井上:おかげ様で。
河本:ないのかと思ってました。
ウエンツ:ほんとに思ってます?始まる前までそんな雰囲気かけらも
ないですもん。
河本:お前やんけ。5秒前、4、3言うてるのに、なんか雰囲気重くないですか
って、俺にぼそっと。なんで俺に言うねん。
ウエンツ:心配してるんじゃないですか。またひと言もしゃべらないから。
だんだん似てきてますね、この2人が。
河本:ジャイアントスネ夫に見えてきてん。
井上:誰がスネ夫や!
河本:ジャイアンや!ここはええのよ。でもいざ始まったら。
井上:ほんと真剣にやってよ。
河本:人生相談ですからね。真剣にやるとこはやるでしょ。
「医龍」見てますよ。真剣にやってるじゃないですか。
井上:あの「医龍」ね。
河本:胸部神経外科の伊集院ノボル。
井上:なんか決めゼリフ、あるのかな。
河本:あるんでしょ。
ウエンツ:言ってみな。
井上:言ってみろ、決めゼリフ。
河本:最後、ドーン言うんでしょ?
小池:ハートの手術を始めるぜ。
井上:出たっ!
ウエンツ:そんな言ったことないでしょ。
河本:ノボルが言うセリフ?
ウエンツ:誰も言ってないです。そのセリフ。
河本:ええっ?とんだアドリブ力もつきましたよ。悩みを相談する方も真剣に来てくれてかまいません。向こうが真剣に来て、こっちが真剣に返さないというんだったらおちょけのパターンでしょ。
井上:おちょけのパターン(笑)。おちょけのパターンの今日やめよう。
今日マジで。
ウエンツ:ほんといい加減にしてくださいよ、おちょけなパターンとか。
井上:”おちょけの”です。
ウエンツ:(笑)もう今だけですよ。
井上:おちょけのパターン、今日あかんで。
小池:はい。
河本:おふざけ禁止ね。
井上:ちょっと言っといて、ウエンツに。
小池:おちょけはあかん。
ウエンツ:いい加減にしろよ、ほんとに。
河本:そんなことも言えるようになったんです。
-うわ~っ、OPのフリートークが長くなってる~。要望が殺到したのかな?

-大学4年生の27歳。学生結婚した妻と0歳の子どもありますが、お笑い芸人になるという夢を持っています。どうしたらいいでしょうか?
河本:もしもし。シンゴ君、27歳ということだけども。
井上:これはどういうことかな。
シンゴ:もともと大学に入ったのが22で2回くらい留年してしまいまして。
ウエンツ:留年の理由というのは。
シンゴ:お笑いを目指してましてそっちの方ばかりやっていたら。
ウエンツ:1人でやられてるんですか。
井上:相方さんは何をしてるの。
シンゴ:今タクシードライバーやっています。
河本:コンビ名はなんて言うんですか?
シンゴ:アオイ企画という名前でやってるんですけど。浅井企画みたいで
いいかなと思って。
ウエンツ:事務所っていうのは。
シンゴ:所属してないですね。
井上:入らないの?
シンゴ:入れないです。
井上:なんで?
シンゴ:ネタ見せ行っても落ちるとか。
井上:奥さんとかはどうしてまた。
シンゴ:子どもが先にできてしまいまして、その後に結婚しました。
河本:びっくりしたんちゃう?子どもできた言われたとき。
シンゴ:親もまだ働いているんで、生活費の大半は親に出してもらっている
形になりまして。
河本:自分らの家族で住んでないんや。
シンゴ:そうです。
河本:どう?徹平?
小池:現実にね、奥さんがいてお子さんがいらっしゃるから、確かに夢を追いかけるのも大切かもしれないですけど、それよりも守るべきものがあるんじゃないかなって思いますね。
河本:養えるまでに時間かかるって思う?
シンゴ:運がよければすぐ売れちゃってブレイクしてお金稼いでいる人もいるんで。
ウエンツ:運がいい人ってどういう人ですかね。
シンゴ:たまたま波に乗れてテレビ出て。
井上:ああ、なるほど。いいとこしか見てないからそう思う…。
シンゴ:まあ裏で苦労してるとは思いますけど。
井上:うーん…死ぬほど苦労してると思うよ、みんな。何もわからない状態でっていうことですもんね。想像だけで先走ってるんですね、多分。
河本:シンゴ君は誰を目標にしてるの?
シンゴ:出川さんとかダチョウさんとか、わかりやすいって言うんですか。ああいう感じの、すごい好きですね。
井上:じゃあ普段、そういうことやってるんや、ネタは。
河本:ぐつぐつに煮たおでん、頭からぶっかけたりしてんの?
