スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPERNATURAL掲示板④第20話~22話/1st season全般 

■掲示板について■
SUPERNATURAL20話~22話/1st Season全般に関する感想掲示板です。
■注意事項■
①ネタバレOKです。レンタル・購入組そろいましたので、思い切りどうぞ。
②掲示板ですので、各コメントへのレスもOK。
③1st season全般に関する感想もこちらにどうぞ。2ndシーズン発売前まで
使ってくださって結構です。

コメント

Amazonに予約したのが遅すぎたんでしょうか。「16~17日発送予定」だそうで、まだ届きません。なのでごらんになった方、お先にどうぞ。しばらくレスできませんので、お返事が必要な方や私信の場合は呼びかけてくださいね。早く「!!!」なラストが見たいです。私も見終わったらガンガン書き込みしたいと思いますので、あと一盛り上がりおつき合いください~。

kisaさん、こんばんは。vol.10を見ていたらこんな時間になってしまいました。vol.11は全部貸出し中で、vol.10も1つだけだったので、人気だな・・と改めて感じました。
色々起こりすぎて気持ちが整理できない感じです。しかも11を見ていないので消化不良です。
ディーンがいつもと違って取り乱していて、あぁ、もうシリーズ1のクライマックスなんだなぁ、話がシリアスになっていくなぁって思いました。
まとまってなくてすみません。

昨日届いて夜遅くまで見てました。不思議な感覚だけど、どうしても最終回はまだ見たくないって思って、レンタルで見た13話とか16話を見たりしてました。それで意を決して20話から最終話を。私もジョーさんと同じで全く気持ちが整理できてません。なのに耐えきれず書き込みにきてしまいましたv-356とにかく!とにかく!すごい衝撃を受けました。これからゆっくり見てまたお邪魔させてください。内容のないコメントで失礼しましたv-356

kisaさん、皆さん、こんにちは☆私の場合は結構遅めに注文したので、到着は16か17日と思ってたんですが14日にフライングで届きましたιなんとなくボジョレー解禁の気分で15日になってから観ましたけど(笑)
セカンドシーズンのことも既に少し知ってるので、観る前からラストの展開は一応わかってたんですが、それでもかなりの衝撃でした。言葉で表すと「ひゃあ!!えっ!?……おいっ!」って感じでしょうか。ここで終れば誰だって続きが観たくなりますって~。
まだ頭の中が整理できてないので、もう一度1話から順を追って観ていくことにしました。まだ途中ですが、ラストまで知ってからだと、前に観た時とちょっとずつ自分の感じ方が違ってるような気がします。ファーストシーズン自体は終わってしまったけど、まだまだ楽しめそうです♪落ち着いたらまた語りに来たいと思います。

こんにちは、ノウエです。

Kisaさんが、まだ観ていないということでしたので、内容を書くのは控えたいと思います。
が!一言で言うと「早く観てください!」です。
とにかく、観てください!
私は、ファーストシーズンの終わり方と、セカンドシーズンの始まり方を知っていたので、心して観ることは出来ましたが、実際観ると…やっぱスゴイです。
内容もスゴイけど、井上さんもスゴイです。
ディーンにというよりも、井上さんに(というか、私の中では井上聡=ディーン・ウィンチェスターなので、ごっちゃになってます)感動して、最終話を観た後は、涙が止まりませんでした。
“最終話が・・・”というよりも、ラスト3話に涙が止まりませんでした。

また、Kisaさんが、内容をご覧になったら、20~22話まで熱く語りましょう!

これは!早くセカンドシーズンが観たくて、ど~しようもなくなってきました!
この終わり方じゃ、井上さん続投ですね!
(私の勝手な意見ですが・・・)

>ジョーさん、yoyoさん、さりさん、ノウエさん
早々にコメントありがとうございます。今帰宅してポストを覗いたのですが、不在票が入ってなくてがっくり。ようやく発送メールは来たので明日には届くと思います。「予約数が上回った」ケースだと信じてもう1日待ちます。皆さんのコメント読んで、明日届かなかったらレンタルしようとまで思ってました。へっぽこ管理人のことなど気にせず、ネタバレしてくださって大丈夫です…。

kisaさんへ

こんにちは。金曜に予約してたBOX取りに行って土日で見ました。ラスト3話を見て、そしてシリーズ全体を振り返っての感想は…ディーンがどれほど家族を愛しているか。これに尽きます。しかしその反面愛されたいという孤独な一面もあり切なかった。ざっと書きますね。
20話…初めてみせる?父親に反論するディーンは見物です
21話…さいごのサムとディーンのやりとり。ディーンのセリフ全てが涙ものです。家族への愛情がこの台詞に詰まってます。
22話…家族の為なら平気で人に手をかけてしまうんだと気付き変わってしまったと悩むディーンに注目です。最後の対決のシーン。サムの行動も感動です。ディーンの思いがサムに届きます!
こんな感じです。後はご自分の目で確かめて下さい。最後に言いたいことそれは…井上さんすごい!これですよこれ(笑)結局これです。これしかないです。
なんか最近よくコメしてもエラーで返ってきます。やはりNGワードですかね?

