スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷちミーヤ! 2006.5.13&20 

日常BBSは引き続きお使いくださいね。
非日常ライブに行かれた方のコメントやブログ読ませていただいて
記憶が甦ってきました。ありがとうございます。
月曜日のワイドショー、OAはちょっとだと思うけど、楽しみだなあ。

気がつけば、『ぷち&ぷれ』の記事がたまってました(汗)。
5月13日分『ぷれミーヤ!』は、次長課長がやじうまプラス&スーパーモーニング
を宣伝。アナウンサー改造計画のVTR内にも参加していたのですが、レポは挫折。
お天気キャスターの甲斐さんが特技のバレエを披露する場面で、井上さん、
率先して一番いい場所に体育座り。その上なぜか「シェフ!シェフ!シェフ!」
と企画に参加していたシェフを誘っていました。
5月20日はゴルフ番組のため、『ぷれ』は休止。

【5月13日分】
■出演者■座卓に左から、タカアンドトシ、次長課長、前田アナ
勝俣州和、眞鍋かをり、ザブングル

勝俣:かんぱ~い!なんかタカトシからニュースがあるそうで。
タカ:あのですね、実はツアーをやるんです。6月3日から25日まで。
トシ:真面目か!お前!
河本:なんで止めるのよ?ほんとの話なのに。(トシの頭をはたいて)不真面目か!
前田:本日はおつまみとして、徳島県産の竹ちくわをお持ちしました。
竹の香りがすごくいいので。
眞鍋:いいにおい、する。
勝俣:ほんとだ。
河本:ちょっと待って。井上さんは食べへんの?
井上:進行は食べたらあかん…。
河本:誰が進行やねん?
テロップ:進行ではありません
眞鍋:自由でいいですよ。
河本:いつの間にか進行って。
勝俣:話す言葉の数でいったら、ものすごいよ。ひと言に対してのお金の…。
井上:(笑)(後ろにひっくり返って笑ってます)
河本:落合で1回やったことあるんです。落合選手が1球バットに当てると
なんぼだみたいな。彼も落合級ですよ。
井上:その分、重圧はすごいよ。
タカ:プレッシャー感じてるんですか?
前田:もう1つおつまみをご用意しました。こちら「バルトの楽園」。
松平健さん主演の映画ですがご存じですか。
河本:この舞台、徳島県の鳴門。
前田:そうなんです。
井上:バルト海のな?
前田:はい。というわけで…。
勝俣:バルト海?バルト海関係ないだろ!鳴門って言ったろ。
井上:(笑)
タカ:今のコメントで7万ですよね。
井上:あとはなんだかんだ引かれて2000円くらいですよ。
前田:共演のドイツの国民的俳優ブルーノ・ガンツはドイツの高倉健さんと
呼ばれているそうです。それにちなんで皆さんはデビュー当時のキャッチ
フレーズはありましたか?
タカ:僕らは北海道だったんで「お笑い屯田兵的」な。
トシ:「道産子芸人第一号」みたいなね。
勝俣:みそと塩みたいなね。
トシ:そんなん、ついてないですよ。
タカ:なんでわかったんですか?
トシ:聞いたことないよ。
河本:僕ら、2年目ぐらいからもうすでに「お笑い中間管理職」っていう
のがついて。
井上:ほんとに大まかに言われてたのが、「吉本の秘密兵器」って。
勝俣:秘密兵器でいなくなる人、いっぱいいるんだけどね。よく出てきたよね。
井上:吉本には500組くらいいるんですよね。
河本:秘密兵器が。個人個人で新聞に書かれたのが「吉本のディカプリオ」。
勝俣:ええっ?
眞鍋:そのときから。
河本:で河本が「吉本の楽屋の爆笑王」。
勝俣:最も売れないパターンだよね。楽屋の爆笑王って売れないから。
河本:楽屋でばーっとしゃべって、本番になったらすげえがちがちになる。
勝俣:山ほどいるもんね。
河本:吉本には500組いるんです。その中の1組だったのによく出てきましたよ。
井上:続けたからよかったよね。
河本:そうなんですよ。
井上:さっ、テーマは何でしょうか。
前田:ありがとうございます。
井上:いいえ。
前田:本日のトークテーマはこちらです。「感謝」。
河本:勝俣さんのいつもの番組終わりでのお食事会。中華料理屋が多いん
ですけども、そこでの「1番になるな。2番を常に」というのは感謝の言葉ですね。
勝俣:次課長と話したね。
井上:ええ。
勝俣:誰かに走らせとけと。
井上:そうです。
河本:その後を追えと。ただその後を追う難しさ。これがまた楽しみに変わる
時代がいつか来るんだと。
勝俣:1番になるといなくなっちゃうのよ、なぜかこの芸能界っていうのは。
河本:でもね、この1番がいなくなったときに自分が1番になり得るという
可能性もあるわけでしょ。そうじゃない。1番がいなくなったら、また次の
1番が出てくるまで下がるわけ。でまた常に2番を追えと。それで勝俣さん、
何年やってきてるか。この感謝の言葉。それを白目になりながらしゃべってる。
勝俣:紹興酒が濃いのよ。
-この後、ザブングル加藤から「かっちかちやぞ!ぞっくぞくする…」。
井上さん、『ぷれ』のときも確かかなり笑ってたと思うのですが、
「ぞっくぞくするがめちゃ好き」と言って、1人で爆笑してました。

