スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の日記(2006.7.11ルミネ) 

7じ9じのチケットを購入したつもりが、1じ3じのチケットが届いた!
今月は夜じゃないと、絶対に無理なのに…。
ミスをした自覚はないのだけど、まあ自分が間違えたんでしょうね。
7月分のチケット購入は、精算画面に行き着くまでに1時間半かかって
しまい、その間に行きたい公演がどんどん「予定枚数終了」に。
焦って何度も変更した上に、知り合いから頼まれていた分もあったので、
なんか訳わからなくなってたしね。友達に譲ろうかと思ったけど、出演者を
見てみたら、なかなかいいメンバーだったので、無理して行くことに。
結局ルミネには月1~2回ペースで通っていて、きょうは5回目。
内マナーがひどかったのは2回だけで、残り3回は快適な環境で落ち着いて
見ることができています。

ちょっと、いえ、かなり早いけど、今年はこれで最後にするつもり。
近いうちに仕事を変わることになりそう…というか、勤務形態を
フリーランスに近い状況に変更する予定で、収入を確保できるかどうか
かなり怪しい…。時間はあるけどお金がないという状態になりそう。
というわけで、これで見おさめ。

出演者は、千鳥、永井佑一郎、ハイキングウォーキング、千原兄弟
インパルス 、はりけ~んず 、次長課長、桂三枝。
千鳥とハイキングウォーキングのネタがよかったなあ。あと千原兄弟も前回
見たシュールなコントとはかなり雰囲気が違っていて、これはこれで
おもしろかった。そして今回思いがけない事態に遭遇しました。

話はちょっと逸れるけど、セットチェンジの時間って次は誰?何のネタ?と、
私にとっては一番ワクワクする時間なのですが、これまでの4回は
①右奥に机②右奥に机③右方にベッド④真ん中にホワイトボードだったんです。
で、今回は真ん中にホワイトボード。前回と同じ「補習」かなと思ったら
暗闇の中スタンバイしている右側の方が椅子に座ってなくて、立ってる。
学生服じゃないみたいだし…。照明がついたらスーツ姿で、ホワイト
ボードには「美人OL殺人事件」の文字。
ああっ…このネタは…どこで見たんだっけ?と色々考えていたら
気づくまでに1~2分かかり、その間の記憶が一切ございません。
なんで目の前のネタに集中できないんだろう~!!! 後悔…。
ロシアの霊能力捜査官・ピロシキ。私は勝手に「ピロシキ」って
呼んでたけど、正式タイトルはなんて言うんだろう?
このネタをルミネでやっているとは知らなかったので、かなり
テンション上がりました。

それで最後にこんなアクシデントが。井上さんがくるりとホワイトボードを
裏返した瞬間ものすごい音を立てて床に落下したのです、ホワイトボードが!
あれってそんなに簡単に落ちるものなのかしら?
あっけにとられてしまい、またもや記憶が欠如しているのですが(涙)、
どうも2人を直撃したみたい。河本さんは演技を続けていたけど
演技なのか、本当に痛がってるのかわからなかったです(笑)。
で、井上さんは手首を押さえたり、ちょっと笑ってはいたけど、
慌てることもなく、おっとりと倒れたホワイトボードを客席に
「裏はこうなっております」みたいな感じで見せて、そのままオチへ。
特にグダグダになった印象はなかったので、アクシデントではなく
仕込みなのかと思ってしまったほどでした。

次に出てきたのは大トリの桂三枝師匠だったのですが、
「今の次長課長に、ああいうオチなのか?と聞いたら、ハプニングですと
言っていました」とのお言葉が。最後、オチがパーンと決まってすぐに
暗転したので、師匠もああいうネタなのかと思われたようでした。
行きおさめのつもりだったのに、最後にこんなもの見せられたら
また行きたくなってしまうじゃないの。
まだ「真ん中にベンチ」を1度も見てないしね~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。