スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次長課長のオールナイトニッポンR① 2008.4.12 

『イロモネア』の続きを見たんですが、この番組ならではの出演者
一体感がたまりません。声出し要因としても欠かせない感じになってる
ような…さすがイロモネアの申し子!
次長課長外野席発言集でもつくろうかとアホらしいこと考えましたが
やめましたっ。

『ぷちミ』、あのテンションの高さは…何かあったのでしょうか(笑)
(後日UP予定)
①オープニング
河本:いたっ。いたっ。いたいいたいいたいっ。いたっ。いたっ。
いたこの伊太郎 、橋幸夫です。
井上:絶好調。
河本:今回もですね、月一レギュラー次長課長のオールナイトニッポンR、
もちろん生放送でお送りします。よろしくお願いいたします。
井上:お願いします。
河本:えー、ちょっとですね、わたくし。
井上:ええ。
河本:例のですね、骨折。ろっ骨骨折というのをいたしまして。
井上:あれでしょ、ローション。ローションを使ったやつですね。
河本:ふんだんに。嫌らしいな、ローションふんだんにって。ぬるぬる相撲
って言ってください。
井上:敷き詰めた。
河本:敷き詰めたじゃないです。ぬるぬる相撲というコーナーの企画で、
ろっ骨を2本やっちゃいまして。
井上:うん。
河本:6番7番。5番6番だったらよかったんですけど。
井上:タイタン。
河本:タイタンの5番6番。いい後輩ですね、あれ。
井上:ええ。
河本:その6番7番をやっちゃいましてね、スタッフが気をつかっていただいて
ほんとありがとうございます。牛乳とジャコということで。
井上:(笑)カルシウムをね、とりましょうよ。
河本:いただきます。これはね、非常に嬉しいことだと思うのですけども。
井上:実際に今ありますからね。
河本:あっ、冷たい。買いたての牛乳とジャコ。
井上:これ、本物です。
河本:ええ。早速いただきたいと思います。
井上:食べましょう。
河本:あっちょっと待ってくださいね。
井上:何ですか?
河本:注意書きがございましてね。「スタジオの機械はとても水に弱いため
万が一ぬれると全部止まってしまいます。絶対に食べ物飲み物は持ち込まないで
ください。レディーゴー!」って書いてありますね。
井上:どっちなんですか。
河本:どういうことか。またか。また持っていくか?
井上:あれっ?回収ですか。回収する人、声出せへんから、まったく
わからへんねん(笑)
河本:わからへんねん。ええ加減ラジオで通用せえへんことするの、
やめようや、オープニングから。ほんでなんで今さらこの注意書き出て
くんねん。今までなんぼここで食うてた?
井上:ほんまやで。
河本:ここでそばとか食うたやん。
井上:うん。音立てずにな。王理恵さんに嫌われるからって。
河本:そばだけが問題じゃないねん。本田さんも言うてたやろ。
ほんま勘弁してくださいよ、嫌がらせばっかり。
井上:まあね。あなた、でも張りきると骨に響くんですか?
河本:そうです。はりきりフライデーするとね。
井上:いくよくるよさんのラジオじゃないですか。KBSの。
河本:京都のラジオです。あまーい金時飴くれますからね。生放送中に。
井上:その情報は別にいらないです。
河本:もごもごしますよ。交通情報のときだけです、なめていいのは。
井上:食べよしって。
河本:でもね、大きな声と笑えないんですよ。いつもの準ちゃん節が
出ないので。
井上:やばいね、今日。
河本:ほんと一切笑えないので。きょう全くウケない感じに。
井上:俺はどうしてたらいいの、じゃあ。
河本:井上さんはもうガンガンいつもどおり笑って、いつもの感じで。
井上:はい。
河本:わたくしの方が全く笑えないんで全然おもしろくないんですよ。
井上:それは別に今に始まったことじゃないけどね。
河本:違うんですよ。僕がじゃなくて。周りの人をおもしろいと思っちゃうと
笑ってしまうので。おもしろくない人の集まりやって洗脳しとかないと。
井上:何でなんですか。
河本:笑うと痛いんですよ、ほんと。だからきょうシーンとしますけど。
井上:それでですか?いたこの伊太郎 が出てきたのは。
河本:(笑)痛いって言ってんねん。そこ、ぶりかえさんでええねん。
そこは好調ぶりを見せただけです。
井上:なるほど。まあでもね、来れたということはできるということですから。
河本:そうです、そうです。皆さんもね、別にろっ骨を気にせずにいつも通り。
井上:まあ誰も気にしてないでしょう、別に。あなたが骨を折ったところで。
河本:気にしてますよ。
井上:ほんと?