【今日の観察ポイント】
おつまみの竹ちくわ、他の人は竹の部分を持ってかぶりついているのに、
井上さん1人ちっちゃく手でちぎって口に運んでました~。お上品!


【5月20日分】
■出演者■左から、次長課長、前田アナ、勝俣州和、眞鍋かをり
タカアンドトシ

勝俣:かんぱーい!ねえ、タカ君、早く歌ってよ。
タカ:♪悲しみの果てに~(エレカシの"悲しみの果て"を熱唱)見たこともない~!
トシ:うるさいよっ!
タカ:だって歌えって言われたから。
トシ:涙目になるくらい歌うんじゃないよ。
タカ:早く止めろよ。
トシ:言いがかりもいいとこじゃないか!
前田:本日のおつまみは「ビッグリバー」。オダギリジョーさん主演で話題の
映画ですよね。
勝俣:ギリちゃんね。
井上:誰も呼んでないから。ギリちゃんって誰も呼んでないから。
河本:オダギリジョーがまたかっこいいんですよ。こういう映画に出ると
日本人っぽくない感じを出すんですよ。
勝俣:そうだよね。確かにそうだよね。
河本:ブラット・ピットみたいな雰囲気を。
井上:ギリちゃんでしょ?
河本:いや、いや。誰も呼んでないから。誰もギリちゃんって呼んでないから。
井上:勝俣さん、呼んでたけど。
河本:勝俣さんしか呼んでない。ヒゲを生やすとまたかっこいいんですよ。
井上:またいいヒゲの生え方…。
河本:しよんねん。男前ってどうして俺みたいに、こことここしか、
こうなれへんかな?
井上:ケンカ鶏みたいな。
河本:ケンカ鶏。ひゅっとこう…。ここから生えるでしょ?かっこいい人って
全体的に。幼なじみがどこから分かれるかね。一緒だったんだけどな。
井上:いやいや、最初から分かれてたでしょ。
勝俣:生まれからね。 
前田:ではここでトークテーマを発表します。
井上:何でしょう。
前田:今回のテーマは旅です。
河本:旅、行きたいなあ。
前田:皆さんの旅の思い出をお聞きしたいと思います。
河本:1人でアメリカとかに行くっていう度胸はないです。国内でもない。
勝俣:俺らは無理だよ。話し相手がいないと、死んじゃう。
河本:1人旅、好きな人いるでしょ?1人で旅するの大好きな人。
眞鍋:いる、いる。女の子でもいますよ。
河本:旅の出会いがあるとかいうけど、ないでしょ!
勝俣:全然ないっ!飛行機の隣の席、美人座ったこと1回もないもん。
河本:僕は家族で1月に温泉旅行に行きました。家族、親せき集めて10人
くらいですかね。河本ご一行っていう看板が置いてあって。でちゃんと内風呂の
ついた、露天風呂なんですよ。大きいところに入るよりも、内風呂に入れば
ええやんかって。女も男も関係あらへんって、僕はもうお酒飲んでますから。
おかんと2人で。
勝俣:混浴の。
河本:入って、窓ガラスのところに、今親子が入っていますというカンペを
書いて、写真撮って証拠残して。全裸で。髪の毛短い2人が。
井上:おっさん2人が。
勝俣:それは幸せな時間だよね。
河本:おもしろかったですよ。
眞鍋:親孝行。
