スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷれミーヤ&ぷちミーヤ! 2007.2.10 

久しぶりに『ぷれミーヤ!』を書いてみた。『ぷち』も2週くらい飛ばしちゃったけど、今回はヒット。あと『検索ちゃん』も回答席だったし、『麺遊記』は案外普通のラーメン番組だったけど、せっかくの冠番組なので後でUP予定。なんだか色々ありすぎて混乱!
そして今週は『次長課長+社長』『はねトび』『ザ・ベストハウス』。
忙しい!でも幸せ。

■出演者■勝俣州和、真鍋かをり、前田アナ、タカアンドトシ、波田陽区
トータルテンボス、次長課長、渡辺真理(ゲスト)
①タカトシが「本当に怖い家庭の医学」を宣伝
■人にストレスを与える度チェック
問題:四角の中に丸を書きなさい。

-河本は四角の中に大きな○。井上は漢字で大きく「丸」。横にうっすらと「むさし」。
トシ:ストレスをちょっと人に与えてしまう第3位。「辺についた丸1個」
これは河本さん。渡辺さんもちょっと。
-辺に接した丸は依存心や甘えのあらわれ。相手任せの甘えん坊タイプ
トシ:どうですか?
河本:甘える。めちゃめちゃ甘えます。
渡辺:決めてもらう方が楽なんですよね。
河本:全然楽です。
-第2位は「丸が2個以上。丸の数が多いほど相手にストレスを与えてしまう
トシ:それでは1位と4位同時に発表したいと思います。こちら!
-1位「丸などの文字→90%」、4位「辺につかない丸1個→10%」
勝俣:うわっ!うわっ!出たー!
トシ:丸などの文字を書いた人、90%!あれっ?井上さん、「むさし」って足しましたね、今。「むさし丸」にしましたね。
井上:基本的に人とかぶるのが嫌なんです。
トシ:負けず嫌いな性格。
井上:そうです。
-「むさし」がうっすら書いてあったのは、後から付け足したんだ(笑)。ほんとにカブるのが嫌いなんですねー。図形の○ではなく文字を書いた人は「常識にとらわれないユニークなタイプ。どんな状況でも自分流を貫くため、トラブルが起こりやすいのでご用心」だそうです。井上さん、気をつけて~(笑)。
ストレス度を測るテストでは、「秘密の日記どこに隠す?Aクローゼット、B本棚、Cベッドの下、D物置」でベッドの下を選んだ井上さん。ストレス度第3位で「比較的ストレスを感じないタイプ。相手が理不尽な相談をしても安請け合いしてしまうあなたは後々面倒なことに巻き込まれるかも」ですって。井上さん、気をつけて~(笑)


②次長課長が「テストザネイション2007」を宣伝
河本:ぷれミーヤ版、人間関係力テスト~!やりたいと思いますけれども、
ただここにおられる左側の井上さんという方が。
井上:わたくしですか?
河本:31を迎えまして、2月2日で。
井上:そうなんですよ、満31を迎えました。
河本:31を迎えて、まだフィギアとしゃべれるんですから。
真鍋:ひどい!
トシ:やめましょうよ、もうフィギアは。
河本:ちょっと井上さんの人間関係も見てもらいたいというのもありますので
きょうは勝俣さんの横に座っていただいて、回答席に。
勝俣:そうだよね、見たいよね。
トシ:ひどそうですよ。
井上:お願いしまーす。
波田:ほんと何考えてるか、わかんないもん。
河本:井上さん、そっち、人間ばかりいますけど、大丈夫ですか?
井上:大丈夫です!よろしくおねがいしまーす!(ハキハキ)
真鍋:礼儀正しい。

問題:女の子の両脇に女性2人の写真。子供の母親はどちらですか?
河本:Bの井上さんは。
井上:すごい細かい描写やと思うんですよ、これ1枚を見る限り。この日
この1分前までは、Aがお母さんだったんですけども、この瞬間Bに
引き渡してる形に。
河本:えっ?この1枚の絵で?
真鍋:悲しい~。
勝俣:すごい悲しい場面だね。
-正解はA。不正解は真鍋と井上、
勝俣:間違えた人を見て。
河本:人間関係力に乏しい(笑)。
勝俣:この2人はほら。
河本:(井上に)純粋な顔をしてらっしゃいますけど。あなた、今、無の状態。