すみません、下のコメントは私レイラです

>レイラさん
ありがとうございます!これで明日の到着までの1日、何とか過ごせそうです。「愛されたいという孤独な一面」。これ、前回レンタル分を見終わったときから心に重くのしかかっていました。前回以上に切ない気持ちを味わいそうです。そして「ディーンの思いが~」の部分、このフレーズを読んだだけでもう泣きそうです…。明日の夜にはちゃんとした感想が書けると思いますので、またそのときに。
コメント返ってきてしまいますか。すみません(>_<)「禁止ワードが含まれています」というようなメッセージが出ればそれが原因だと思います。結構普通の言葉も入っているので。禁止ワードはちょっと増えすぎてしまったので、最低限まで減らしてみました。

こんばんは
とうとうこの日が来てしまいました!今回はディーンが本当に可哀想でした。使い走りみたいにされたり、吸血鬼をおびき出す囮にされたり・・。挙句の果ては吸血鬼にキスまでされてしまったじゃないですか~。あれでディーンが吸血鬼になってたらどうするつもりだったのですか~?お父さん!って思いました。でも一番可哀想だと思ったのは悪魔の一言でした。強がっていたけどあの言葉はディーンを深く傷つけたと思います(泣)
悪魔に痛めつけられ「父さん・・。助けて・。」は大泣きしました。井上さん迫真の演技でした!
kisaさんも早く観られるといいですね。
また来ます。

きゃー。完全に出遅れましたしるです。
こともあろうかスパナチュのレンタル開始日を忘れておりました(;_;)最悪…
しかも二つ借りても見ることができないと思ってまだvol.10しか見ていないのですが、もう~~。21話、ほんとにレイラさんの言うとおりぐっときました。
「完全脱・井上」!!実はこれまでにセリフを聞くと井上さんの顔がどうしても浮かんでしまうことがあったんですけど、この巻は全くそんなことを思わせず。完全にディーンそのものでした。冒頭「これまでのスーパーナチュラルは」のディーンとはもはや雲泥の差です(言い過ぎたかも?)成宮くんも、すばらしい!ストーリーもますます面白くなりそうですね。
探偵事務所もどうなることやら…(^^)vol.11が楽しみです。kisaさんも見終わったら、また「お気に入りフレーズ」教えてください♪(私もメモってます☆)

おはようございます、ノウエです。
少しずつ皆さんが、内容を書いているので、私も書きたいと思います。
土曜日にBOXが手元に届いて以来、毎日観ています。
とくに20~22話です!
20話・・・レイラさんも書いていましたが、初めてディーンが父さんに口答えをしました。最初は、サムがいくら言っても「絶対服従」だったのに、「やっぱりサミーの言うとおりだよ。」と言っていたのを聞いて、「ディーンもやっぱりサムの考えもあるな。」と思ったんでしょう。
でも結局最後は「はい、父さん」ですね。
21話・・・これは、ラストが何か切なかったです。ディーンがサムに言った言葉が、今まで隠し続けていた“本音”のように思います。
井上さんのセリフ回しが、またより一層切なくさせてくれます。
22話・・・これは、途中のメグを罠にかけたシーンと、ラストが見物だと思います。
メグが「父親は死んだ」と言った時、ディーンがキレたのが表情ですぐにわかりました。
メグがウソをついても、それを“ウソ”だと信じたい、でも“ホントだったら・・・”と不安でたまらないディーンがそこにはいました。
ここでも、井上さんがキレたディーンを見事に演じています。
言葉の強弱も上手く表現していると思います。
あとは、ラスト。
Kanaさんも書いていましたが「父さん・・・、助けて・・・。」と言ったディーンが切なくて悲しくて、涙が止まりませんでした。
自分はこんなに家族を愛しているのに、家族はさてディーンを・・・。
「たしかにそうだな。」と思ったので、最後にディーンが「父さん・・・。」と言ったシーンで号泣してしまったんでしょうか。
しるさんの言うとおり「完全!脱・井上」です。
とにかく・・・、とにかく!
このラスト3話は、内容と井上さんの迫真の演技にご注目!です。

いつも長文スイマセン、また来ます。

やっと見終えました

>kanaさん
私もあの悪魔の一言が一番つらかったです(涙)。家族のために全てを犠牲にしてきたディーンなのに。そして最後のあの一言はもうたまらなかったです…。20~22話、とにかく引き込まれたまま一気に見たので、今かなりの混乱状態ですよ。これからゆっくり見直します。私も落ち着いたらまた書き込みにきます。

>しるさん
しるさんがレンタル開始日を忘れていたなんてやっぱりお忙しいのですね。VOL.11はもう見られたのでしょうか?最初にしるさんのお気に入りフレーズを聞いてから、私も各話探すのがすっかり習慣になりました。今回はシリアスなシーンが多かったので、くすっと笑えるセリフが少なかったですよねー。キャーッなセリフは色々ありました。今1つ思いついたのは、20話の葬儀屋から帰ってきたときの「ふぅ」です。いつもの「ふっ」ではなく「ふぅ」だったのがちょっとかわいらしかったです。

>ノウエさん
ノウエさんが書いてらっしゃったとおり、3話とも迫真の演技でしたね。今まで「あのシーンが」とか挙げてきたけど、今回は全シーン素晴らしくて選ぶのが難しいです。ゆっくり考えます。「家族はディーンを」の部分は私が一番引っかかっていた部分です。ディーンの人生について考え込んでしまいますね。

