スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次長課長のオールナイトニッポンR① 2008.2.9 

お天気悪くて雑音はいるかなーと思ったけど、そんなに影響なくてほっ。
ANN-Rの日はなぜか台風か強風か雪ですね。
河本さん、きんに君にジェラシーですか(笑)
①OP~フリートーク
河本:どうもこんばんは。次長課長界のジェリー藤尾、河本準一です。
井上:あっそれと全く同じ井上聡です。
河本:さあ今回も月一レギュラー次長課長のオールナイトニッポンR、
今夜ももちろん生放送でお送りいたします。毎回毎回ケータリング、
スタッフの皆様、ありがとうございます。
井上:深夜ですからね、小腹がすきますから。
河本:今回は寒い季節にぴったりのおそばをご用意いたしました。
井上:おおっ、ございますね、ここに。
河本:日がかわって2月20日でございますから、大体少し早めの
バレンタインデーでチョコかなと思ったんですけども、おそばという。
斬新です。よろしくお願いいたします。
井上:お願いします。
河本:おぼんに何か紙が書いてます。井上さんちょっと読み上げて
もらっていいですか。
井上:これ何、何。「音をたてないでお召し上がりください。王理恵さんに
嫌われます」って書いてます。
河本:本田さんか、わしら。
井上:ハハハ
河本:そばは音を立てて食べるのが礼儀なんや。
井上:えっ、僕七味ぱらぱらやってますけど、これもアウトですか。
河本:だめですね。一番最初に王理恵さんに嫌われますね、ぱらぱらは。
井上:マジですか。
河本:まず最初にそれで引っぱたきましたからね。
井上:あっそうなんですか。
河本:七味!って言って引っぱたかれた。ちゃうちゃう!
井上:えっ?
河本:何してるんですか?くしゃくしゃっていいましたけど。
井上:お箸を。
河本:お箸!っていって、殴られましたから。
井上:そば、関係ないじゃないですか。そばに至るまでの過程を全部
怒られるんですか。
河本:そうですか。割ってください。
井上:(箸をパキッ)
河本:箸!って言われます。もうすでに帰ってますからね。
井上:じゃあ王さんはどうしてるんですか。
河本:音たてない。物音しないです。ミュートですから。王ミュート理恵です。
井上:何ですか、それ。
河本:ミドルネームです。王ミュート理恵です。立てないでくださいね。
井上:ちょっと真剣にじゃあ。リスナーの皆さんすみません。音が
あまりしないかもしれませんが、すいませんね。じゃあ食べます。
河本:はい。いただきまーす。
井上:いただきまーす。(ずるるっ)
河本:終了です!置いてください。とって。とって、とって、とって。
井上:ええーーっ?
河本:おそば取り上げてください。おそば取り上げて、全部。
井上:なんでそんな…(笑)
河本:井上さんのやつ全部取り上げてください。
井上:何で持っていくんですか。
河本:ワンさんに怒られるんですって。ワンちゃんに。
井上:ワンちゃんって何。
河本:王さんのあだなです。
井上:それ、お父さんが言われてたんでしょ。娘さんはワンちゃんって
呼ばれないでしょ。
河本:娘も呼ばれます。
井上:えーーっ?全く音立てへんと食べるよ、おまえ。こいつ…(笑)
皆さん、ちゃんと河本食べれてます。
河本:俺、食べてましたからね。
井上:もう3口目いってますけどね。普段はどうやって食べてんですか?
河本:(ずるる)
井上:アウトです!持ってってください。ていうか、むちゃくちゃ
おいしいおそばじゃないですか。
河本:そうです。ものすごいおいしいんですけども、音立てたので
僕らだめです。
井上:でも可能なんですね。音を食べずに食べるっていうのは。
河本:消化悪いですけどね。俺5~6本飲み込みましたから。
井上:はい。ヘビかと思いました。丸のみでしたけどねー。
河本:あとでスタッフの方がおいしくいただくんで。
井上:そうなんですか。僕はもう食べれないんですか。
河本:スタッフも音立てて食べたら、僕ら、また違うところに
撤収しますからね。
井上:えっ、じゃあスタッフが今、音したらブブーって言うんですか。
河本:音したらブブーッて言いますか。
井上:音、してます?
河本:音してない、ほら。
井上:すごいねー。
河本:全く聞こえないです。今食べてるんですよ。
-ブッブー
河本:あっ、持ってって。ウエタ、持ってって!
