スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次長課長のオールナイトニッポンR① 2008.7.12 

起きたら12時でした!!!

今日は『ロンQハイランド』に『ガキの使い』。
ANN-Rの余韻にひたりつつ、豪華2番組の休日。幸せです…。

あっ、ni-maさんがお留守のため、ラスト30分レポは
ございません。感想など、お待ちしていますー。

①オープニング
河本:こんばんは。次長課長の宮本信子でございます。
井上:その正面にいるのが井上と申します。
河本:さあ始まりました月一レギュラー次長課長のオールナイト
ニッポンR、今夜ももちろん生放送でお送りいたします。
井上:ええ。
河本:毎度毎度スタッフの皆様ありがとうございます。今夜も
ケータリングが届いております。
井上:そうですねえ。
河本:今夜は梅雨明けも間近ということで。
井上:まだ明けてないんですか?
河本:まだ明けてないんですよね、関東地方は。
井上:なんかあれですよね。毎回しらっと明けてますよね。
河本:そうですね。梅雨入りのときだけは告知しますけど。
井上:明けたときは言わないですよね。
河本:明けたときは、晴れましたとか言いますよね。
井上:そんな適当でしたっけ。なるほどなるほど。
河本:ただ夏本番ということなので。
井上:間もなくね。
河本:今回はこちらをご用意させていただきました。サトウキビで
ございます。
井上:出ました。懐かしいー。
河本:失礼やで、冗談抜きで。リスナーの人、想像して。サトウキビ
2本置いてあんねんで。今、ミリって言うたやろ。
井上:これをかじろうっていう発想がすごいよね。
河本:だって台本に「ガジガジとかじって……」って書いてある。
-2人でガジガジ
井上:めっちゃ甘い!
河本:めっちゃ甘いわ。
井上:酔うわ。酔う甘さやな、これ。
河本:めっちゃざわわやん。
井上:カルーアミルク飲んだときの、あれ、わかる?
河本:わかる、わかる。
井上:酔うなあって思うやん。あの感覚と一緒。
河本:わかる。カルーアミルクの感じする。
井上:ごちそうさまっ。もう大丈夫。
河本:ざわざ、ざわざ♪
井上:噛みながら歌うもんじゃないよ。
河本:でもきょうは朝から疲れましたんで。
井上:ずっとやってました。12時間以上収録してましたけど。
河本:さとうきびってどこまで食べれるんやろうね。
井上:この、かすみたいなの出てくるやん。これ食べてええの?
ペってすんの?
河本:それはかみたばこみたいにペッて。
井上:なるほどな。でもすごない?これ、食べれるって思うたん。
河本:だれが最初に食べたんやろうな。
井上:かったいで。かっちかちやからな。
河本:苦労を経てやろうね。何人も歯折れたやろうね。
井上:歯磨きの要素もあるよね。
河本:アフリカの地方では木で歯を磨いたりしますから。
井上:ごちそうさま…。
河本:もうええかな?ほんまマジで。
井上:水飲みた、なってきたな。
河本:ほんまや。めっちゃ甘いやん。
井上:あーーー。まあでも疲れてるであろうという配慮ですよ。
河本:そうですね。いっしゃん並びにスタッフの皆さんありがとう
ございます。
井上:ごちそうさま。
河本:さあ元気よくまいりましょう。次長課長のオールナイトニッポンR!

-オープニングテーマ~七夕の願い事、大喜利、やすこコーナーなど告知
井上:これね、気になる。1個気になるからやっぱ触れていいかなぁ?
河本:どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。
井上:名物コーナーなくなったんですか?やっぱり。
河本:はいっ?
井上:名物コーナーはやっぱり…(笑)
河本:ありますよ。揚げ足取りのやすこ。
井上:じゃなくて、毎回やってたやつ。
河本:毎回やってたやつとは、はて、何でしょう?
井上:ああ、もうないものになってるんですか。なるほど。わかりました。
それ、飲み込みますから。
河本:申し訳ございません。
井上:名物コーナーございません!
河本:名物が消えてしまいました。
井上:うちから名物とりあげたっ!
河本:どうですか?名物。
井上:まあね、毎月聞いてる方はもうピンと来てるでしょうけどね。
河本:まあコーナーの方もね、新コーナー登場してきます。なにせ
名物がなくなりましたので。
井上:一応やりますか?やらないですか?
河本:いやいや、もう。
井上:コーナー名が変わってくるんですね。
河本:コーナー名も変わってきますし、ちょっと触れられないんですよ(笑)
井上:結構ガンガン言ってるのは迷惑ですか?
河本:結構、すみません、始末書レベルになる可能性が。
井上:それはいっしゃんが書くので大丈夫です。
河本:ほんまに、まあコーナーというのはね、水物でションベンみたいな
ものですけどね。
井上:あれっ?聞いたことある。あれっ?どっかで聞いたな。毎月
聞いてたな。
河本:そりゃそうですやん。いつまでも置いてても仕方ないです。
それに頼っててどうするんですか。どんどん出てきて流れていくものです。
それはションベンみたいなものです。よろしくお願いいたします(笑)
井上:うわぁ。意外と楽しみにしてたんやけどな。
河本:いやいやいや、井上さんもう勘弁していただけますか(笑)
井上:ごめんなさい。すいません。始末書になります。
河本:水に流していただきたいと思います。さあそれでは朝5時まで
お付き合いいただきたいと思います。
井上:はーい。→曲へ

