スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次長課長のオールナイトニッポンR① 2008.6.15 

ラジオでも言ってたけど、次回の『イロモネア』に出演なんですね!
あとTVステーションで6月20日の『太田光の私が総理大臣になったら…』が
ヒットしたけど、この間の『お試しかっ!』のパターンじゃないですよね?
楽しみだけど、ちょい緊張~。
①オープニング
河本:こんばんは。次長課長のジェリー藤尾です。
井上:あっ、その友達の井上聡です。
河本:今回も始まりました月一レギュラー次長課長のオールナイトニッポンR、
今夜ももちろん生放送でお送りしまーす。
井上:はい。
河本:今夜のケータリングなんですけども、恒例になってまして。
井上:ありがたいですよ、ほんとに。
河本:いつも手をかえ品をかえ、いろいろやってくれるんですが、今回は
6月ですから、ジューンブライドということで、結婚式がこの時期世界的
には多いと言われて、日本では11月が一番多いんですけどね。結婚式
ということで、引き出物がなんと届いてましてね。
井上:(笑)引き出物がですか。
河本:丁寧に、井上様、河本様と書いて。
井上:ねえ、ちゃんと。リボンもついて。何でしょうね。
河本:開けてみますか。これはチョコかな?
井上:これは何だろうね。お聞きの皆様、この音でわかりますでしょうか。
河本:クッキーだ。
井上:クッキーですね。……あっ!
河本:あっ!
井上:河本さん。
河本:はい。
井上:どえらいことを見つけてしまいました。
河本:どうしました?
井上:賞味期限がですね、これ、2006年3月19日と書いてますね(笑)
河本:そうですね。
井上:今、何なんですか?
河本:2008年6月ですけどね。
井上:2年。
河本:そうですね。
井上:2年3カ月前の品物ですけど(笑)
河本:うちのディレクターの石田、いっしゃんがですね。
井上:はあ。
河本:結婚式をしたときの引き出物の余りということで。
井上:はっ?
河本:いつでした?結婚したのが。2年半前。
井上:えーと、これは危ないとこでしたね。
河本:そうですね。いただきまーすって一口加えた瞬間から
どっ!っていう机に頭打ったような音が聞こえて。
井上:生々しい音が聞こえて。危なかったですぅ。
河本:そっから1時間50分くらい放送事故ですよ、多分。
井上:ポテトチップスみたいな曲、ずっと流れっぱなしですよ。
河本:(笑)
井上:いつもかかるポテトチップスの歌。危ない。危ない。
危ねえな、ほんとに。
河本:いっしゃんは結婚するに当たって猛アタックで結婚した
みたいですからね。5年間振られ続けてやっと。
井上:強心臓ですね。
河本:そうですね。というか、5年間振られ続けてというレパートリー
すごいですよね。嫁はんの。どんだけ返しがあったんですかね。
井上:あっ、奥さんの返しがすごいってことか。断り方が。
それでもうなくなったんでしょうね。
河本:パターンがなくなってしまって、「もういいよ」って。
井上:「もういいよ」ってなったんやろうね。すごいな。
河本:今で言う完全なストーカーですからね。
井上:つかまえてあげましょうか。
河本:そうですね。いっそのことつかまえてやってもいいですけどね、
いっしゃんは。奥さんもそろそろ気づいてると思いますけど。
ただのゲームオタクやんけ、みたいなね。
井上:こないだね、丸一日モンスターハンター手伝いました、僕。
河本:でしょ?
井上:呼出くらいまして。
河本:でも嫁には、ラジオやねん、って言うてるんです。
井上:似てますね、あなた。
河本:変な関西弁使って。
井上:似てますね、あなた。
河本:ラジオだねん…ってね。
井上:だねん、ってね。そっくりですけども。
河本:桃鉄のボンビーみたいな。ラジオなのねのねん。
井上:ハハハハ
河本:やめてくださいよ。
井上:ちゃんと確認してくださいよ。2年前のクッキー食えないですからね。
河本:ほんまやで。
井上:危ない危ない。
河本:というわけで今回もこんな感じでいってみたいと思います。
次長課長のオールナイトニッポンR!
-オープニングテーマ
河本:改めましてこんばんは。神木竜之介です。
井上:野望が全くない井上です。
-コーナー告知が続き
河本:新企画はここで言いますか?
井上:何々?しんきかく?
河本:新企画も今回の最後の方で私、ちょろっと言いますんで。
井上:じゃあ一部地域の方は聞けませんね。
河本:聞けませんね。一部地域が2回過ぎたくらいで告知が
入りますんで。
井上:(笑)じゃあほとんど聞こえないじゃない…(笑)3回目のときに
初めて言うんですか?