河本:話が混乱してるのか、ろっ骨の6番7番以外が折れてるということに
なってるらしいのよ。2本だけが残ってるみたいなね。……絶好調でしょ?
井上:なるほど。
河本:トークも絶好調ということで早速。
井上:開始4分ですけどね、もう2つ大きいの出ましたね。
河本:芸人やって13年たちますけども、14年目ですか、4月で。
井上:そうですね。
河本:ウケた安打数で言うと、今1999本来てますので。
井上:あと1本。
河本:2000本安打まであと1本なんですよ。
井上:そんなにウケましたっけ?
河本:そんなにすべりましたっけっていう話ですよ。
井上:すべったことは言ってない。ウケたことはそんなにありましたっけ?
ってことです。
河本:あります。あと1本なんです。2000本安打まで。今日じゅうにやりたいと
思います。それでは早速(ゴホッ)すみません。
井上:それですか?それが2000本安打ですか?
河本:こんなハプニング1本に入れますか?デットボールですよ。
井上:ああ、そうですか。
河本:それでは早速いきます。次長課長のオールナイトニッポンR!

-オープニングテーマ~コーナー告知があり
河本:さあそして何と今夜はですね、番組史上初のゲストが、井上さんの
ゲーム仲間としましてやって来ますけども、このゲスト伏せますか?今。
井上:伏せましょう。
河本:伏せます?わかりました。なんと大物ゲストでございます。
井上:超。
河本:超大物ゲスト、ゲーム仲間でございます。井上さんがやるゲームと
言えばもう決まっておりますから、何百時間とやってますから。
井上:こんな時間に来てくれるとは思いませんでした。
河本:生放送でお送りしてます。深夜3時過ぎてますからね。
井上:先に言っておきますけどハラセンではないですよ。
河本:原田専門家ではないですよ、皆さん。ブログたたかないでください。
ネゴシックスじゃないですよ。気をつけてください。超大物ゲストでございます。
井上:ハハハハ
河本:かといってCMに出てる「きんに君ですか?」とかそういうメールやめて
ください。違いますよ。そんなものじゃないです。超がつくんです。越えてる
んです。スーパーです。
井上:まあ驚きでしょうね。控えてる本人も驚いてますよ、今。余りの
ふられようにね。
河本:それかモンハンをやってるか。
井上:だれなんでしょうか。
河本:じゃあ一応メールアドレスの方言っておきましょうか、井上さんね。
井上:はい。jk~、jk~までお願いします。
河本:予想していただいて、質問内容考えていただいても結構です。
井上:別に予想募集しないですけども、送ってもらってもかまいません。
恐らく読みませんので。
河本:超大物ですよ。月給がね、20ちょい。このヒントだけ言っておきます。
井上:エリートだな。
河本:超エリートですよ。吉本で20ちょいもらってる超エリートです。
さあいきましょうかね。次長課長のオールナイトニッポンR、この後午前
5時まで生放送でお送りいたしまーす。→曲へ

②フリートーク
河本:今日はね、超大物ゲストが来るということなんですけども。
井上:はいはい。
河本:皆さん、まだかまだかとお待ちしているみたいなのでね。
井上:でない可能性もありますからね。
河本:そうなんですよ。そうなってしまうと終わってしまいますのでね、
井上さんのゲーム仲間でございます。ゲストの方ご紹介いたしましょう。
3年ぶりメジャー登板おめでとうございます。野茂英雄さんです。
-ファンファーレ
井上:えーっと、それは。
河本:違いますよね。野茂さん来るわけないですよね。
井上:(笑)
河本:勘違いされますね。
井上:みんな勘違いしてるな。いっぱい送ってきたけど。
河本:ああー、もうどうしよう(笑)
井上:みんなだれやと思ってんの?ゲーム仲間ですよね。一応そこまで
ふってありますよね?みんなだれやと思ってんの。ちょっと紹介して。
河本:ゲーム仲間ですよね、井上さん。つき合い何年くらいですか。
井上:長いですよ、もう。7年、いや、もっとか。9年くらいになるのかな。
8年くらいか。
河本:そんなになります?後輩とか?