②フリートーク
河本:いやー、もうほんとに井上さん。
井上:何ですか?
河本:きょうはほんとにね、疲れました。
井上:俺今スタッフさんとしゃべってるんですから。
河本:やめや、お前!ギリギリやったぞ。
井上:そやな。ごめんね。
河本:作家と2人でばーっとしゃべるのやめてよ。
井上:サトウキビってなめてるんですかっていう話をしてた。
河本:結局気になってるやんけ、サトウキビ。しまっといたらよろしいやん。
井上:何ですか?
河本:いや、何でもないですよ。僕もやっと仮免までいきましたね。仮免の
試験受けれるところまでいきまして。
井上:あっ、じゃあもう一息。
河本:もう一息ですね。もうちょっと頑張りますけど、まだ小島は1日も
行ってないですけども。
井上:忙しいからね。
河本:「仮免の試験ですか、もうですか」って言われましたけども。
井上:(笑)毎回そのやり取りやってんの?2人。
河本:田村ともやってる。で、FLASH開けたら、田村一人で教習所で
頑張ってるシーンだけ撮られてね。俺は字ですよ。ああいうええとこは
週刊誌撮ってくれへんねん。
井上:ええとこっていうかね。夜の部で活躍しますから、あなた。
河本:そう。恥ずかしいねん、あれも。あの後教習所行ったんや、
教習所。みんな言いよんねん「田村さん撮られてましたね」って。
井上:もっといい方に撮ってもらえば?仲良くなって。
河本:誰とですか?
井上:カメラマンの人と。
河本:俺言っとくけどカメラマンと1回も会ったことないからね。
井上:まあね。僕こないだ…話全然変わっていいですかね。
河本:いいです、いいです。
井上:こないだの土曜日休みやったから、僕ね、モンハンやってるじゃ
ないですか。大阪にモンハンカフェっていうのがあるらしくて。
河本:すごいね、それも。
井上:そこ、飛び込んで行ってきたんですよ。すっごい猛者たちがいて。
河本:それはモンハンをやるだけですか?
井上:そうです。カフェといっても、何もないんですよ。飲み物とか。
河本:ないの?カフェちゃうやん。
井上:その一室が部屋みたいな。集会所みたいな。
河本:へー、それはちゃんと告知してるわけ?
井上:風のうわさで聞いて調べて行ったみたいな。
河本:よう行ったな。
井上:ドキドキしたよ。
河本:1人で行ったんや。
井上:いや、3人で。
河本:だれ?
井上:ハラセンとネゴ。
河本:何回出てくんの?ハラセン。何人おんの、ハラセン。ほんまに1人?
井上:きょうも陣内さんと話つけて、「ハラセン僕のものでいいですか」。
河本:(笑)そりゃ陣内さん、いわばハラセンの相方ですよ。で、行ったん?
井上:行きました。で、やったんですけど、すごいですね。
河本:どんなものかよくわかんないですけど。
井上:でさ、川ハンフェスタ08やりますって言ってたやん、前回。
河本:うん。
井上:それ、やったのよ。
河本:結構集まった。
井上:40人近く集まったのよ。
河本:他事務所の人も来て。
井上:そうです。たっちとかもね。スピードワゴンの小沢とか。結局
ミュージシャン系の人たちは来れなかったんですよ。
河本:ほんまに。前言うてましたもんね。
井上:で結構盛り上がって、僕とハラセンは急遽組む形になって、コンビで
出ることになるんでね。急遽出てそれでも準優勝だったんですよ。
河本:タイムアタック。
井上:はい。優勝したコンビ、人力車のイシクラオノっていうコンビやけど。
初めてお会いする方。それがそもそも全国大会優勝の記録よりはるかに
上回るタイムで優勝したの。あっ、芸人もなかなかやるもんだなと。
河本:非公認でしょ?で、公式より抜いてんの?
井上:公式の優勝タイムより速かったの。
河本:そんなやつがおんの?