井上:あの、リスナーの方々、この状況全くわかってないんじゃ
ないですか。ブースの外でスタッフが食べて、その音がした、しないのか
って、全然聞こえないでしょ、リスナーの皆さん。それでブブーって
何ですか。
河本:(笑)ブブーってことは音が鳴ったということですから。ウエタは
食べていいですよ。マネージャーのウエタ。
井上:だいぶ向こうにいますけどもね。
河本:ほらほら、セーフ。何じゃこれ!っていうリスナーの声聞こえますよね。
井上:一切受けつけませんけどね。
河本:こんな感じで進めていきましょうよ。
井上:今日も楽しくやりましょう。
河本:きょうはどっちかというとスタッフと次長課長、調子いい方なんでね。
今日のオープニングは。
井上:調子いいですね。普段に比べ。
河本:いつもよりウケてますからね。リスナーのウケが。聞こえてきますから。
井上:聞こえるんですか。ウケてます?
河本:ひっくりかえってますもんね。
井上:(笑)
河本:早速おそばやってる方もいらっしゃいますしね。
井上:というか、ごめんなさい。皆さん。
河本:さあそれではいってみましょう。
井上:はい。
河本:次長課長のオールナイトニッポンR!

-オープニングテーマ~コーナー募集、CM明け
河本:テレビ見てたらね。
井上:何?
河本:CM入ったんですよ。そんならね、まず井上さんのCMがばーんと出て
丸い中からわーってあくびしてやったーって。その後徳井出てきていらっと
したんですよ。
井上:なんで?
河本:なんで井上の後、徳井で、俺テレビ見てんねんみたいなのでね。
井上:(笑)
河本:もうほんまにどんだけ同期出てくんねんみたいな。しかも普通の
ドラマのCMの合間に井上、徳井って来よってん。ぱーん!やりました
けどね、虎太朗を。
井上:虎太朗を?なんで子どもにいくの、矛先が。
河本:すみません。目の前にあるものをとりあえずたたきたかった。
何でー?って言いました。
井上:言うてたん?
河本:うん。「浦安鉄筋家族」みたいに、何でー?って飛んできました。
井上:ほんならええやん。ユニークで。でもまたもう1個ね。
河本:ねえ、あなたがね、やりますもんね。
井上:そうですね。ゲームですけど。
河本:ねえ。ゲームのCMで。あとは誰が出るんでしたっけ。
井上:麒麟の川島と笑い飯の西田と。
河本:何でやねん!!!
井上:あと、なかやまきんに君。
河本:何でやねん!関係あれへんやん。関係あれへんやん。
井上:関係あるよ。
河本:関係ないやん!
井上:お前が多分一番関係ない。そう言い出すなら。
河本:絶対、俺やん。恐竜役。
井上:恐竜役なんてないもん。みんなで普通にプレーしてるっていう。
河本:かん…なかやまきんに君一番関係ないやん!
井上:だからやん。内容詳しく言えないですけど、なかやまきんに君は
ほんとおもしろかったよ(笑)CM撮影中。ほんとにおもしろかったよ。
河本:もういやや…。どんどん離れていくわ。
井上:何が?
河本:CMから。
井上:そやな。
河本:変な雑誌ばっかり載って。
井上:変な雑誌?
河本:なんか週刊誌ばっかり載って。
井上:ああ、そっちでね、活躍されてますもんね。
河本:誰がレギュラーやねん。誰が週刊誌のレギュラーやねん。いらんわ。
東スポ見た?
井上:何?
河本:東スポ?
井上:見てない。
河本:信じられへんで、ほんまに。
井上:新聞を見てない者に東スポ見たって言うなよ。
河本:(笑)いや、東スポくらいはちらっと見るかな、思うやん。
井上:見たことない、新聞。
河本:人気お笑い芸人K、あのデビューの女優と、見出し。はあ?いうて。
そこらじゅうのお笑い芸人Kが。梶原、勝俣さん、河本、いっぱい浮上して
くんねん。ばーっと記事見てたら最後に、おめぇに飲ませるざーめんはねえ。
俺やん!絶対俺やん。それぞれの地方で2人がガッツポーズして、1人が
新聞投げたわ。レギュラーや。
井上:まあね。いらんことせんかったらええっていうことですから。
河本:いらんことしてないんですよ。そんなに言うほど。
井上:言うほとっていうのが引っかかるんよ。そこでまた1個ひっかかん
ねんて。
河本:よろしいですわ。ほんまにCM、出て。
井上:まあね、いつも普段遊んでるようなことが仕事になったっていう点では
すごい嬉しいですよ。
河本:そうですね。普段ずーっと風邪気味なんですって言ってたら、風邪の
CM来てね。
井上:それはまた別かな。
河本:そうですか。ゲームのCMが来て、一番理想じゃないですか。
井上:ほんとありがたいです。うれしいです。
河本:もっと倍うれしいのは西田とかうれしいでしょうね。西田がCMを
1人でとるっていうのはなかなか難しいことですよ。
井上:いや、それはわからないでしょう。
河本:そりゃそうでしょう。
井上:何で?