今、やっと見終えました。この掲示板でちょこちょこ教えてもらって何とか5日間という長い時間を待つことができました。ありがとうございます。「またサラに会ってこいよ」ってサムに勧める冒頭シーンはいつもの感じでしたが、それ以降はもう息つく暇もない展開で。今回の父親との再会、やけにあっさり登場したので驚きました(笑)。中盤以降この父親のことがずっと引っかかってました。どうもサムの方を溺愛してる感じで…。
20話→ディーンが初めて父親に反論したのは少し救われました。父親と再会して感情を爆発させられるサムが何だか羨ましい…。でもサムはサムで辛かったでしょうね。あー、もう誰に感情移入して見ているのだかわからなくなってきてます。
21話→「いろいろありがとう。ずっと守ってくれたろ」というサムの一言に、ああ~もう本当の終盤なんだなあって実感してしまいました。でもすぐに「遺言なんて聞きたくねーよ。誰も死なない」って言い返したディーンは頼もしかったです。
22話→「サムはどう見てもジョンのお気に入りだ」と悪魔に言われたディーンの気持ちを思うとやりきれなかったです。そのことには気づいていただろうけど…。サムと親父は似ている、勝手すぎると気持ちを吐露するシーンもたまりませんでした。あとやっぱりメグは強烈でした!!!でもとにかくラストのサム、ディーン、悪魔のシーンですよね。そしてあの終わり方…。この先、2ndまでどうやって待てというんでしょうかー!
支離滅裂ですみません。落ち着いたらまた来ます。

kisaさん、みなさん、こんにちは。
この掲示板ができる前にラストまで見てしまい、前の掲示板に書き込ませていただきました。
ディーンの人生。深いところで考えれば、悪魔によって一番人生を狂わされたのは、ディーンでしょう。ジョンも、サムも、最愛の女性を亡くしていますが、その怒りと悲しみを、完全にそこに向けることができたのです。でも、ディーンは、「最愛の母」を亡くしたその瞬間から、父の怒りと悲しみを受け止め、サムを守っていくという、「立場」を、一人だけ、課せられてしまったのです。彼はおそらく、「怖い」とか「悲しい」とか、純粋な自分の感情だけをぶつけたことがないと思います。でも自分の素直な感情だけで突き進む父と弟を、時に似すぎている故に衝突する「二つの感情」を、間に立って一人で受け止めてきたのです。彼の言葉は、きっと常に「兄」としてとか「息子」としての思いから出ているのです。ジョンに逆らったディーンの言葉も、あれは多分サムをかばってのもの。家族を誰よりも愛し、守ろうとしてきたディーンの孤独は、どんなに深く、つらいものだったのでしょうか。悪魔にとりつかれ、自分を殺そうとする「父」に向けて、ディーンは声をふりしぼって「父さん、助けて」と懇願しました。あの瞬間に、26年間、心の中に流してきたディーンの涙がジョンに届き、悪魔を一瞬締め出したのだと、私は信じます。そして、お母さんの魂が、片時も離れることなく、どこかでディーンを見守っているのだと・・・
本当に強い人間は、自分を殺して誰かを見守り続ける人です。本当に強い愛とは、相手の心を必死にわかろうと努力することです。
人は、自分以外のものにはなれません。それが家族であろうとも。しかし、それでも尚、わかろうとし続けることが、深い絆を育むのだと、私は思います。
SUPERNATURALは、ほんとうに深い、深い、家族の愛の物語でした。そしてあのディーンの心の襞を、繊細な井上さんが演じてくれたことで、更に味わい深いものになりました。セカンドシーズンまでに、くりかえし、ファーストを見ようと思います。ディーンの新たな旅立ちを、新たな気持で見届けるために・・・

>CHIYOさん
CHIYOさんのあの書き込みを見た瞬間から、本当に待ちきれない気持ちになってしまいました。(それまではまだ最終話は見たくないって思ってたんです)ディーンの孤独と、幼少期から背負ってきたものの重さを考えると胸が痛くてしょうがないですよ。ジョンとサムの経験も私から見れば想像を絶するものですが、CHIYOさんのおっしゃるとおりだと思います。何話だったか、サムが「ジェシカが死んだのは半年前だ、兄貴にはわからない」とディーンに食ってかかる場面がありましたよね。あのときのディーンの表情が忘れられません。あんなふうに言われても自分の気持ちをサムにぶつけることもなく…。「心の中で流してきた涙が~」というCHIYOさんの表現、ものすごくしっくりきました。そしてお母さんの魂の話も。日本ではこの作品、ホラーとかサスペンスとして紹介されていますけど、最初に井上さんがインタビューで「テーマは家族愛」と言っていたとおり、壮大な人間ドラマでした。回を追うごとにそれが色濃く出ていて、こんなにも夢中になってしまったんですよね。私も2ndシーズンまでこれから何度見直すことになるかわかりません。掲示板はいつでも書き込み可能ですので、また何か思い出したら語りにきてくださいね。

