スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くりぃむナントカ 前編 (N-1グランプリ) 2007.2.5 

ファンになりたてのころ、携帯の待受(=井上聡)に気づいた人に
「それ、誰?」と聞かれるのをひたすら待つ日々という時期がありました。
なかなか気づいてもらえませんでしたねー。
今はその必要は全くないのですが、もちろんDLしましたよ。
井上聡と仮面ドライバー分を幾つか…いえ、全部です…。

●EZweb
ホビー&カルチャー→エンターテイメント→芸能・アイドル
→吉本興業EZ→R and C 吉本
●SoftBank
着うた着信メロディー→着うた→J-POPインディーズ→R and C 吉本
●i-mode
メニューリスト→音楽/映画/芸能→音楽情報→R and C 吉本

※続き(ナントカ国際空港)は明日UP予定
■相方の話がイマイチの時に助ける-1GP■byバナナマン
大木:続いては、次長課長のお2人です。
上田:最近何かおもしろいことあったんだって?
井上:あっ、始まってんの?
河本:お前聞いとけよ。こいつがあります。こっちが。
井上:ああー、そうですね、ありましたね。あのーですね、あのー、
すっごいおっさん2人がね、すっごいけんかしてたんです。殴り合いの
けんかしてて、決着がついたんですよ。
河本:ほんまですよ!ものっすごいけんかしてたんです!
井上:決着ついて、1人が倒れて、血だらけ…変な話ですみません。
動かないんです、全く。これやばいと。
河本:ピクリともしないです!
井上:はい。周りの人も何にも、何にも助けないんです。だからこれ、
やばいなと思って、近寄って僕だけ見に行ったんです。
河本:1人で見に行ったんです。
井上:この足で。見てください、この足で、行ったんですよ。行ったら
ほんとに動かなくて、血もばーっとなってて、これ、やばいんちゃうかと
思って。
河本:ほんまにやばいと思ったんです!
井上:で、服も結構なってて、汚れてて、Tシャツ見たら、ここにウィナーって
書いてあったんです。
河本:それだけじゃないんです。Gパンにね、ドローって書いてあったんです。

有田:すごかったですよ。
井上:これ、無理(笑)。
有田:井上さんがすべる側ですよね?
河本:僕もすべる側です。
有田:違いますよ。
河本:最初はほんとに日村さんのやつをパクろうと思ってたんですよ。
ただ途中からほんとにおかしくなってきて(笑)。
テロップ:リアルな誘い笑い!
有田:それが伝わったからこっちもおもしろくなっちゃった。
井上:ああ、じゃあ結果オーライだね。
河本:はい。結果オーライです。
有田:実際よかった。高評価だと思いますよね、福田さんね。
福田:すばらしかったですね。どんどんスタジオのスタッフが笑わへんように
なってきてると思って。
河本:結構連れ添ったスタッフの方々…。僕らじゃないんだよ、みたいな。
-スベってる設定なのに、もうおかしくて!!!誘い笑いとは思えない
河本さんのマジ笑い、いいなー。それにこの光景ってよく見るというか、
次長課長のあるあるネタみたいな感じで。井上さんのわかりにくい話を
河本さんが隣からビシってよくフォローしてくれてるよね(笑)。
結果は、バナナマン3票、おぎやはぎ3票でくりぃむしちゅーの防衛。


■司会者が泥酔をドロヨイを読み間違えた時に傷つけずに正しく
教える-1GP■byおぎやはぎ

大木:続いては次長課長さんです。
上田:続いてのニュースです。
河本:おっ!
井上:なんでしょ?
上田:阪神ファンがドロヨイで大暴れ。
河本:(酔っぱらいのマネで)泥酔をドロヨイと読むとは何事ですかぁ、
それは。
井上:すみませんね、上田さんね。
河本:泥酔をドロヨイを読んじゃ、あんた、だめですよ。
井上:ほーら、わかった。ほい、ほい、ほい、ほい。
河本:これ、だめだー。
井上:はい。強いですよ。あなた、強い、強い。ほーら、チャンピオン。
ほい。どしたー。

有田:今のちょっと解説いただけますか?
河本:間違いも全部笑いに変えておくってあげるんです。
テロップ:間違いを笑いにしてあげる!
河本:そうすると今度からあの人の前で間違えたら笑いが1つふえると。
これはMCも含めて1ポイント獲得ですね。
有田:ほおー。
河本:あと必ずMCの横でする。これでワンパックですね。
テロップ:MCの横で演技!
有田:3人の絵になるから。
河本:そうすると切りにくいということですね。
有田:泥酔にかけたキャラクターになるわけですね。すかさず。
河本:そうです、そうです。
有田:例えばMCが「破綻(はたん)」と読まなければいけないところを
「ハジョウ」と読んでしまったときはどういうふうに。
河本:はいっ?
品川:確かに。今のは泥酔だったからですよね。
井上:そういうときは国見高校のイレブンになります、僕らが。
有田:どういうことですか?
井上:国見高校はすかさず攻撃陣がいっぱいふえるんで、彼らはハジョウ攻撃
って言われてるんです。
河本:いわゆる怒濤の波状攻撃と言われてるんです。
有田:その「波状」ではないですけど。
井上:あっ、で、あっ、あっ、そうや。間違えてるわ。
有田:(爆笑)今のは天然で間違えて、だめでしょ。
井上:(笑)
テロップ:天然ミス…
品川:俺、初めて見ました、河本さんが抵抗するとこ。
-ぎゃーっ!久々に出た~、ド天然!それに井上さんが誘ってるときの河本さん
の顔!ガンとして動かず、戸惑いの表情(笑)。私もあんな河本さん、初めて見た。
品川さんはやっぱりすごいなー。次課長ウォッチャーだ。
「司会者が泥酔をドロヨイを読み間違えた時に傷つけずに正しく教える-1
GP」は、品川庄司の手に。2人ともすごい喜んでたんで、ものすごく
価値あるものに思えてきた~。いや、やっぱり価値あるよ!
審査員同士の攻防もヒートアップ。時間がなくて書けなかったー。
あと今週はもう岡田さんが「1つ苦言を」と言い始めた瞬間からもうダメ(笑)。
結果、N-1を征したのは、次長課長、品川庄司、タカアンドトシの3組。
N-1グランプリ優勝・次長課長に今年もついていきます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。