スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンピース(前編) 2007.4.10 

『ヤンピース』、東MAXとの息も、もうぴったりでございます。
いつの間にか、井上・東 VS 河本の図式になっちゃってたのが
おかしかったです。お誕生日エピにほのぼの。

■ヤンピース http://www.allnightnippon.com/youngp/

①OPトーク
東:今夜は次長課長のお2人がゲストということなんですが、改めまして
自己紹介してもらっていいですか。
河本:河本です。よろしくお願いします。
井上:そして井上です。よろしくお願いします。
東:もう誰が聞いてもわかってると思いますが、こんなお2人に関する雑学を
答えていただいて。もちろんファンの方が次長課長と電話で話したいといって
メールをくれてるわけですから、当然答えられると思うんですけど。
河本:ファンの方ですよね。
井上:好きなんですよね。
東:大好きなんですけど、残念ながらさい先の悪いスタートですよね。
(OPのクイズで、リスナー不正解)
井上:今、軽い問題やと思ったんですけどね。
河本:だからオープニングにしたんですけどね。オープニングから難しい
問題出さないですから。
東:ヒントもね、あんなに出しましたしね。二択で間違うという。
井上:50パーまで来たのにね。惜しかった。
河本:スタッフの方がすごいメールですよと。話したい人が殺到してますって
すごいテンション上げてくれたんですけど、すぐ下がっちゃいました。
東:昨日もいろいろ電話したんですよ。お父さんお母さんが出る家庭も
ありますしね。
井上:ああ、なるほど。
東:昨日はね、お母さんが出た人がいたんですよ。お母さんは「はっ?」
みたいな感じだったんですけど、娘にかわったら、もう答える時間だったん
ですよね。でも答えたんですよ。
河本:答えた。
井上:へえー。
東:そういう奇跡的なこともありますから。
河本:そういうハプニング、ちょっと次長課長の回も欲しいですね。チュートリアル
のときにそういうハプニングが起きて、場が盛り上がったみたいなことを。
東:そうですよ。昨日めちゃめちゃ盛り上がりましたし。
井上:そこばっかり、なんか文字が太く書いてますけども。昨日は盛り上がり
ましたみたいな。
河本:そこらじゅうで言うてました。昨日盛り上がりましたって。
井上:聞こえるように、僕らに。
東:殺到してましたもん、メールが。
井上:受話器が上がって、上がって。
東:受話器が上がって、上がってしょうがないという。
河本:きょう、もう出待ち、いましたよ。
東:出待ち、いました?
河本:4~500。チュートリアルには申し訳ないですけど。縦一にずっと並んで。
東:えっ?それはビッグカメラに並んでたんじゃないかな。
河本:(笑)
井上:入荷したんかな。
東:入荷の度にあそこ、並んでますからね。
井上:そうですよね。
東:マイケル・ジャクソンも来るビッグカメラですからね、あそこは。
井上:雑学。
東:ちょいちょい雑学出していきますよ。
井上:さりげなく入れますね。
東:出ちゃうんですよね。
河本:俺、モテへん要因、そこやと思いますよ、東さん。コンパとかで
失敗するパターンって、必ず自分の自慢雑学を小出しに。
東:だって頭いいと思われたいもん。
井上:(笑)
東:そんなわけで次長課長がゲストということで、河本君が作家デビュー。
河本:小説とまではいかないんですけど、単純にオカンと僕がずっとしてきた
エピソードをつづってるみたいなことですよ。
東:泣いちゃいますか、これ読んだら。
河本:もう泣きますね。
東:自分で泣いちゃうんですか(笑)。
河本:自分で読んで泣きましたね。ほんとこれやばいですよね。特に一番
泣けるとこは、井上との出会いのシーンですよね。
東:いやいや、これ、「母子家庭に告ぐ」って書いてありますよ。
河本:母子家庭に告ぐって書いてあるんですけど、そういう子がね、ネガティブ
にならずに視野を広げろと。まず信頼できる友達がいっぱいできる。そこの
パートナーとして井上聡という人物が出てくるじゃないですか。そこの最初の
一行なんか、今言いながら泣きそうですもん、もう。ほんとに。
東:済みません。テンション下げめのやつはやめてもらえませんか。
河本:それがまたね、こんなに最低最悪の男が頑張ってるんだったら、私も
できると。テンションが上がっていくわけです。
東:応援歌みたいなものですね。ただ井上君はすごいひと事みたいな感じで。
河本:井上はやっぱり恥ずかしいですよ。
井上:いえ、僕、全然知らなかったですよ。こんなことを。すごい水面下で
動いてたみたいで。僕はもう、これちょっと、僕は反対ですね。
東:反対(笑)。いや、もう出ちゃいますけどもね。
井上:何だったら、もう全部買い占めて、焼き払いたいですね。
河本:焼き払ってくれてもいいんですけども、お金は私の方に入ります。
東:印税が入ってきますから、どっちみち得するっていうことですよね。
河本:井上さんのこと書いてるんで、井上さんにもね、多少のチャリンチャリン
という。
井上:絶対こいつはそういうことしないですから。
河本:40円くらいあげようと思います。
東:40円?1冊につき?
河本:だって井上さんのこと書いちゃってるんで、勝手に。
東:あらっ?井上さん。お金で解決という話になってますから。
河本:丸裸にしてるんですよ、井上さんのこと。
井上:いやー。彼わかってますね。
東:(爆笑)簡単に動きますね、この男。
-最初の5分でおなかいっぱいです。「一人二役」、井上さんが登場するなんて初耳だよー。マジ口調だったので、ネタではないと思いますが。余りこういうのには手を出したくないんだけど、買うことになるんだろうなあ。お母さんとの話がメインのはずなのに、井上との出会いが泣けるって熱く語っていたのはじーんと来てしまいました。その後の井上さんの発言で感動ムードがまた台無しになってしまいましたが(笑)。照れ屋さん♪

②クイズのプレゼントは?
東:ヤンピース雑学王グランプリをお送りしておりますが、正解すればプレゼントも
もらえるという。何かありますかね、次長課長グッズとか、私物でも。
河本:私物?
東:はい。そのジャケットとかでも。
河本:当たるたんびにジャケットあげてたら、ジャケット何枚…。
井上:まあジャケット芸人やからね。
東:ジャケットなくなったら、河本じゃなくなっちゃうという。
井上:そうですね。ジャケット芸人なんでね。
東:ジャケット芸人、新しいジャンルですね。
河本:何かじゃあ。
井上:たまってるマイル、あげたらええやん。
河本:何でやねん。一生懸命ためたマイル。
東:何でそんな嫌がるの。
河本:マイル(笑)。あげるんですか、マイル。2マイルずつにしてくださいよ。
井上:何なんその中途半端な。
河本:だって全部あげたら、どうするんですか。
東:マイル使ってるの?
井上:じゃあマイルか、ジャケットか、選べや。選ばせたるわ、じゃあ。
河本:ちょっと待って。何で俺だけなんですか。
東:(笑)代表で。
河本:マイルかジャケットならジャケット。
井上:(笑)そんなにマイル、好きなん。
河本:ジャケットいいですよ。
井上:(笑)
-全編で一番の爆笑ポイント「選ばせたるわ、じゃあ」。なんでそんな上から…(笑)。だけどHPの画像を見て思いました。プレゼントするべきなのは、井上さんのあのジャケットだと思う。手放さない限り、一生着続けそうな気がする…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。