こんばんは、再びレイラです。ただいま頭の中はスパナチュ(ディーン)で一杯です(笑)
次の日仕事なのについつい夜更かしして見ちゃいます(やはりラスト3話)
私も22話の悪魔の台詞がグサって刺さりました。あれだけリアルに言われれば・・それにディーンが言うジョークの裏にも実はあんな悲しい理由が・・ジョークを言うことで悩む自分を隠していたんですね。
シリーズ全体を振り返ってみると、ディーンが本気で怒ったことってなかったですよね。怒りは自分の中にしっかり隠し、人前では決して涙を見せない・・ディーンの素顔とは一体どんななんだろうか?
私が気になるのはサムの超能力です。多分まだまだ強くなると思うんですが、いつかサムが悪魔になるんじゃないかと思うと気がきでないです。ディーンがいるから大丈夫だとは思いますが。
ディーンにはぜひ幸せになって欲しいです。誰かに思いっきり愛されて欲しいですね。

Kisaさん、みなさん、こんにちは。
再びノウエです。
昨夜も20~22話までまた観て涙してしまいました。
私がずっと涙をこらえながら、話に見入っていても、我慢しきれずにプツっと涙の腺が切れる瞬間があります。
それは、最後にディーンがジョンに向かって「父さん…、助けて…。」と言う所です。
あの言葉を聴いた瞬間から、一気に涙が噴き出します。
CHIYOさんの感想を読んでいて、ホント納得してしまいました。
井上さんが言っていた「家族愛がテーマ」という意味も、最後にようやくわかりました。
今まで、すぐにカッとなるのはディーンでしたが、キレたりはしませんでした。
しかし、メグから「父親は死んだ」と言われて、メグを椅子に縛り付けた時から、ディーンがキレているのがわかりました。
ディーンが「親父とお前のためなら、平気で人を殺す。そんな自分が怖いよ。」と言った時も、なんか切なくなりました。
その前の21話のラストで、ディーンが「わかるだろ。3人しかいない、俺のすべてだ。時々不安な気持ちで、押しつぶされそうになる。」と言っていたけど、これがディーンの本音なんでしょうね。
だから、平気で人を殺してしまう。
でも、そんな自分が怖い…。
自分の気持ちと葛藤しているディーンの姿が、凄く悲しく見えました。
毎日リピしているせいか、昨夜は夢にジェンセンが出てきました。
(これで2回目です)
1回目の時は、顔はジェンセンなのに、声は井上さんでした。
でも、昨夜のジェンセンは、‘本物の’ジェンセンでした。

あ~、このラスト3話のリピは止まりません。
また今夜も観ます。
そして、また遊びに来ます。
セカンドシーズンが発売されるまでは。

kisaさん、皆様、こんにちは。私もだいぶ出遅れて、今22話まで見終わったところです。正直言葉がないですi-241だから掲示板に伺ってもうまく書けないです。(でも来てしまう私v-356)ディーンの幼少期の回想シーンを見た辺りから、もう彼のことが不憫でしょうがなくなってしまってましたe-263ディーンは親に愛されたという実感なく育ってしまったのではないかって。狩りをする際の片腕としては認められていたようだったけど。一方サムはきっとディーンばかりが褒められてという思いを抱えて生きてきた…。その3人が最後やっと1つになれたのは、少しほっとしました。狩りという仕事においてだけど、1つになれた気がしましたので。本編のラストも衝撃的だったけど、スパナチュ探偵事務所の方もw 井上さん、最後だけなぜか関西弁でしたね。

掲示板には初めて書き込みします。niniと申します。ずっと書き込みしたかったのですが、いつも借りるタイミングが遅くて。実は20話からもまだ借りていないんです。このままだとお正月まで無理かもしれません。でも年末年始、近所のレンタルSHOPは棚すかすかになってしまうので見られるのかどうか心配ですv-12「お気に入りフレーズ」、私もkisaさんや皆さんのコメントを読んでから、自分でも探したりしてますv-290前の掲示板に書かれていましたが「お肌ピカピカだろ」「そうざんすか」、好きですv-345他には「キスマークつけるな、見えないところに…(サムに電話を切られて)あっ!」とか「礼はいらねえよっ!」ですi-176

ふぅ~、この時期、見るためには睡眠時間を削るしかないのでもうヨレヨレですー。今晩は気分転換に軽めの話が見たいのですが、何がいいでしょうか。4話のヘタレディーンか、17話のいたずら合戦か、19話のナンパ成功ディーンかなあ。

>レイラさん
私もあの悪魔のセリフは、全22話の中で一番きつかったですよ…。ディーンも泣いたりわめいたり感情を爆発させることができたらもうちょっと楽に生きられるのにと思います。でもそれがディーンなんですよね。私も幸せを心から願います。前の掲示板でキャシーのことをかなり褒めたのですが、今はもうちょっと違うタイプの方がよかったのでは…って思ってます(笑)。甘えることを知らないディーンが心を許せる女性。でもきっと惹かれるのはキャシータイプなんでしょうね(笑)。サムの能力は今後どうなってしまうのか、私も怖いです。

>ノウエさん
こんにちはー。私も「親父とお前のためなら人を殺せる」というディーンの言葉は何度聞いても泣けてしまいます。あの表情も目に焼き付いてしまいました。やっと手元にそろったので、TSUTAYAの隣に住みたい!とイライラすることはなくなりましたが、今度は見る時間がなくてまだそんなに回数見れていません。でもこの20~22話はものすごい集中力で見ているので、全てのシーンを鮮明に思い出せます。私も井上ディーンか本物のジェンセンに夢に出てきてほしいです…。

