スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆笑問題の検索ちゃん 2007.10.5 

「祝!100回もやっちゃいました!スペシャル」、前編です。
1度はやってみたかった!ということで、番組まるまる再現してみました。
でも…はっきり言って完全に失敗です!!!
長すぎて読みにくいだけのものになってしまったので、最初で最後にします。
(解答は書いてませんので、気になる方はHPでどうぞ)

■MC:太田光、小池栄子
■解答席:田中裕二、伊集院光、土田晃之&東貴博、井上聡&河本準一
庄司智春&品川祐
小池:さあ皆様、今夜はですね、「検索ちゃん」にとって重大な発表が
あります。
品川:何だ?
太田:(手に持ったくす玉を引っ張ると「祝!!100回」の垂れ幕)
小池:「検索ちゃん」100回もやっちゃったスペシャルですー!
-スタジオ内に金テープ
太田:うおー。
小池:やばい!井上さんが!
庄司:ああっ!
井上:(髪を逆立てて心臓を押さえて立ってる)
田中:(爆笑)
井上:(太田に小声で)言ってよ、言ってよ。
庄司:博士!
太田:(井上に)お前、いつの間にそんな技を…。
井上:(爆笑)
太田:すごいじゃないか!
小池:そして問題キーワードもスペシャルなものをご用意いたしました。
こちらです。すべて爆笑問題さんにまつわる問題となっております。

-本日のキーワードは、「爆笑問題の名言」、「奥様」、「コンビ愛」
「大失態」、「ファーストキス」
太田:これはちょっと私も…。
田中:これはちょっといやだな。
小池:さあそれではまいりましょう。田中さん、検索ワードを選んで
ください。
田中:じゃあね、「爆笑問題の名言」。
太田:いきなりいっちゃいますか?
田中:いきなりってわかんないけどさ。いやだよ、ファーストキスとか。
小池:ファーストキスは自分の問題だと思いますか?
田中:いや、ファーストキスは多分俺じゃない。太田さん。
太田:俺たちのかもしれない。
全員:(笑)
小池:「爆笑問題の名言」で検索!
太田:検索!

問題:10年ぶりの握手会で女性ファンが減った理由を分析した田中の発言
「***だからだ!」とは?