井上:はい。
河本:そういうことですか。「バイオハザードナイフ1本でクリアするほどの
腕前だそうです」。井上さんから情報聞いたんですかね、ブログとか見て。
「こんな深夜に若大将のラジオが聞けるなんて僕は幸せだな」。ご紹介しましょう、
加山雄三さんです!
-ファンファーレ
井上:えーーっ?ほんと?……来てない。
河本:来てないし、この少ない人数おかしいやろ、加山雄三さん来るのに。
井上:確かにナイフ1本でクリアするらしいよ。あと元アナウンサーの。
河本:山中さん?
井上:いや、佐野さんでしたっけ?
河本:佐野さん?
井上:「からくりテレビ」とかで。
河本:ああー、鈴木史朗さん?
井上:鈴木史朗さん。
河本:ご長寿クイズの。
井上:そうそうそうそう。あの人もハンパなくうまいらしいよ(笑)
河本:井上さんのゲーム仲間を知らないんですって。俺、ハラセンと
ネゴしか知らないんですから。
井上:なるほどね。
河本:「食いしん坊バンザイのロケで一番思い出に残ってることはどんな
ことですか」。ご紹介しましょう、松岡修三さんです。
-ファンファーレ
井上:仲間ではないですね。
河本:当たらへんって。
井上:熱いですよね、きっとゲームも。怒られますよね。
河本:熱いですよ。おいっ、何でそっちに行くんだ、ベスト8!
井上:何?ベスト8って。
河本:松岡さんの最高成績です。引っ張っててもしかたないのでね。
井上:本人待ってますからね。
河本:「今日はどうやって来られたんですか」。ご紹介します。
キャメロン・ディアスさんです。
-ファンファーレ
河本:青春18切符かなにかお持ちですか?日本語わかりますか、青春18切符。
井上:いないから大丈夫です。だめじゃないですか、全然。
河本:だめですね。そわそわするのでご紹介しましょう。ラーメンズです。
-ファンファーレ
河本:ありそうやろ!ありそうやろ、ほんまに。
井上:あの方、ガンダムでは神の領域ですよ。
河本:片桐君?
井上:ガンダムの話させたら。プラモデルが好きですからね。
河本:知らない。意外だったですね。
井上:すごいよ。
河本:おかしいなあ。ちゃいまっせ。いいですよ。
井上:じゃあもうちょっと待って。
河本:えっ?井上さん、見えてるんですか?
井上:俺見えてますよ。
河本:全然わかんないですけど。
井上:最近ずっと一緒ですからね。
河本:そうなんですか。東京の方ですか。
井上:東京ですね。
河本:すみませんね。もう少ししたら登場いたしますんでね。
井上:ほんとに登場してよ?
河本:わかんないです。
井上:このノリを何回するの?
河本:当たればです。
井上:加山雄三さんあたりで止めといてよかったんじゃないよ。
河本:いや、ラーメンズまでどうしても行きたかったんです。
井上:さあコーナーの方いきましょう。
河本:コーナーじゃないです。フリートークです。
井上:ああ、フリートークですか?
河本:どこのコーナーに。
井上:俺、大分すっ飛ばしましたね。
河本:ぶつけようとしてたんですか(笑)今日笑うと痛いんでね。ほんまに
しゃれにならなかったですけどね。井上さんは、あれですか?