シンゴ:いや、そこまではまだ。
河本:そこまでできへんの?そこまでで10年かかるで。リアクションとるのに。熱湯風呂に入るの、10年以上かかるんやで。
井上:もっといるかもしれんな。
河本:37でやっと熱湯風呂や。40過ぎておでんや。43から44で流行語ホニャララや。そんなら何年かかる?16~17年かかるで。どうする?子ども。
井上:高校生やで。
河本:どうやって育てていく?そこまでお金もらわれへんで、芸人って。芸人ってお金あんまりもらわれへんで。一番お金もらわれへん職業やで。ほんまにイライラしてるもん、俺、ずっと。俺も子どももおるし、嫁もおるけど、家賃何回も下回ってるし。おかんが貧乏やったから幸いやったけどね。僕はおかんからお金借りることができなかったから。
ウエンツ:河本さんが具体的に話をしたときに、「それでもやりたいです」って言葉が出てこなかったのが、どれくらい本気で考えてるのかちょっと疑っちゃう…。
シンゴ:前はどんな状態になっても続けたいと思ってたんですけど、結婚して子どもができるとそういうわけにはいかないなと。
河本:いや、ええねん。結婚して子どもができたからやめろとかそういうことは言ってない。俺も結婚して子どもがいたのよ。ただ自分で何とかしたの。
井上:そこやと思うね。
河本:そこやねん、肝心なのは。
井上:自分の稼ぎで食べさせたいって思うんじゃないの?
河本:一生せなあかんわけよ、義務、父親の。お笑い芸人やりたい言うてるのにエッチして子どもできたんでしょ。責任とらなあかんねん。父親やねん。その瞬間から、あなたが。親に頼ってる場合じゃないわけ。それでも俺はあきらめへんかった。相方も家賃下回った。でもやめなかった。
井上:うん。
河本:芯が強かった。さっきウエンツが言ったように「それでもやります」っていう意見が出ないということは、売れへんかったらやめようという気があるからや。
井上:夢を追うことはすごいいいことだと思うのよ。ただ僕、大学行ってる意味がまったくないなっていうのがあるのよ。なんか保険かけてんちゃうか?っていうふうになるのよ。
河本:その保険はでかいやろうね。
-「自立すること」を相談者と約束。
井上:自立してどっちに進むのかな。
シンゴ:お笑いの方はチャレンジしてみたいと思ってます。
井上:お笑いの方に行くねんな。
河本:幾つになったっていいですよ。30のときにもしかしたら来てる可能性もあるわけやん。30だからってすぱっとやめる必要もないかもしれんよ。
井上:そうやで。あんまりな、ライン引きはしないほうがいいですよ。
河本:年齢のライン引きっていうのはせんほうがええかもしれん。
井上:僕ら10年くらいやって、もう30になるからもうそろそろ潮時ちゃうか、河本君みたいなことはあったよ。でもそれは10年以上やっててのことやから。
河本:だってまだ所属してないわけやから、まだプロになってないわけよ。これからやん。
ウエンツ:頑張って。
河本:やめんなよ。
井上:どっかで会いましょうね。
河本:どうもありがとうございました。
井上:始まって数回でもうこんなにすごい、今までで一番親身になってた
んじゃないですか。
ウエンツ:お2人の相当熱い顔を見ましたよ。
河本:ただね、甘中の甘やったから。甘々なの。こんな人がこのまま
おったらあかんのよ。
井上:でもな、振り返れば俺らだってそうやってんて。何も知らんから、
テレビ見て俺もできるっていうところから始まってん。
河本:ノリはそういうとこなんやろうけど。
井上:だからあんまり厳しくも言われへんもん、俺。だから今回ばかりは、
ちょけるの控えましたけど。
河本:そこはおちょけのパターンって言ってよ。急に言葉変えないで
ください。
井上:ただ来週からはおちょけのパターンということで皆さんひとつ
よろしくお願いします。
河本:もうええっちゅうねん。
-CM明け
テロップ:男ならおちょけのパターンで貫け。井上が思い描いた相談者とは?
井上:ちょっと今回NGで。
河本:もうええっちゅうねん。
-今回は4人の実体験に基づいたアドバイスですごくよかったな。河本さんの体験談と井上さんの「みんな死ぬほど苦労してると思うよ」というひと言に重みを感じました。やはり男性相談者の方が番組的にも盛り上がる気が…。OPのおちょけトークもおもしろかったです。ところで「おちょけ」ってどこの言葉?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。