田中:ちょっと待って。どう考えても楽屋の会話見てるやつじゃない?
太田:ラジオか何かで話したんじゃないかな。
小池:こんなこと言うんだよ、ウーチャカはって感じ。
田中:太田さんはそれで納得するの?
太田:納得しない。
小池:現実逃避ですから。
田中:現実逃避っ?
河本:ちゃんと素直に受けとめてないんじゃない?
太田:確かに僕らのデビュー当時は結構いたんですよ。
客席:えーーっ?
太田:そう言うけど、結構アイドル的な人気だったんですよ。あっ、東は
わかるよね?
東:ボキャブラメンバー結構人気ありましたよ。
太田:あったよ、あのころはね。
土田:だってライブ行ったら光るペンが揺れてるんですからね。うちわに
写真が貼ってあるんだから。俺らはSMAPか?って。
太田:じゃあ田中君は飛ばして伊集院の答えから見てみましょう。
-「最近の子はジャニーズ系にいっちゃってんのかな」
田中:言うわけないじゃん。
伊集院:なんかタッキーとかが人気あるからしょうがないなみたいなことを
七割本気で言う感じの。
太田:当時はね。
田中:だって太田さんだってジャニーズの追っかけに新しいユニットの
だれかと間違えられた。
太田:追っかけの子がテレ朝の周りにいて、僕らはお笑いの新人で、てくてく
歩いてたら、わーって来た。「あのジャニーズの、何ていう人ですか」って
言われて。知らないのに来るのかと。
田中:だからジャニーズだと思われた。
太田:僕らのデビュー当時はウッチャンナンチャンがものすごい人気ですから。
ウッチャンナンチャンはもうね。
田中:今のオリラジみたいな感じだったから。若くて。
太田:今のオリジンみたいな感じで。
田中:オリジンじゃねーよ。
太田:要するにウッチャンナンチャンと同じ番組に出てるから、その余波で
僕らも同じメンバーだみたいな感じで。名古屋で一緒の番組やってて
ウッチャンナンチャンより人気が出ちゃった。名古屋では。
会場:えーーっ?
太田:それは言い過ぎですけど。
庄司:なんで言い過ぎたんですか。
太田:うそです。だけどウッチャンナンチャンが帰っちゃった後に僕らが
出てったら、爆笑問題がまだ残ってるっていうんでウッチャンナンチャンの
ファンが全員。
田中:テレビ局から出れない。
太田:僕らタクシー囲まれて、タクシーの運ちゃんが誰なんだって顔して
「なんでこんなに人気あるんですか」って言うくらい。「いやー、あなたの
人気なんじゃないですか」って。
田中:そんなわけない(笑)
太田:続いて、東、土田がタッグで。
東:今日はタッグですね。ボキャブラコンビで…(笑)
土田:(笑)
太田:珍しいよね。
土田:ボキャブラの残像ですからね、僕らは。
太田:オープン。
-「俺が結婚しちゃったから」
会場:ああーー。
東:言いそうじゃないですか?太田さんは結婚してたから、女性ファンは
全部俺のもんだと。それが結婚しちゃったからファンが来なくなったと。
土田:かつて人気あった人はみんな言うんですよ。ちなみにネプチューンの
原田泰造も言いますもん、これ。
東:うちの相方もよく言ってました。
太田:これを田中が言うかどうか。
東:そこがね、田中さんのいいところというか。
田中:俺、言ってねえよ!
小池:何ちょっと怒ってるんですか?
土田:なんでバラエティで怒ってるんですかぁ?答えかけませんよ!
太田:自由にやらせてください。自由が欲しいんですよ。
田中:あんた、十分自由だから。
太田:我らに自由を!我らに自由を!
田中:はいはい、自由、自由。
小池:つば、つば。どんだけよだれ、たらしてるの?
太田:さあ、天下の次長課長、略して次課長といいます。オープン。
-「**タマが1個しかないから」
会場:ああーーー。
太田:次長課長は未だに女の子が来るでしょ?
河本:俺んとこは、でも、まあーですよ、昔から。ものすごい人は来ますけど。
太田:どういう?
河本:16歳の女子高生が来て、「自分ずっと歩いてんな。スクーター買うたろか」
とか。一番ひどかったのね、相方のサングラスがかっこよかったんで、俺も
まねしてサングラスかけて、baseっていう劇場あるんですけど、出たんですよ。
出た瞬間に「お前は違う」って言われました。
井上:(笑)
河本:そのまま下がっていきました。俺初めてそのまま下がったんです。
井上:(笑)
太田:さあ続いて品川庄司の答え。
河本:品庄!
太田:オープン!
-「**タマ1個だから」
会場:ああーーー。
太田:おんなじだ。
品川:品庄と次課長で2個になった。
会場:ああーー。
品川:あーじゃねえよ。
太田:品庄は今もやっぱり。
品川:いやー、全然ですよ。
庄司:全然ですよ。
品川:庄司は高校のときに出待ちがいたんですよ。
太田:ひょうきん者だったとき(笑)
品川:高校野球やってたから。でも二軍ですよ。
庄司:ランナーコーチャーやってました。
品川:あのランナーコーチャーいいじゃないって。七丁目入ってもすぐ人気
出たし。1回営業で仙台の道ですよ、ステージがあるわけじゃないから。
庄司:アーケードで。
品川:テレビも何も出てないんですよ。なのにその辺にいた女の子が庄司の
もとに、終わったらわーって。かっこいいっていって。周り人だかりになった。
太田:ええーーっ?
品川:俺のとこは誰も来なくて、子供が一人走ってきたから、やっと来たと
思ったら、俺のケツ、パーンと蹴って逃げてった。
太田:(笑)さあそして本人、ウーチャカちゃんの答え、オープン。
-「タマとったからなー」
田中:かなあ?俺覚えてないんだけどね。言うとしたらこれくらい。
品川:やっぱり本人が言うとすごいですね。すごく短く「タマ取ったからな」
なんですね。


小池:続いて伊集院さん、キーワード選んでください。
伊集院:じゃあ田中さんが一番嫌がってたから、爆笑問題の「ファーストキス」。
小池:さあそれでは爆笑問題のファーストキスで検索!
太田:検索!

問題:大学時代に太田がファーストキスをした10分後にとったある
行動とは?