問題2:カメラに向かってペルシャ語で何か訴えているマッスル。
一体何と言っている?
A痴漢に間違えられて困っている 
Bギャラが安くて嘆いている 
C大事なものを盗まれて怒っている

河本:実際にどんな感じか、Aの勝俣さん、アテレコしてもらっていいですか?
勝俣:だから僕じゃない。僕はやってないて言ってるわけ。僕だってそりゃあ
怒りますよ。この駅で降りようとしたのにあなたが前を立ちふさがるから。
それでも僕はやってない。
-Bの真鍋、Cの大村もアテレコにトライ
河本:ABCともに出てますけど、井上さんにもどの見解に当てはまるのか
やってもらわないと困りますので。
井上:おいおいおいおいおい、そいつ殺すなよ。何で殺したんだよ。そいつは
関係ねえ。俺の仲間だろ。まあいっか。そんな話はどうでもいいんだよ。
河本:(笑)何でどうでもええん?
井上:最近さあ、嫌なことがたくさんあったんだけどさあ、この間も痴漢に
間違われてさあ、俺、言ってやったんだよ、名古屋弁で。おかしいでしょぉ。
あんたさあ、わたし、さわんねぇでしょぉ。そうしたら助かったんだよ。
河本:ちょっと待って、結局痴漢ですか(笑)。
-正解はCでもちろん井上さんは不正解でした。アテレコは笑いましたー。ABCすべて出そろってるのに、特別推薦枠みたいな形でアテレコさせてもらってたのが、嬉しかった。続くトータルテンボス宣伝マンの「土曜ワイド劇場」。殺人現場の5コマ漫画から推理するという問題で、井上刑事の答えは「なぜここ、おなかを押さえて倒れてるかというと、4番で、彼、テーブルと椅子を結構詰めすぎてます。(④は殺された男が椅子に座ってワインを飲んでいる絵)よってこうです!」。いやー、昨日はいろいろありすぎて書ききれなかったなー。とりあえず井上さんの人間関係能力だけはよくわかりましたわ(笑)。来週は次長課長が『検索ちゃんSP』の宣伝をするようです。爆笑問題としゃべってるとこが映りました。 