>きらりんさん
こんにちはー。18話の”魔女”の回は私にとってもヘビーでした。サムはサムで、何をやっても認めてもらえない、褒められるのは兄ばかりという思いはあったでしょう。でもそれはお互いの歩み寄りで解消できると思ってました。ちゃんと和解できましたしね。だけどディーンの方はどうでしょう。でも救いは終盤、サムがディーンのよき理解者になりつつあったことです。最後、大切なものにも気づいてくれましたしね。20~22話を見終えると、どっと疲れるのですが、スパナチュ探偵団で一気に回復します(笑)。全話続けて見てみたいですよ。

>niniさん
niniさん、はじめまして。vol.10~これからレンタルされるんですね。時間がないときに借りるとそれはそれで大変ですから、できるならゆっくり見られるときの方がいいと思います。「お気に入りフレーズ」、ベスト10でもつくろうかとか、アホなこと考えてます。でも選びきれません。「キスマークつけるな…あっ!」は、16話ですね。ちゃんとメモしてありました!!!最後の「あっ!」は思わず笑ってしまいましたよ。この回はサムのことを変態よばわり、自分も女性バーテンの電話番号getしたりして、笑えるシーン満載でした。「礼は~」はサム&サラの回ですね。サラの眼中にディーンなし(笑)。お正月に無事見られますように。そのときはまた感想聞かせてくださいね。

こんばんは、レイラです。最近お忙しそうですね。私もかなり…でもスパナチュ見て何とか元気とり戻してます
22話でのサムのセリフ。「僕は終わらせたいだけだ。兄貴だってその為に僕を狩りに引き戻したんだろう?」みたいなセリフありましたよね?ディーンは「あの頃みたいな家族に戻りたかった。だからお前の所に来た」って熱く語ったのに…ディーンの言葉は全くサムの心に伝わらなかったんですね。なんだか愕然としました。「この戦いが終わったら僕を大学へ戻してくれ」あの後場面変わっちゃったけど、ディーンは何て答えたんだろう?ずっと気になってたんですが…22話サムが家族を優先したのがすごく嬉しかった。兄の気持ちが少しでも解って。お互い少し解り合えたのが嬉しかったです。月刊ナビ早速買ったんですね。今回は早いですね(笑)癒されましたか?今年は「後ろから前へ。そしてまた後ろへ」でしたが来年は、「後ろから前へ。更に前へ」になるかもしれませんね。ユンピョウも主役になりつつある?(笑) 来年はドラマとかにも出て欲しいなあ。でも「芸人として~」て言ってたから難しいかなあ?でも井上さんはほんとお笑い一筋って感あるなあって思って感動しました。でもやっぱ見たい(笑)声優も極めて欲しい!希望は一杯ですよお!
そういえばジュノンでも今年のいろんなランキングやってました。バラエティ番組の中で好きなのは?では第2位。1位はなんとウエンツ(笑)芸人かい彼は。今年活躍した芸人でも第2位。1位はやっくん。よろしければご覧下さい。
男前投票始まってるようですね。kisaさんも投票しますか?

>レイラさん
私もあのサムの言葉には、ええええーーーっ?でしたよ。いや、もちろんサムの気持ちはわかるんですけどね。ディーンにとっては唯一の夢なのになあと思うと…。レイラさんが「ディーンの思いがサムに届く」と書いてくださっていたので、それを心の支えにして20話からを見ました。私も22話のサムの行動と言葉はとても嬉しかったです。"TVnavi"とてもよかったです。私も井上さんにはお笑い一筋で突き進んでほしいと思いながら、また別のドラマの吹き替えも見てみたいという矛盾した気持ちを抱えてます。軽めのラブコメディとか見たいです。男前ランキング、私は投票したことないんですよー。山ちゃんには1票入れるかもしれません(笑)。

こんにちは
まだまだ語りたい事はあるはずなのですが、なんか頭の中が整理がつかないと言うのが本音なんです。やっぱり「スーパーナチュラル」が終わってしまったと言うショックはかなり大きいみたいです(苦笑)前に「スパナチュ」が終わったら私は抜け殻になるかも、と書いたと思いますが、まさに抜け殻です(涙)井上さんが洋画の吹き替えをやると知ったのは5~6月(うろ覚え?)頃だったでしょうか?正直「え~っ!」でした。「コメディ?えっ?ホラーぁ!」「標準語で?」色んな事が頭を駆け巡りました。期待と不安の中で巡り逢った「スーパーナチュナル」は素晴らしい物でした。こんなにはまるとは・・。井上ディーンの一言一言に一喜一憂してとても楽しい2ヶ月でした。
あ~あ~セカンドシーズンでも井上ディーンでありますように・・。
今回(20~22話)の中のツボは悪魔に対して言った「ああ、忘れてたよ。俺が殺した。」なんです。吐息まじりの「ああ」の言い方が妙に色っぽかったです(笑)