河本:ほとんどなぞの教祖様ですよ。
井上:どういうこと?
河本:西田1人で無理でしょう、CMの撮影。
井上:いや、できますよ。
河本:無理ですよ。井上さんがおって、川島君がおって。
井上:西田があって、僕があるんですよ。
河本:西田の位置、どこ?
井上:西田はほんとに冒険には必要ですからね。いつもやってるゲーム。
河本:でしょ?だからゲーム会社の人が西田もやってるっていうことを
よく知ってましたよね。
井上:そうですね。
河本:お笑い芸人の人が連続でやってるでしょ、確か。
井上:確かに。
河本:それがすごいなと思ってね。
井上:普段の仲間でできたから、さらに倍楽しかったですよ。
河本:だからこれといってきんに君が普段の仲間じゃないのに入った
っていうとこがまたすごいですね。
井上:それがいいのよ。
河本:いいのね。帰ったんですかね、あの男は、アメリカに。
井上:ええ、帰りました。
河本:CM撮って帰ったん?
井上:帰ったっていう情報ですよ。見送りに来たのが八木さんだけ
だったっていう。
河本:(爆笑)
井上:という風の便りがありました。
河本:コンビ。
井上:健康ボーイズ。
河本:健康ボーイズの相方が。
井上:送り合いっこしたっていう。
河本:来年も来いよ、日本に。
井上:っていう情報ですけどね、はい。
河本:よろしいですなー。
井上:出たら皆さんぜひ遊んでください。
河本:いつですか。
井上:3月末ですかね。
河本:末から放送。
井上:また寝れないですよ。また寝れない日々が。
河本:あっそっか。出るのか。出るからCMが流れるねんな。
井上:そうそう。
河本:また眠れない日々が続くみたいなんで、よろしくお願いします。
井上:お願いします。
河本:そして、なんと昨日ですよ。テキサス・チェーンソーという映画を
見たんですよ。
井上:今?
河本:あっ、古いんや、ちょっと。
井上:何年前の話、してんねん。
河本:そうなんや(笑)テレビでやってた。
井上:3~4年前の話でしょ、テキサス・チェーンソーって。
河本:そうなんや。見ました?
井上:見ました、見ました。でももう9割くらい忘れましたかね。
あなたと私の見てる本数、違うんですよ。二けた違うんですからね。
河本:全然違いますよ。もっとちゃうんちゃいます?
井上:ああそうか。
河本:だって俺今まで見たのテキサス・チェーンソーと、しっかり見たのは
出てきいへんもん。テキサス・チェーンソーや。井上:いっぱい映画あるけど。
河本:俺、テキサス・チェーンソーで全部。洋画のうんちくたれんねんもん。
洋画はええなーっていうのもテキサス・チェーンソーからの例えが全部。
井上:そうなんや。そんなら1本や。
河本:だから三けた違いますよ。
井上:そうやね。ほぼ毎日のように見てますから。
河本:あれはほんまにあった話?それ、覚えてますか?全米で驚愕。
井上:ってなんか言ってたね。
河本:まさか知らないんじゃないでしょうね。全米ですよ。
井上:いや、全米が驚いたことを日本の俺が知ってるかどうかは別やん。
河本:(笑)
井上:全米が驚いたことに俺がいちいち驚かな、あかんのか。
河本:いや、いつもあなた言うじゃないですか、あの全米が驚愕した
とかっていう。
井上:全米がわいたとか、泣いたとか。
河本:全米がひっくりかえった映画です。多分同じ時間に。
井上:どんなんやったかなー。
河本:同時期に。もうずっと…。
井上:いや、それはええから、どうしたん?
河本:言いたいんです。
井上:たとえ、いらんから。
河本:ほんま、全米がこけたんです。
井上:だから何がこけたんか、言うてくれ。たとえ、いらんから。
河本:全員死ぬからです。全員死ぬんです。
井上:そうなの?
河本:そんなん、ありえんことない?ホラー映画見たことある?
井上:あるよ。
河本:見たでしょ、大体。スピードでもいいですよ。スピードっていう
映画でも。サンドラ・ブラックさんの。
井上:ブロックな。
河本:ブロックっていうの?すみません、僕ゲームでしかやらないんで。
井上:そういうゲームないし。
河本:ね?生きるやん、最後。ターミネーターでもいいですよ。I'll be back.
っていうて。
井上:ちょっと待って。ホラーでたとえてくれへん?二転三転してるけど。
河本:少林サッカーでもええ。生きるやん。
井上:生きるって何?
河本:ほんならジェイソン見た?
