スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆笑問題の検索ちゃん 2008.7.4 

昨日は井上さんトーク祭りだったのか?
『検索ちゃん』、バナナマンがゲストだったのに、ジュニアのかわりに
せいじさんが出演したため、兄に全部持ってかれちゃった(笑)
…と思っていたら、その影で井上さんが何気によくしゃべってたっ。
わーい!
問題:小学生のころにモテた男子ランキングの3位に選ばれた
小学生らしいモテる条件とは?

太田:(せいじに)ジュニアとは普段話したりするの?
せいじ:全然話さないです。
太田:話さないんだよね。
せいじ:でもコンビなんてそんなもんやんな。
太田:コンビっていっても兄弟だから。
せいじ:でもコンビ組んでる方が兄弟より長いんで。
田中:電話番号も知らないんですよ。
河本:ジュニアさんのお部屋が「こんな感じです」ってぼーんって
出たときに一番びっくりしたのがせいじさんです。(マネして)
「こんなところ住んでんのー!うぉーーーーー!」
品川:昔ね、河本さんが本書いて、僕が本書いて、井上さんが
噂になって、スキャンダル的な。
井上:(うなずいてる)
品川:で、庄司もそういうふうになって、俺が「相方が本書いてる間
アイドルと出会えるシステムあるのか」って言ったら、楽屋の奥から
「スキャンダルも小説も相方やーーー!」。
全員:(笑)
太田:そしてイケメン大王井上君の答え見てみましょう、オープン。
-「家が近い」
太田:家が近い(笑)
設楽:いたなあ、小学校に近いやつ。
井上:8時25分から始まるとして、8時24分に家出ても間に合う
みたいな。
太田:余裕で間に合う。
井上:いいな、うらやましいなあ、素敵、みたいな。
太田:素敵(笑) 井上は小学校のときからモテモテ?
井上:僕全然でしたっ。
太田:ええーーっ?
井上:全然ゴイシ君の方が…あっ、ゴイシ君って友達がいたんですけど。
太田:バレンタインなんてどうでした?
井上:バレンタインは、喫茶店のおばちゃんが僕にくれるくらいで。
小池:寄せ付けない感じがするのかな。
河本:かっこいいわ。男として見てるやん、おばちゃんも、もう。

問題:「インディー・ジョーンズ最後の聖戦」で行った主人公の
帽子が外れないようにするための工夫とは?

小池:ええっ?っていうようなことです。うぇって。
井上:えずくの?
小池:せいじさんを見たときみたいに。
せいじ:何でやねん。
太田:さあまずはイケメン大王からオープン。
-「ぼうしのえをかいた」
井上:帽子の絵をかいた。(髪の毛を)剃って。
小池:(帽子の)ツバは?
河本:これ(帽子の周り)だけ言うて。これ、どうするねん。
井上:パンの耳です!
河本:(笑)

問題:千原せいじがファーストキスをするときに言った
ある意味ロマンチックなくどき文句とは?

太田:イケメン大王井上君の答え、オープン。
-「キスの力でやじゅうになった呪いをといて下さい」
太田:野獣にされた王子なんですと。これだとキスされた後、
どうすればいいの?野獣のままじゃん。
井上:だまされたーってことですよね。だましやがったな(笑)
太田:井上さんのファーストキスっていうのは。
井上:僕ねぇ、ゴホッ(←せき込む)。
田中:(笑)
河本・設楽:(笑)
太田:どうしました?
井上:僕部活が9時まであって、9時からスポーツクラブで11時
くらいまで筋トレして帰ってたんですよ、毎日。
太田:ああそう。
井上:スポーツクラブから帰ってくるときに、暗闇で待ちかまえてる子が
いて、その子が同級生やって、「今までずっと見てたよ」みたいな。
太田:えっ?
井上:出会いは怖かったんです。暗闇からふっと出てきたから、
おっ!ってなったんですけど。
太田:暗いからね。
井上:で、「ずっと見てたよ」って。「あっ、そう…なの」って。
「いつから?」って言ったら「大分前」って言うから。
太田:(爆笑)
井上:いや、出会いの話ですよ。いつもの帰り道なんですけど
そこから毎日会うようになって、公園の穴だらけの遊具の真ん中に
引っ張っていかれて、みたいな。
河本:(足バタバタさせて)あかん!もうあかんわ!
田中:何なのよ?
河本:初めて聞いたから。
田中:初めて聞いたの?
庄司:どっち目線で反応してんですか?
河本:いや、いや、ちゃう、ちゃう。ドキドキせえへん?相方の
ファーストキスとか……ドキドキするわぁ、もう。怖いわ、もう~。
品川:3カ月だけ中学時代に戻りたくないですか?
河本:あのね、中2のとき女の子のシャツの、ここのブラジャーの
ところが黒の女の子おったんですよ。
太田:えっ?どういうこと?
河本:全く罪の意識も何もないんですけど、黒すぎて、無意識の
うちに触ってたんです。
品川:わかる。わかる。
河本:ふぁーっと触ってて、「何?」ってなって「黒いから」って。
で、授業終わって帰るってなったときに土砂降りやったんですよ。
傘がなくて。
品川:うわーーーーっ。
河本:ほんでその子が「もうあかんって」なって、今度は黒が
鮮明に。ほんならその子がこう(シャツを浮かせて)するけど
またぴたっとなるから、こんなことばっかりしてんですよ。
で、僕が遠いとこから「手伝おうか?」って言ったんです。
全員:(笑)
河本:余りにもその子がかわいそうすぎて。

問題:千葉県の中学校などで行われている私語を減らす効果のある
教室内の工夫とは?

太田:さあイケメン大王井上君の答え、オープン。
-「先生の数の方があっとうてきに多い」
太田:十何人くらい先生がいるわけ?
井上:それなりの連携もとれていて、チョークをかわしても後ろから
ハリセンが来るみたいな。

-トークがいっぱOAされてすごい満足感でしたけども、解答もことごとくツボに入りました~。冴えてるなあ。にしても、河本さんのあの反応は…(笑)ファーストキスの話は番組でも何度か話してるはずなのに~。私も聞いてて多少は照れるけど、河本さんほどじゃないよ!その前の問題でのバレンタインエピソードも、「男として見てる、かっこいい」って勝手に解釈してたけど、違うんじゃ…ないかな(笑)

今まで余り書いたことない太田・田中さんのエンドトークですが、

田中:いやあ、難しかったなあ。
太田:でも(正解が)ゼロですからね。
田中:だってレギュラー陣がみんなゼロでしょ?
太田:まあレギュラー陣といっても。
田中:庄司と…(笑)
太田:井上と庄司の回ですからね。

井上と庄司の回!
やっぱりこの2人はそういう扱いなんだ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。