>kanaさん
わかります…。私も想像以上に抜け殻です。そしてkanaさんと同じく、ここまでハマることなんて想像してなかったので、今年最後は怒涛の2カ月だったと思います。そしてそして、その悪魔に対するディーンの一言!!!鳥肌が立ちました。確かに色っぽかったですね。鳥肌部門で間違いなく第1位です。私も語りたいことの10分の1も書けていない気がするので、早く頭の中を整理したいです。

kisaさん、皆さん、はじめまして。
Rimmと申します。
私は井上さんが好きでずっとkisaさんのブログを読ませていただいていたのですが、今回初めてコメントさせていただきます。
というのもこんなにスーパーナチュラルにはまると思っていなくて、正直自分で自分に戸惑ってしまい、この気持ちをどこにぶつけたらよいのかと…。最初は大好きな井上さんと大好きな成宮くんが吹替えなんてこれは見るしかない!と思って、そんな不純な動機で見始めたのに、今はもう吹替えとか関係なくサムとディーンのお話が興味深くてたまらないのです。
サムとディーンが私たち兄弟とすごく似ていて、歳も同じくらいだし、(もちろんあんな重いものは抱えてませんが・笑)、とても他人事に思えないのです。父親と似すぎているがために反発しあってしまうサムとか、2人の間に入って仲裁するディーン、本当は弟の方が可愛がられてることを知ってる、でも本当の感情を出さずにジョークでごまかすディーン、まるで自分たちを見ているようで、だからこそ最終回は涙なしに見られませんでした。
何が書きたいのかわからなくなってしまいましたが、このドラマはすごく心に残るものになりました。続きが早く見たいです。

>Rimmさん
はじめまして。コメントありがとうございますv-353思わずうなずきながら読んでしまいました。本国でのスパナチュ人気について書かれた文章で、「サムとディーンのどちらかに自分を投影できるようになっている」という1文を読んだんです。私もなんでこんなにディーンに感情移入してしまうのかと考えたら、2人兄弟の長女だからでした。2ndシーズンが上陸するまでにあと10カ月くらい?と思うと、気が遠くなりそうです。それまでに1stの全セリフを暗記してしまいそうですよ(笑)。Rimmさん、これからもよろしくお願いしますね。

こんばんは、レイラです。もう何回目の登場でしょうか?今回は「私が好きな○○」について書こうと思います。
まず「私が好きな話」・・全部好きですが、やはり12話・13話が好きですね。強いて言うなら13話かな?ディーンが唯一本心を語った相手が出てくる話。12話はディーンの優しさがたくさん出てました。あっ3話も好きですね。
「私が好きなセリフ」・・ディーンの家族に対する愛情が詰まったセリフはどれも好きですが、一番はやはし「お前と、俺と、親父で、もう一度、家族になりたかった。昔のような家族に・・」これですね。初めてディーンが狩りの本当の目的を告白します。どれだけ辛かったか、彼の心情を考えると胸が痛いです。この話の後に1話を見ると、どんな気持ちでサムを迎えに行ったのか分かるので切ないですね。後は22話でメグがジョンのことを「死んだわ!」って言った後のディーンの「嘘だ!親父が死ぬはずがない!!」この井上さんの演技がすごく上手くて感動しました。声を上げて叫んでディーンの心のうちを見事に演じていましたね。
ディーンが本心を打ち明けないのは家族を傷つけたくないからなんでしょうね。サムのことを引き止めたいけどそれが逆に彼を悲しませる。サムが聞き返さなかったら一生サムを引き止めたいってことを話さなかったですから。だからサムが家を出て行った2年間何も言わなかったんでしょうか?それを考えると心がいたいですね。
kisaさんはどんな「好き」がありますか?ぜひ皆さんの意見も聞きたいですね。抜け殻になってるのは私も同じなのでこんな語りをやるなんてどうでしょう?

こんばんは
22話のディーンは今までに見せた事がないほど感情をむき出しにしていましたね。今まではいつも飄々として、冗談ばかりで・・。あの女性好きなところも、精一杯の虚勢だとしたら、なんか悲しいですよね。悪魔が言った「(茶化す事が)これがお前のやり方だったな。そうやって悩みを隠している。真実から逃げている」「お前は家族の為に戦ってきたが彼らはどうだ?お前を思ってはいない」と言われた時のディーンの目が悲しかったです(泣)ジェンセンはさすがアメリカの期待の俳優さんですよね。目の演技が素晴らしいと思います。でもそのジェンセンに命を吹き込んだ井上さんはもっと素晴らしいですよね~。

NG集は笑わせてもらいました。
車のドアを閉めるタイミングが合わずに大笑いする2人に和みました。またあんな緊迫したラストシーンの前にあんなにふざけあっていたなんて。
お父さんまで大笑いしてましたね(笑)

少しだけごぶさたしておりました、ノウエでございます。
相変わらず20~22話をリピしては、泣いている日が続いております。
昨夜、観ていてふと思ったのですが、21話でお父さんがメグに偽物のコルトを持っていくシーンで、ディーンが「生き残ってくれ、俺たちのために。」って言った後に、その場を後にするお父さんをずっと黙って見つめていたディーンは、一体何を思っていたんでしょうね。
そういうことを考えていました。
20話のラストで、お父さんが命令に逆らった息子達に「命令に逆らったな。」と言った時、サムは「そうです。」と言っていました。
でも、ディーンは「でも助かっただろ。」と言って、お父さんが「そうだな。」と言うと「ホント?」と聞いていました。
口答えはしてみたけど、お父さんの反応が怖かったんでしょうね。
思わぬ答えが返ってきて「ホント?」と聞いたんでしょう。
ここでも、ラストは「はい、父さん。」でしたね。
やっぱり、この親子関係はスゴイと思います。
22話は、もう何度観ても泣きます。
この掲示板を読んで、皆さんの色々な意見や感想がグルグル回って、頭の中で「たぶんディーンはこういう気持ちなんだろうな。」とか思ったら、もう涙は止まりません。
メグに悪魔祓いをしている時の、ディーンの怒りに満ちた表情が、とても印象に残っています。
今まであんな表情を見せたことが無いのに…。
それだけ、悪魔に対しての怒りが頂点に達したんでしょうね。
「ホントに父さんが殺されていたら…。」という不安を、胸にしまって。
あのシーンでの、井上さんの演技も最高だったと思います。
ディーンの気持ちが、井上さんの声に乗ったのか
、井上さんの感情がディーンの気持ちと合致したのか、見事に感情移入出来ていると思います。