井上:何ですか?
河本:私にちゃんと賭けてくれたんですか?
井上:何を?
河本:あの試合。ぬるぬる。あなたの台を見ると必ず違う人の名前の
ボタンを押してるというウワサが立ってるんです、もっぱらの。
井上:俺は正直あの企画は好きよ。ただあの企画で優勝するお前は
好きじゃないの。
河本:どういうことですか。
井上:活躍して目立っていいでしょう。お前あってのものだと思います、
確かに。で、賞金をもらいますよね。
河本:もらいます。
井上:あなた、そこまでじゃないですか。
河本:そこまでですね。がっぽりいただきますけどね。
井上:その賞金を半分よこさないのはなぜですかってことなんですよ。
河本:(笑)ほんなら……。
井上:今これだけしゃべると、何だお前、山賊かと。
河本:そうですね。
井上:でもそうじゃないんです。実は僕は今までアブちゃんからヒット打って。
河本:何回言うねん、それ(笑)アブちゃんシリーズ何回言うねん。
井上:はねトびでな、アブちゃんからヒット打って、100万円もらいました。
河本:はい、もらいましたよ。
井上:ヒット打ってないおまえに。ランナースコーチに立ってたおまえによ、
タンバリンたたいて。
河本:そうですよ。やりましたよ。
井上:タンバリンたたくの、野球ですか?違いますよ。聞いてください。
河本:はい。
井上:ランナースコーチのお前に無言で、「あっ、じゃあお前の分ね」と。
河本:ロケバスでもらいました。
井上:ロケバスで渡しました。そのまま渡しましたよ。
河本:そのままかばんの中にしまいました、わたくし。
井上:ですよね。ぬるぬる相撲。もう3回やってます、あなた。それなりに
賞金入ってます。
河本:入りますね(笑)
井上:何ですか、音信不通なのは。
河本:(笑)違います。音信不通、ちゃうわ!ちゃいますやん。だから河本頑張れよ。
フレーフレーとか1回も声が聞こえないです。あなた、絶対本気の予想してるでしょ。
井上:俺、本気の予想してます。
河本:それが毎回、品川いわく、河本さんを押してないという噂がもっぱら
立ってるんです。あの子、ガチで狙ってますよという噂が立ってるんです(笑)
井上:ガチで狙ってます。
河本:紳助さんの横来てマイク取って、河本!ってやってくれれば、わたくしもう
即ですよ。その場で、いいんですか?そんなにしてもらって!と渡します。
井上:生放送中に?
河本:生放送中に(笑)和歌子姉と紳助さんのマイクを取って、きよし師匠を1回
倒して。2回でもいいですよ。倒して小川さん倒して、頑張れ頑張れ河本!
井上:あいつ何があったんやってなるやろ、普通単純に(笑)
河本:してくれるんなら(笑)
井上:ちょいちょいちょいちょい、止めて、止めてってなるよ。
河本:生放送ですから。やったもん勝ちですから。それしてくれるならですよ、
あなた。
井上:だからあなたのね、誕生日だったじゃないですか。でね、僕にうまい棒
くれたでしょ。今年の誕生日にうまい棒くれましたよね。
河本:はい。あと手紙も添えましたけども。
井上:手紙はもう見てもないですけどもね。だからそれなりに返そうかなと
思ったんですよ。あなた、ゲームソフト欲しがってたじゃないですか。
河本:はい。
井上:でもやめましたね。
河本:やめないでください。
井上:待てよと思ったんですよ。
河本:あのときほんまにいつくれるの?と思ったんですよ。
井上:何?