小池:これはどうですか?
河本:覚えてるんですか?
太田:これはね、合ってます。
小池:かわいい。
河本:かわいい?
伊集院:何歳くらい?
太田:はたちですね。
土田:キス終わって10分後の場所はどこなんですか。
太田:居酒屋。
品川:居酒屋でキスしたんですか?
太田:いやいや。
品川:居酒屋出て。
太田:居酒屋の前。僕がずっと片思いだった女の子に振られ続けて。でも
2年くらいずっと。僕ら日大芸術学部の演劇なので、お芝居やったりするん
ですよ。お芝居をやった打ちあげの日、みんなで飲んでて彼女が好きな先輩に
会いに行こうとしたのを僕が止めたんです。
小池:うわ~!かっこいい。行くなと。
河本:ちょっとかっこいいですよ。
太田:頼む、今夜は。
河本:いてくれと。
太田:だけど彼女はどうしても行くと。行くならキスしてくれと。
河本:行ってもいいと。そのかわり。
太田:行ってもいいけど、キスして。そしたら行ってもいいと言ったら
キスしてきた。
庄司:で、行っちゃったんですか?
太田:これが僕のファーストキス。ものすごく切なかったですね。
品川:でも興奮はしてるんでしょ?
太田:興奮はもうビンビンですよ。
庄司:そういうこと聞いてるんじゃないんですよ!
太田:ディープ。
河本:いきなりディープ?
庄司:そこでディープですかあ?向こうからですか?
河本:行きたいだけなのに、いきなりディープ?
太田:つまりそれはね、彼女も情があったんです。僕に対して。
河本:ええーっ?
太田:同情みたいなのがあったんでしょうなあ。
田中:どうした?
河本:本当にディープ?
太田:ディープ。ディープ。ディープ!あれ以上のディープはない。
まずは次長課長。
河本:ええっ?
庄司:次課長!
太田:オープン!
-「いつもと景色が違ってみえた・・・・・」
太田:(笑)
東:素敵だなあ。
井上:途方に暮れるというか。
太田:途方に暮れる。
小池:美しい答えだよね。
太田:品川庄司の答え、オープン。
-「みんなとキス」
品川:飲んでるメンバーたちに、わーって。田中さんとかと、お前すごいぞ
キスはって言って。太田さんの思い出には常に田中さんがかかわってる。
小池:そうなんだよね。
品川:どのエピソードにも必ず田中さんが絡んできてるから。
河本:今までハズレないよね。
品川:ハズレ、ない。大体いる。いかに友達が少なかったかという。
河本:(笑)
庄司:田中さんのこと超好きだから。
河本:めっちゃ好き、田中さんのこと。大好き。
太田:確かにあのころは我々仲良かったですよね。
田中:なんだよ、あのころはって。
伊集院:今も!
太田:毎日一緒にいたね。
土田:今も毎日でしょ?
田中:そうね。今の方がもっと一緒にいるけどね。
河本:家も近いじゃないですか。
太田:ごく近所に住んでる…(笑)
河本:なんでウーチャカが行ったからって太田さんも。
太田:こいつが越してきたんだもん。
田中:だってもともと俺が生まれ育った辺にこいつが来たから。
河本:(笑)
品川:例えばみんなで食事行ったときがあったじゃないですか。田中さんが
競馬で賞金とって。僕らも次長課長さんとかも、コンビで顔を出すことは
あるけど、あんまり河本さんと井上さんがしゃべったりとか、俺も庄司と
しゃべらなかったりするじゃないですか。そうすりゃいいのに、田中さんが
何かするたびに「何だよ。何がめでてーことがあんだよっ」って言って。
小池:席も向かいじゃない?
伊集院:俺も思った。
土田:コンビって離れて座るのに、向かい合って座るんだよ。
太田:こいつが必ず。
小池:後から来ましたもんね。
田中:そのときはそこがあいてたからで。普段は離れる。例えば4人で
1つのボックス席に座るときは、必ず対角線に座るようにしてる。
土田:ちょっと待って。4人でいる時点で仲いいもん。
太田:マネージャー2人と飯食うとき。今日もそうだったよな。
田中:さっきも。
土田:コンビはマネージャーがいても、その店に片方が行ったら片方は
行かなかったりするんですよ。なぜお前らはずっといるんだ?と。
庄司:大好きなんだ。
河本:大好き。だって一番遠いのが対角線。
品川:対角線上に座ったとか、どうでもいい(笑)
太田:さあ東土田ペア、答え見てみましょう。
-「鏡とチュウ」
東:居酒屋に戻って、余韻をね。自分がどんな顔してたのかと。
土田:打ちあげの人といるよりも、もう1回余韻を確かめるために1人に
なりたいんですよ。で、トイレに行った。鏡があるでしょ。鏡にチュウ
しちゃうでしょうよ。あんた、しちゃうでしょうよ?
太田:土田のファーストキスはいつなんですか?
土田:覚えてないなあ。
太田:覚えてないんだ。東は?
東:どれがファーストキスなのか。
田中:東はロン毛時代とか?
東:(笑)それボキャブラやってるときじゃないですか。
田中:似合わねえんだ、ロン毛。
土田:また髪の量が多いから太いの、ロン毛が。
東:ウルトラの母みたいだった。
田中:なんと伊集院、田中が同じ答えですね。
品川:田中さんは知ってるでしょ。
太田:覚えてると思うんですけどね。一斉にオープン。
-「田中さんに報告テレフォン(伊)」「俺に報告(田)」
伊集院:偉そうだ、俺に報告の方が(笑)
-ふぅ~っ。書いてはみたものの、残念ながら井上さんはあんまり発言してないんですよね。観察ポイントとしては、OPの爆発博士!庄司がちゃんとつっこんでくれててどうも!です。太田さんも驚いてた。しょっぱなからこんなにテンション高い井上さんは初めてなので、やっぱり河本さんや品庄と一緒でテンション上がってたのかなっ。髪を思いきり逆立ててたんだけど、クイズが始まったら、何事もなかったかのように綺麗に戻っていて…髪も自由自在なんですね。あと河本さんが立ち上がって太田さんに話しかけてるとき、庄司と井上さんが河本さん越しにごちょごちょ話してた。相談?雑談?解答の主導権は井上さんが握ってる感じでした。あと食事会の話のとき、「うん、うん」って何度もうなずいてたけど…参加してないよね?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。