おはようございます。レイラです。昨日久々にスパナチュの公式HP見たらジェンセン ジャレット二人のインタビューがアップされてました。それぞれの役について、お互いについて語ってましたが、最後に吹き替えの二人に向けてのメッセージでした。ジェンセンは井上さんに向けてメッセージ言ってましたよ。でもインタビューする人井上さんの紹介を「日本で有名な俳優さんのアイヌイさんがあなたを演じてます」とか言ってて(笑)アイヌイさんて…かすってもいないって(笑)多分外人の記者ですね。しかも有名な俳優さんて(笑)さいご「これからも頑張って!」て言ってるんですがその仕草が井上さんに似てるんです。おちゃめなジェンセンでしたよ
声優オーディションも大詰めみたいですね

こんにちは。レイラさんの企画に参加させてください。好きな話、頑張って3つに絞りました。12話、16話、17話です。次点が13話です。12話はとにかくラストシーンが好きで。。。実はキャシーよりもレイラのような人と結ばれてほしかったとまで思いましたw 16話は父親との再会、そしてサムへの告白で見応えがすごくありました。17話は、毛色が違ったストーリーで文句なしに楽しめました。これから好きなセリフを考えようと思いますが、1カ月くらいかかりそうですw

>レイラさん
レイラさん、こんにちはー。私も「好きな話」「好きなセリフ」募集したいと思ってました。レイラさんのコメント読んで、今まで丸1日以上ずっと考えてました。楽しくてしょうがないです。「好きな話」、悩んだ末、こうなりました。まだ変わるかもしれないので、"暫定"です。6話、12話、16話です。(13話、17話も捨てがたいです)6話はストーリー的にも好きですし、井上さんの演じ分けが見事で驚きました。12話はディーンの心の葛藤がよく表れていて、何より"レイラ"が魅力的でした。16話は、レイラさんが書いてらっしゃるそのシーンがあったからです。私もこのシーンを見た後、1話を見返してみたんです。最後、サムを送っていって別れるシーンが急に切なく思えました。1話を見たときは、「いい仕事の相棒を失った」くらいにしか考えてなかったんですが。「好きなセリフ」はもうちょっと考えてみます。お正月、1話から通しで見るのが夢です(笑)。まとまったら記事に書いてしまうかも。

>kanaさん
私もSUPERNATURALを見始めた頃は、ディーンはああいう性格なんだって思ってました。でも6話あたりから、ディーンの心の闇が明らかになってきましたよね…。22話、よりによって悪魔の口から闇の部分を指摘されてしまって、それが余計に悲しかったです。私もあのときのディーンの目は忘れられません。NG集、私も爆笑しました!!!切ない気分になりすぎてしまったときは、これを見るようにしたいと思います。ジェンセンもジャレットも素敵すぎます!!!

>ノウエさん
ノウエさん、私も今日で色々一段落しそうなので今晩は20話からがっつりリピートしたいと思います。でも寝る前に見たら、眠れなくなってしまいそう。私、あの親子関係が未だによく理解できません…。父親と一緒のシーンでは、ついディーンの心中を色々探ってしまいますね。「助かっただろ?」「そうだな」の後に「ほんと?」と聞き返した場面、私も同じこと思いました。

>レイラさん
レイラさん、きゃーっ!な情報をありがとうございます。でもでも実は先月のある日突然、サイトの上の動画がすべて見れなくなってしまったんですよ。もちろん私のPCの問題なのですが…。ああーーっ、でもそのインタビュー、見たいです、今すぐ!ジェンセンがそんなことを!「俳優のアイヌイさん」って!ああ~、すみません、コーフンしてしまいました。PCを何とかして、一刻も早く見られる状態にしたいと思います。

>yoyoさん
yoyoさん、早速ありがとうございますー。↑にも書きましたが、その3つは文句なしですよ。もしかしたら一番リピートしてるのは17話かもしれないのですが、これはちょっと別格という感じでランクインならずでした。あと意外に好きなのが4話と19話なんです。あっ、3話もいいです。…ってキリがないですよね。