河本:あの日買おうと思ってたんですよ。そうしたらあなたが出てきて、
あるよって。封も開けてないの、あげるよって。嬉しかったです。やった
ありがとうってなって、その日の晩よく考えたんですよ。こいつ、持って
けえへんなって思ったんですよ。
井上:ハハハハ
河本:どういうふうにしてこいつから入手しようかと思ったんです。3を
やりながら。
井上:ああ。だから僕はそれがよぎったんです。何でも半分なって言ったやん。
中学校のときに。いちごポッキーから始まるんですよ。
河本:いちごポッキーを言うんだったら、返してくれ、いちごポッキー。
井上:いちごポッキー半分な言うて。
河本:お前が買い占めたんや。半分な言うとるお前が。
井上:ちゃうちゃう。お前が買っていちごポッキー半分なって言うて、俺に
茶色の部分だけ渡したんや。俺、あっこからですよ。
河本:いちご欲しいねん。
井上:俺、あっこからやで、正直。
河本:だからうまいこと切ったやんけ、あの茶色い部分。
井上:切れるやん。チョコついてないんやから。
河本:2を半分にするわけにはいかんやん。CDを。
井上:お前はだから俺には半分こせーへんタイプやねんて。
河本:違う(笑)何年間誕生日プレゼント渡してるんですか、わたし。
井上:毎年もろうてるけど、まだ半分に追っついてないないねん。
河本:追っついたって。
井上:だから世間的には、あいつ何で河本にプレゼントやれへんねんみたいな
ことになってるけど、突き詰めればいちごポッキーから俺はもうお前に……。
河本:長いわ(笑)
井上:お前がな、ドラクエ4の箱つぶれて、それを買ったときも、俺は「しめしめ」
と思ってたよ。全部が全部。
河本:確かにそうですけど、それ言うなら、つかさまで出てきますよ、おやじまで。
井上:ほお。
河本:お前を中学校2年から3年までの1年間、毎週、週に2回よ、自転車で
塾に行こうって迎えに行って、「あがれ」って上がらされて、中ジョッキに
粉々の氷とするめいかだけつかさに出されて、「食えよ」と。
井上:うん。
河本:中学校2年生に出すおつまみですか?英語の塾行くんですよ、今から。
井上:それは違うよ。それはお前んちからや。すべてはお前んちから。な?
ごはん。
河本:あげてるやん。
井上:「ごはん、食べられえ」って言うねん。お前のおかんの口癖や。「ごはん。
食べられえ」って言うねん。
河本:方言や。方言や(笑)
井上:方言かどうか知らん。口癖やな。
河本:口癖、ちゃう。
井上:「ごはん、食べられえ」って言うやん。な?ほんとは食べさせなくないねん。
なぜなら、お前んちは貧しいからや。
河本:(笑)来るからやん。
井上:だから焼きめしって言って、ほんとに焼いただけのごはんとか、みそ汁って
言って、ほんとにみその汁しかない。
河本:合うてんねん。
井上:あからさまにそういうことするから、俺はこうこうこうで、河本の家で
俺こうされてんねんって言うわな、親に。つかさに。
河本:(笑)
井上:ほんならつかさも「わかった。任せとけ」ってなるわな。
河本:(笑)嫌がらせやったんか、それに対する。ほんま勘弁してや。
井上:だから何でも半分にするべきやで。
河本:もう決めよ。
井上:本出しました。
河本:ええな?言ったね?
井上:何?
河本:本のやつは半分出そう。お前に出す。モンハンと薬と声優のやつ、半分に
して出すねんな。何でも半分やで。今年ほんまに半分やで。
井上:今年から……。
河本:今年もう半分やで!もう決めたな?
井上:今年……(笑)
河本:決めました!皆さん聞いてください。今年半分でいきます。もう
入ってますね?
井上:いや、ええと、去年入ったかな。先払いだったかな。
河本:ちがいます。入ってます。本の半分お出しします。ほいほい出します。
井上:だから本は……。
河本:だめです!薬とモンハンとください。声優ください。
井上:ちゃうちゃう。だから本半分くれって。本半分もらうな?その半分
お前にやるわ。もらった半分そのままお前にやるわ。
河本:それはありがとうございます。
井上:俺も一応やるから、丸々返してくれ。
河本:それはだめです。半分は半分です。薬、モンハン、声優ください。
ありがとうな。
井上:何でやねん!
河本:やったぞ、直美、虎太朗! →CMへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。