井上:で、芸人もなかなかやるんだ。やってよかったという思いで先々週の
土曜日に乗り込んだの。
河本:いっちょ肩もんだろかと。
井上:どんなもんか見せてみろみたいな感じで。そしたら、その人たち
俺らがやったクエストの記録タイムの半分のタイムでプレーしてた。
河本:(笑)手、ちゃうん?手。
井上:あのね、指がありへんところに置いてあったのね、コントローラーも。
で、ぺちゃんぺちゃんになってんの。
河本:それ専用の手になってくるわけや。
井上:形変わっとんねん。
河本:やりすぎやろ。へえーーー。
井上:いるんだなあと思って。
河本:ポータブルでしょ?LとRも全部使わなあかん。
井上:すごいのかいま見て、また持ち帰ってね、みんなに。
河本:土産話で持ち帰って(笑)
井上:おまえら何をやっとるんだと。俺たちは一体何やってたんだと。集めて。
河本:(笑)改めて確認ですよ。そういうとき、やーめた!ってなれへん?
井上:あのゲームに関しては、ならないんですよ、だれも。
河本:悔しいと思わへんの?
井上:悔しいと思うんです。
河本:半分ですよ、あなた。尋常じゃないんでしょ。
井上:わたくし、その技を盗みまして、何とか今追いつきました。
河本:仲ようなったの?カフェで。
井上:仲よくなった。
河本:初対面で?言われるやん、次長課長の井上さんですよね。
井上:そうや。受付でいきなり「店長、VIP来たー」って言われました。
河本:(爆笑)
井上:「VIP!VIP!」って言われるんですよ(笑)
河本:少しうっとうしいですね。
井上:「そんなんじゃないんですよー」っておそるおそる入っていったら。
河本:うそつけー。
井上:もうわっといて、人が。で、入れ替わり立ち替わり。みんなすごいのよ。
河本:恥ずかしくない?みんな見るわけやん。
井上:主婦から若い10何歳の子とか30歳とか。あと一番驚いたんが、
キャバクラ嬢みたいな人がいて。その人のプレー時間とかプレー内容とかを
ギルドカードっていって、名刺みたいなのがあって、それ見たら全部
わかるのよ。それ見たら、僕とおんなじくらいでした。僕さんざん
やり込んだと思ったんですけど、キャバクラ嬢の人と同じレベルだったんですよ。
河本:キャバクラ嬢って夕方5時ですよ。で、7時まで最初にごはん食べます。
それから出勤でしょ。1時からアフターで朝5時です。寝てないですよね。
井上:寝てないです。その人と同じレベルでした。
河本:へえーーー。
井上:なんて俺は狭いとこでやってたんだと。
河本:キャバ嬢ですから、指名待ちのときにしこたまやってる可能性も
ありますからね。
井上:その彼氏も来たんですよ。彼氏も同じくらいでした。
河本:へー。すごいな。全国レベルなの?とっくに。
井上:「ちなみにこの中で全国大会出た人っています?」って言ったら
何人か手上げたんですよ。すげえとこに俺来たんやなと思って。
河本:へえーーー。
井上:「井上さん、僕あんときいましたよ」みたいな。
河本:あっ、行ったんだっけ?
井上:うん。僕、ゲストで出たんで。まあすげえなと。まだまだ
終われないなと。
河本:世界大会ももしかしたらという可能性あるわけ?
井上:そこまではまだないんちゃうん?
河本:モンハンにはまだないわけ?
井上:まだそこまで行ってない。でもすごいよ。
河本:おもろいなあ。モンハンカフェ。
井上:怖くて職業聞かれへんかったけどね。
河本:キャバ嬢だけや、わかったの。
井上:うん。
河本:その彼氏もわかれへんやろ。
井上:わかれへん、半ズボンで来たから。
河本:(爆笑)関係あれへん。職業なんでもええやろ。(→CMへ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。