あ~、私もレイラさんの企画に参加させてください!
【好きな話】これを選ぶのは、至難の業です。難しいけど、あえて選ぶなら6話、9話、22話です。
6話…これは、皆さんが挙げている理由とほぼ同じです。ディーンの本音が聞けて、「ディーンはどんな生き方をしてきたんだ?」と考えたら、切なくなりました。私をそういう気持ちにさせたのは、見事に二役を演じた井上さんなんですけどね。
9話…母親を殺されて、故郷には二度と帰らないと決めたのに、自分達の住んでいた家にまだ悪魔がついているから、助けないといけないという葛藤が辛かったです。ディーンも普段は、サムに対して強く言ったり、直感で行動したりしてますが、父親に泣きべそかいて電話したり、「ホントはまだまだ父親に頼らないとダメなんだなぁ。」と思いました。
22話…これは、最終回というのもあるんですが、昨夜も観てまた泣きました。自分がサムより父親に愛されていないとわかっていながらも、最後に悪魔に乗り移られたとはいえ、父親に殺されそうになって、一番辛かったと思います。ディーンの心情を考えたら、今でも涙が出そうです。
【好きなセリフ】これも、選ぶのに苦労します。マジで難しいです。
あえて挙げるなら、「本音を言えば、お前が羨ましい(6話)」、「お前と俺と親父と三人で、もう一度家族になりたかった。昔のような家族に…(16話)」、「お前と親父を守る為なら、平気で人殺しまでしてる自分が怖いよ(22話)」
「本音を…」…これは、初めてディーンが本音を語ったシーンですね。(シェイプシフターの力を借りてですが)。それまでは、ただ母親を殺した悪魔を捕まえたいためだけに戦ってたと思ってたけど、実はディーンも普通の生活がしたかったんだと気づかされました。26歳なりの生活がしたかったんでしょうね。
「お前と俺と…」…このシーンは、とても切ないです。狩りをしている、根本的な理由はここなんでしょうね。ディーンも「世間一般の普通の家族になりたいという願いがあるけど、でも俺らの家族は普通の暮らしは望めない。でも…。」という気持ちで葛藤してるんだと思います。
井上さんが切なく、実在しないはずのディーンと演じているジェンセンの気持ちが乗り移ったかのように、見事に演じていました。
「お前と親父を守る…」…このシーンも、ディーンは自分の中で葛藤していますね。「狩りは人を殺してはいけない。」というルールがありながらも、サムとジョンを守るために人殺しをしている。それは家族が自分の‘すべて’だから。
ここも、「井上さん=ディーン」になっていて、演じているジェンセンの切ない表情と、井上さんの切ない声が見事に合致してたように思います。
…となると、21話ラストの「わかるだろ。三人だけだ。失いたくない。俺にとったら‘すべて’だ。時々、不安な気持ちで押し潰されそうになる。お前と親父がいなくなったら…。」というセリフも挙げなければいけませんね(笑)

長文になり、申し訳ありません。
私のベスト3(確定ではありません)を挙げました。

>ノウエさん
す…すごいですっ!もう夢中になって読んでしまいました。どのシーンも鮮やかに甦ってきて、実際にDVDを見ている気分になってしまいました。私も「好きなセリフ」はノウエさんとかなり近いものになるかもしれません。やはりディーンの本音というか、胸の内というか、告白的なセリフはどれも好きですね。私もお正月にでも「セリフ編」をゆっくり考えようと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして、kisaさん、皆さん。
さっとんと申します。
このブログ、ずっと読ませていただいておりました。
私も「SUPERNATURAL」が大好きで、このお正月も毎晩観ています。
早速ですが、レイラさんの言うとおり「好きなシーン」「好きなセリフ」のBest3を挙げる掲示板をぜひ作ってほしいと思います。
私の提案ですが、「好きなセリフ」でも「ディーンがおちょけているセリフ」と「真面目に言っているセリフ」のBest3がいいと思います。
掲示板が出来上がった時には、ぜひ私も参加させてください。

>***さん
きゃーっ、***さん、ありがとうございます(涙)。あれからもうジェンセンからのメッセージのことで頭がいっぱいで。今日やっとPCを近所のSHOPに持っていき、無料診断みたいなのをしてもらったんですが、本体には異常がないのでリカバリーしてくださいって言われてしまいました…。見れるのはもう少し先になりそうなので、本当に嬉しかったです。ジェンセンの表情が目に焼き付いているので、どんな雰囲気か容易に想像できました(笑)。そして…めちゃめちゃコーフンしました(笑)。新しい掲示板⑤はスパナチュ関係の話題、何でもOKですので、また何かあったらよろしくお願いいたしますね。ルミネ、お疲れ様でした!私もなぜか右端ってことが多いんですよ。右だと、どのネタでもほとんと後頭部ですよね…。

>さっとんさん
さっとんさん、はじめまして。書き込みありがとうございます。実は掲示板④が下に下がってしまったのと、お正月暇なので、掲示板をもう1つつくろうか、迷っていたところでした。そんなところへすごいタイミングでさっとんさんからコメント頂いて、即今設置してしまいました。セリフもさっとんさんの案を採用させていただきました。本当にありがとうございます。ぜひぜひご参加くださいね。お待ちしています。

kisaさん、こんばんは。
早速、新しい掲示板が出来ていて驚きました!
私の案が採用されたなんて、そんな滅相もない!
(><)
恐縮ですっ!
では!新しい掲示板へ行って来ま~す。

>さっとんさん
いえいえ、こちらこそありがとうございますー。掲示板、つくりすぎかしら?と思って迷っていたところにさっとんさんの書き込みがあったので、いそいそと設置してしまいました。⑤の方はレスしない形式なので、こちらにお礼を。早速書き込みもしていただいて、ありがとうございます(>∀<)これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kisa2120.blog38.fc2.com/tb.php/311-537f9f66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。