河本:この番組さ、結構リスナーに文句言うやん。あとちょっと
いたずらするやん。何で減らへんの?
井上:ハハハハ
河本:ほんまに失礼なことをかぶせて。
井上:苦情のメールがないのよ。不思議よね。
河本:なんで?いいですか?今しゃべって。たまたまパソコンをいじってたら。
井上:お前が?
河本:はい、わたくしがパソコンいじってら。
井上:ほお。
河本:やっぱり2ちゃんねるの方向に手がきゃきゃきゃっと動いた
んですよ。
井上:あっ、お前見るの、そういうの。
河本:ほんまは見いひんのやけど、きゃきゃきゃっと動いたら
オールナイトニッポンの話みたいなんで、めっちゃあんねん。
井上:へえー。
河本:そこでダントツでうちの番組が褒められてんのよ。
井上:へーーーーー。
河本:2ちゃんねるですよ。何であんなにおもろいん?とか。
井上:じゃあ、気が抜けませんな。
河本:だからその気の抜けた感じがよかったりしたり。あんまり俺、
人の悪口言わへんけど、ぼろかすにドランクドラゴンの悪口書いてたで。
井上:それはないやろ。
河本:俺もないと信じてるんやけど。
井上:それはないよ。
河本:9割9分鈴木の悪口。
井上:だからそういう流れがあるんでしょ。ボケみたいな。
河本:逆にそれでラジオ聞きたくなった。それでラジオ聞いてんねん。
じゃあ俺も聞くっていう。
井上:なるほど、なるほど。
河本:鈴木が何したん?って。
井上:なるほど、なるほど。気になるね、確かに。
河本:気になる、気になるで、めっちゃ多いねん。
井上:でもおもしろいですからね。ドランクドラゴンのラジオ。
河本:1週、2週、3週目とチュート、次課長、ドランクドラゴンのラジオ
ぜひ皆さん聞いてください。
井上:これは3つで1つだと思っていただければね。
河本:そうですね。
井上:あっ、それ言い過ぎですか。全然違いますね。全然違いました。
すいませんっ。ばらばらです。
河本:ダントツでうちのラジオは人の悪口ばっか言いますんで、
もしよかったら聞いてください。
井上:3組が団結してやってるもんやと思ったら、ばらばらなんですよ。
会ったこともないですし。
河本:企画もばらばらですし。
井上:俺、チュートリアルがやってるって今知りましたからね(笑)
河本:チュートリアルがふみえ情報やってたらおかしいですからね。
そんな感じでどんどんメール送ってください。この後午前5時まで
生放送でお送りいたしまーす。
井上:はーい。
河本:さあ1曲目でございます。嵐でワンラブです。(→曲へ)

②フリートーク
-岩手宮城内陸地震のメール
井上:大丈夫だったの?
河本:大丈夫だったんでしょうかね。次長課長のラジオでぜひ元気を
出していただきたいと思います。次長課長のすばらしい笑いでね。
全部吹っ飛ばすくらいの勢いのあるトークを。
井上:でもそれどころじゃないと思うよ。
河本:そりゃ、そうやけどね。僕らも地震を経験しましたから
わかります。
井上:確かに怖いよね。
河本:周りのみんなでね、ワイワイ騒いで元気出していったんでね
Aちゃんもラジオ聞いてよかったですみたいなね、元気出してくださいね。
井上:いいかなっ?
河本:(笑)僕らも頑張っていきますんでね。河本:今からフリートーク
しますんでね。
井上:フリーですからね。
河本:ええ、フリートークですからね。
井上:何でもありですよ、Aちゃん。
河本:まあフリーですからね。何でもありですよ…(笑)
井上:……(笑)あの……あのね。
河本:何ですか?フリーですからね。
井上:はい。フリーなんで何でもありなんですけど。
河本:(笑)今からフリートークします。
井上:フリーですから。俺、眼鏡外してますし。フリーです。
河本:全然フリーです。
井上:あの、まじめな話ね、僕モンスターハンターやってるじゃないですか。
それで今度ね、麒麟の川島主催で川ハンフェスタみたいなの、すんねん。
モンハンフェスタにちなんで。川、ハン、フェスタ。
河本:言いにくいですけども。
井上:モンハンフェスタは全国大会で一般の方がやってるんですけどね。
河本:あっ、あんの?
井上:この間あったんですよ。僕ちょろっと出させてもらったんですけどね、
やっぱりすごいですよ。
河本:勝たれへんの?