河本:親孝行できました。
勝俣:井上君は何かないの?
井上:僕は旅をしたことないというか、家から出てないんですよ。
全員:(笑)
井上:だから家から一歩出りゃ、旅なんです、僕にしちゃあ。
勝俣:もうここが旅なんだ。
井上:そうなんです。
勝俣:で、頭痛くなるんでしょ?
井上:そうです。
勝俣:もう帰りたいんでしょ?
井上:6人以上いると頭痛くなるんです。
勝俣:もう帰りたいんでしょ?昔番組やってた頃、一緒に飲みに行ってたんだよね。
河本:そうです、そうです。
勝俣:いつも来てたから、楽しいの好きなんだなと思ったら、最近聞いたのよ。
あれが苦痛だったって。
眞鍋:ええーっ?
トシ:こらっ!
井上:(笑)
勝俣:みんなと飲んでると頭痛くなるんだって。
河本:嫌で嫌でしかたないと。
-『いいとも』の「ぴったり21」で井上さんが「結婚したい芸人1位」に
選ばれたときも、「人と飲んでると頭痛くなる奴ですよ」って言ってたな~。
勝俣さんと昔共演してた番組って何だろう。「虎の門」と「てんこもり」しか
思い出せないんだけど。
あと省略しちゃったんですけど、番組冒頭で、井上さんが"サルサソースを
つける前のタコス"を勝俣さんの顔に近づけて、「懐かしいにおい、しません?」
とか言っていて、勝俣さん、大納得!の場面もありました。
「中学生男子なら誰でも知ってる香り」だそうです。

井上:それはなんでかというと、いっぱい聞かなあかんからです。
話を。人の話を。
勝俣:ああ、いろんなこと話すから。
河本:彼は吸収よりも放出の方がいいんです。だから彼が一番上に立って、
周りの人たちに教えるっていう方が伸びるんですよ。
勝俣:いいんだ。
河本:自分の中でも多分いいんです。人から教えられると、もうそんなん、
したくない(机に突っ伏す)。
勝俣:頭の中がいっぱいに(笑)。
河本:もういっぱい詰めないでと。1個しか入らないんだから。
勝俣:で、帰りたくなっちゃうんだ。
井上:そうです。
河本:そして頭が痛くなると。
井上:で、冷えピタ。
河本:流れが見えましたね。
井上:出な、だめなんですけどね。
勝俣:じゃあ逆に1人旅とかできるじゃない?
前田:行ってみたいとことか、ないんですか?
井上:ありますよ。やっぱ中国とか行きたいですもん。
勝俣:なんで?
井上:あのー、何にもないとこ、行きたいです。
勝俣:平原だけとか。
井上:はい。別に中国じゃなくてもいいです。何にもないとこ。
勝俣:砂漠とか。
井上:はい。
河本:モンゴルとか、ゴビ砂漠とかね。
井上:砂!草!だけ!何にも考えたくないです。
勝俣:空っぽにしたいんだ。
井上:そう。
河本:相当病んでるとみましたよ。
-河本さんが、井上さんのことを熱く説明している感じがとてもよかったです。
やっぱり一番の理解者ですわね。そして井上さんに何とか休息の時間を…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。