井上:ジェイソン見たよ。いっぱいシリーズあるけど。
河本:ごめん。ジェイソンで1個ちょうだい。ジェイソンのオチは最後
生きる?主人公、生きる?
井上:生きる。
河本:生きるね?
井上:うん。
河本:ジェイソンから逃れるでしょ。
井上:うん。
河本:で、ジェイソン出てきて、バイバイーって言って。
井上:何を見たんかな、おまえは。どれを見たらそれになるんやろうか。
河本:映画の真ん中、輪っかができて、そっからジェイソン出てきて
「まだ続くよ~」って言って次や。土曜日か。
井上:そんなんやったっけ?藤子不二雄タッチな感じだったっけ。
河本:たたたたたったたら、たらたらた♪それ、ジェイソンや。
井上:だから何やねん。何のたとえをしたいねん。
河本:そんなん、ええねん。生きるやんっていうこと。でも死ぬねん。
井上:テキサス・チェーンソーでは死ぬっていうことが言いたいの。
河本:精肉店でしか働らかれへん…。
井上:ああー、そうや!確かそんなやった。
河本:精肉店で一生懸命働いてる。そしたら所長が来て今日でしまいやから
帰ってくれって。でも精肉店以外、僕は働くとこないんだって言って、その
所長をバンって斧で殺してしまう。そこからテキサス・チェーンソーや。
井上:何で?
河本:(笑)いやいやいや、俺も何で?って言うたけど。斧とか持って
ばーっとやるんやけど、ぱっと見たらチェーンソーあるねん。それで
チェーンソー持って歩いて、テキサス・チェーンソー。
井上:始まるねん。
河本:始まるねんけど、絶対逃げれたやんっていうタイミングでも
テキサス・チェーンソーが出てきて。
井上:テキサス・チェーンソーは、タイトルじゃなかったっけ?
テキサス・チェーンソー君とか、さん、じゃなかった気がするけど。
河本:テキサス・チェーンソー君にしとこうや。
井上:じゃあ、テキサス君でもいいよ。
河本:テキ君が、ぶわーってやるねん。カップルの男の子がテキサス君に
つかまんねん。
井上:どっちなん?テキ君か、テキサス君か。
河本:てーやんで許してもらっていいですか。てーやんが家の地下の
ところに…。
井上:てーやんって誰も呼んでないからね、お前以外。
河本:地下に人を分解室があるねん。そこに女の子が縛られた男の人を
助けにくるねん。でも上からてーやんが下りてくる。
井上:てーやんって誰が言うてんの?
河本:テキサス・チェーンソー君のことです。僕しか言ってないです。
あの子のこと、てーやんって呼べるの俺くらいです。
井上:そうやんな。
河本:テキサス・チェーンソー、見てるからです。
井上:みんな見てるけどな。
河本:階段下りてくるんです。その男がとにかく逃げろ、つかまったら
やられてまうからって言って、男の人の真下の木枠のところに隠れるねん。
てーやん来て、躊躇なく男の子をばーってやるねん。下まで貫通するから
チェーンソーが女の所まで。その時点で女の子、逃げれるねん。てことは
監督的には女の子が主人公で残したい人やと。
井上:うん。
河本:上でやられるとこも横で見て、また逃げれるねん。絶対逃げるやん、
このパターン。最終的にその子がテキサス君を、てーやんをばーってやって
一件落着かなって思うやん。
井上:あのさ、2回言わんでいいよ。テキサス君とてーやんと。1個でいい。
河本:ごめん、ごめん。ほんなら、最終的に女の子が精肉店に逃げ込むねん。
そこでバトルがあるのよ。
井上:ほお。
-河本の話は続き
河本:俺、32歳よ。6時前くらい、手にびっしょり汗かいて、嫁がいびき
かいてんの、ぱーんってたたきながら。
井上:何でなん?
河本:静かにせーって。
井上:まあそうやな。
河本:うぅ~うぅ~って2回くらい言うてんねん。手に汗握って、やったー
ってその女の子だけ生き延びたー!警察呼ばな、って思ったら、100メートル先に
スピード違反でつかまった車と警察の車があるねん。やったー!って思って、
女の子の助手席に乗ってる感じで、はよ、スピード上げ!ってなってたら、
後ろからてーやん、車の後部座席からわーーってやって、女の子ああーーーー。
そのままスピード違反の男と警察官までばばーって引いて。それで最後、
チェーンソー持って、男歩いて帰って終わってってん。テキサス・チェーンソー!
って思ったもん、俺。すごいな。こんな悲しい話ないやろ。
井上:ていうか、まだ見てない人はどうするつもりや。
河本:4年前やろ、もう(笑) →CMへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。