井上:一般の人、尋常じゃない。すごい。
河本:へえー。
井上:だから芸能人でやってる方が多いとききましたので。
河本:それでね、わざわざルミネにゴスペラーズの人が挨拶に
来るくらい。
井上:山田の優ちゃん。
河本:山田優ちゃんもやってるし、弟もやってるしね。
井上:そう。
河本:こないだちょっとおもしろかったな。わざわざ楽屋に来て
「井上さんにモンハン見てもらいたい」みたいなことあったからね。
井上:親太朗やろ。いろんな方がやってるんでね、芸能界で一番を
決めようじゃないかみたいな呼びかけをしてるんですよ。この場を
おかりしますが。
河本:これをもし聞いていたら。
井上:僕自信あるぞという芸能人の方々、麒麟の川島に僕出たいと
言ってください。
河本:収録スタジオで会わなきゃいけないですね、まず。
井上:まあ別にどんな手段を使ってもかまわないので。
河本:結構おるで。隠れモンハンというか、PSPで移動しながら
できるから。
井上:俳優さんとか、みゅーじさん?
河本:ミュージシャンでいこうかな。
井上:みゅーじしゃん。みゅーじしゃんさんとか、いっぱいいるって
聞いたからね。ちょっとごめんね、フリーな場をかりて申し訳ない。
河本:川ハンフェスタはどこで開催されるんですかね。
井上:場所ですか。場所は人数にもよるんですよ。大きいとこで
やりたいですけど。
河本:結構来るわけでしょ。芸能人ってどこまでですか。
井上:自称でいいです、全然。
河本:いいんですか?パリパリポリパリとか、カチンコチンのレベルでも
いいんですか?
井上:周りが気い使わへんレベルの人。「えーっと」って1回入ると、ほら。
「おたく、えーっと」ってなると、困るから。
河本:そっちのメンバーももちろん来るわけでしょ?
井上:そうです。
河本:そんならもう大人数やん。
井上:すごいよ。人力車とかさあ、ホリプロとかさあ、ナベプロとか、
むっちゃやってんのよ。
河本:サンミュージックの人らもやってるでしょ。
井上:うん。事務所対抗じゃないですけど。それをプライベートで
やりたいんです。
河本:カメラなしでね(笑)だから多分、みゅーじさん?ミュージシャン?
井上:みゅーじさんかな?みゅーじしゃんになんのか?
河本:ゆーじさんとか。
井上:ゆーじさんって誰?
河本:ミュージシャン?
井上:みゅーじしゃん。
河本:で行きます?
井上:うん。
河本:ミュージシャンの人もカメラ入ったら嫌がるよ。だからプライベート
やったら行きますみたいな。
井上:これ、お聞きのタレントの皆様。ぜひ川島に出たいですと言ってください。
河本:あっ、言えばいいんだ。
井上:そうすると川島が「ああそうですか」って言いますから。
河本:(笑)あの、前説のネタはいいんで。
井上:ほんとに。今月末に予定しているので。
河本:よかった。よっしゃ行こう。やっと行けますね。
井上:えっ?
河本:やっと行けますね。
井上:お前?
河本:やっと行けるなと思いまして。
井上:やってんの?お前。
河本:ちょっとね。
井上:ああ、そう(笑)
河本:今の今まで黙ってましたけど。
井上:お前はいいよ、来んで。
河本:いえいえ、芸能人なんでね。芸能人やらせてもらってますっ!
井上:ああ、まあ川島に言ってください。
河本:一応連れて行くんでね。
井上:二人一組で。
河本:あっ、いいんすか?
井上:はい。
河本:ありがとうございまーす。じゃあ行かせていただきます。
井上:だれと?ちなみに。
河本:いやいや、それはもう。聞くとまたあれだから。両国だけ言うとく。
ヒント、両国だけ。
井上:(笑)両国?力士?力士と来んのか?
河本:そうですかあ。
井上:それ、ちょっとやりたいんでね。
河本:わたくし、それもさることながら、今ようやく免許をとりに
行ってましてね。
井上:やっとですか!どうですか?どこに行ってんすか?
河本:日の丸。
井上:日の丸自動車教習所?
河本:日の丸自動車教習所に行ってますよ。
井上:ああ、そう。
河本:あなたを教えた先生にも出会いました。
井上:俺は誰にも教わってないで。
河本:いや、受からないです。それでは。
井上:俺は我流やったから。
河本:我流は無理なんです。日の丸自動車教習所で一人で乗り回したら
ぶん殴られるんです。
井上:ああ、そうですか。
河本:多分営業課長かなんかにぶん殴られるんです。
井上:もうハンコばっかり見てんちゃうん?
河本:めっちゃ見るわ。
井上:なあ?ハンコが埋まる。
河本:お前、よう3年前、行ったな。
井上:しかも年末に行ったからね、俺。
河本:そうやん。しかもいっちばん忙しい時期によう行ったな。
井上:よう行ったなあって言うてんもん。
河本:自分で自分を褒めたいです。
井上:うん。
河本:あれは、すごいわ。俺今まだちょっと余裕があるからええけど。
ただ麒麟の田村と小島よしおと河本、河本?っていう人と行ったのよ。
井上:うん。
河本:で、最初に入校式?