【ぷちミーヤ!】
■出演者■(座卓左から)次長課長、前田アナ、勝俣州和、タカアンドトシ
波田陽区

勝俣:かんぱーい!
全員:かんぱーい!
前田:本日のおつまみはこちらです。オランダの定番料理、パンネン
クーケンといいます。ちょっとクレープより厚い感じなんですけどね。
勝俣:環七のラーメン屋みたいなもんだね。
井上:「なんでんかんでん」ですか?
勝俣:いえーい!
井上:いえーい!
テロップ:以心伝心
井上:何が入ってるん?これ、何が入ってるん?
前田:ハムとベーコンが入ってるんですよね。
勝俣:おいしい、これ。
井上:あっ、これおいしい!
勝俣:なあ?
井上:これうまい。これいっちばんうまい。今までにね、出てきたん中で
一番うまい!
-もう1つのおつまみは、2月12日「テストザネーション」
勝俣:生きる上でのIQみたいなものじゃない?
前田:人間関係の短所と長所がわかるテストです。場の空気をいかに
読めるかっていうのも。
井上:俺、これ結構得意ですよ。
前田:得意ですか?
井上:きっと。
前田:皆さんは相談できる相手がいますか?
勝俣:僕は師匠が欽ちゃんですから。でも今の子たちって師匠みたいな、
教えを受けた人がいないじゃないですか。どうするんだろうね、挫折
したときとか。
井上:そうね。養成所育ちですからね。
河本:師匠がいないところで育ってますから。壁にぶち当たったときは全部
自分らで。
井上:自分でやるしかないですよね。
タカ:でも僕はいつも河本師匠にお世話になってます。
トシ:河本クリニック。
勝俣:師匠なの?
河本:相談したいことがあって、プラスお酒飲みたいときだけ師匠って言って
くるんです。師匠きょう何されてます?
井上:あとお会計のときね。お会計のときだけ。
河本:で、トシはお会計になったら急に兄さんって呼ぶんです。
トシ:僕はお兄さんって呼びます。
井上:お兄さん、勘弁してくださいよー。
河本:結局ほんとの師匠ではなく、近いところで。
勝俣:一緒に上がっていこうっていう。
河本:フォローしたりとか、わからんとこはここやっていうのはありますけど。
だから僕らも中川家さんとかにいろいろ相談したりとか、ありましたし。
波田:井上さん、悩んだりしないんですか、あんまり。
井上:悩んだりしますよ。でも悩んでて、何かわからんくなるんです。
勝俣:ああ、井上はそういうタイプだもんね。
井上:はい。
勝俣:答えが出なかったら「いいや」って。
井上:そうです、そうです。「いいや」です。だからそんなに重くなった
ことはないですね。はい。
前田:コンビ間のいい人間関係の維持のしかたがあれば。
井上:コンビ間。
前田:波田さんは1人ですからね。
勝俣:コンビがうらやましいんだ。
波田:うらやましいんですよ。タカさんとかツッコまれるじゃないですか。
すげえうらやましいですもん、いいなあって。
トシ:(波田の頭をはたいて)やかましいわ!
波田:ああーっ、これ。
真鍋:嬉しそう。
勝俣:自分がボケてもツッコんでくれないと寂しいもんね。
井上:こいつもこいつで、いいな、いいな、言ってたんですよ、今。
トシ:(笑)何がいいんですか?
河本:いや、僕がボケたときに、井上さんのつっこみってこれくらいです
から。(井上の洋服の袖を親指と人差し指で引っ張る)
全員:(笑)
勝俣:そうか!井上はツッコまないもんね。
井上:もうこういう、たたくのがもうわからないです、僕からしたら。
河本:ほんで、たまにやるんですよ。「これ!」とか急に。ボケで「これ!」
って言ったとき、たいがいグーなんですよ。
勝俣:ケンカしたことあるの、タカトシは。
トシ:ないです。
タカ:ないですね。ケンカしそうになるといなくなりますね。
勝俣:次課長はケンカしたことあるの。
河本:一緒です、全然一緒です。
井上:あのー、しゃべらないのが一番ですね、基本的に。
河本:ここぞっていうときは離れますね。わかりますもん。
井上:イラってするときは、めっちゃあるんですけどね。
真鍋:えっ?何?
波田:何?何ですか?
河本:基本的に僕は音が嫌なんですけど、こいつの。あとパチパチパチパチ
言わせるんです。
河本:(笑)
勝俣:指を?
井上:いや、指じゃないです。鏡越しにぱって見たらね、ずっと○○タマをね。
勝俣:(笑)威嚇?
河本:何で俺、相方に威嚇するんですか(笑)。
前田:くせなんですか?
河本:くせというか、落ち着くために音を鳴らすときに、そういうことが
大変多いんですね。それでリラックスできるんです。
勝俣:落ち着かないときにやってるんだ。
河本:それで落ち着かせるんです、何とか。それが相方に全部ストレスと
なって返っていくんです。
井上:でね、玉を叩いてるときにたまにミスるんですよ。
河本:(笑)
真鍋:ミスる?
井上:そういうとき、うっ!って言うんですよ。
-河本さんによる井上ツッコミの再現。洋服の袖をつんつん引っ張るって(笑)。そうそう、よく引っ張ってるよねー。そしてたまに叩くときはグー!この間の「たりらリ」のことかしら(笑)。井上さんのイラってする話、波田陽区が食いついて聞きたがってたのがなんかおかしかった。いつもこれくらいしゃべってくれるといいなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。