井上:それ、どこに行ってるとか言っていいの?(笑)
河本:全然ええよ。
井上:ああ、そうなん。
河本:先生がまず、俺実技で乗ってたら、まっすぐ行って1コーナー目と
3コーナー目でカメラ狙ってるからねって「フライデー」の場所
教えてくれたで。
井上:ああ、そうなんや。
河本:ここでええ顔した方がええけどね、みたいな。そんなこと
ばっかり言うねん。それはええねんけど、入校式行って、いつ行けますか
みたいなの、あるでしょ。
井上:プランがあるからね。
河本:プランを早めに言っていただけないと車に乗れませんしみたいな。
ほんなら、田村と小島が「1カ月先までちょっとないっすね」みたいな。
井上:忙しくて。
河本:「9カ月でとれるかな」みたいなことしゃべりだして、2人で。
そのとき俺は、俺、朝やったらめっちゃあるんやけどなって思いながら
「河本さん、どうですかね。朝からやったら大丈夫ですかね」。
「いや、俺もないっすね」。
井上:何でなん(笑)
河本:「俺、2カ月くらい、ないっすかねえ」。
井上:ハハハ
河本:いや、後輩に仕事のことでそんなんなるの嫌やったから、
「田村1カ月ないん?俺2カ月ないけどどうしよっかな」。
井上:何でそんな見栄を張り合ったん?朝なんか誰でも行けるやんけ。
河本:そうやねん。俺そっから3日連続で行ったのよ。でもそれ、
田村に黙ってたんやけど。
井上:じゃあお前、結構リードしてんのや。
河本:めっさリードしてんねや。
井上:田村も田村でめっちゃ行ってると思う(笑)
河本:で、こないだ「イロモネア」で小島と一緒やったやろ。で、
小島に「河本さん、どれくらい行ってんですか?」って言われたから
またそれでうそついてもうて、「全然行けへんねん。入校式から全く」って。
で、小島も「俺も入校式から全く行けないですね」って。「ああそう……」
って声半分裏返った感じで。
井上:絶対行けるよ。
河本:俺そんとき既に1段階の学科終わってたんよ。
井上:ああそう。お前結構行ってんな(笑)
河本:あと実技6時間乗ったら仮免の免許。
井上:はえーなあ。
河本:これ、誰にも言われへんねん。どうしよう、早めにとりすぎたら。
井上:いやいや、とれ、とれ。早めにとれって。ただ、車、乗らんぞ。
河本:乗るよ!
井上:俺、乗らんもん。
河本:えっ?俺先生に「井上君乗ってます」って言ったで。
井上:3年前にとったでしょ?俺。なあ?ほんで俺。
河本:覚えてる?先生。
井上:覚えてへんよ。俺誰にも教わってないって言ってるやろ。
河本:違う。誰にも教わってないっておかしい。久本さんと一緒
やったやろ。
井上:マチャミさん?
河本:うん。そのときに乗ってた教習の先生が名物の先生だったでしょ。
覚えてない?
井上:わからん。マチャミさんのイメージ強すぎたからな。
河本:日の丸の制服着てる人。
井上:みんな着てるよ(笑)
河本:40代から50代くらいの。
井上:はあはあはあはあ。はいはいはい。
河本:その人が話してたね。
井上:ただ乗らんね。
河本:ああそう。酒も飲まへんし、別に。
井上:車検1回越してんねんけど。何で車検越したんかがわからん。
河本:あんだけデロリアンだ、何だって散々車見たのに。
井上:うん。
河本:買うたんやっけ?
井上:買うてない。欲しいけどな。
河本:車は?車はあるんやろ?
井上:あるある。
河本:乗ってきたらええのに。そんな運転することない?
井上:うん。
河本:ほんなら誰かに。じゃあ車はどうしてんの。ずっと置いてんの。
井上:置いてる。
河本:駐車場代は?払うてんの?
井上:払うてる。
河本:大きいなりましたな。
井上:えっ?だって俺別に。
河本:トミカですか?車ってトミカでしたっけ?
井上:ハハハハ
河本:ガラスケースに飾ってあるんですか、お兄さん。
井上:(笑)いや、ちゃうちゃう。機械式の方にとめさせていただいて
ますけど。
河本:やっぱ乗ってあげな。
井上:ただまっすぐ家帰るし、別に出歩かへんし。家でモンハンしか
やってないもん、この1年くらい(笑)
河本:寂しい極致やで。
井上:さみしくないねん。金、貯金とかできんで(笑)
河本:(笑) (→CMへ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。