スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次長課長のオールナイトニッポンR② 2008.8.9 

つづきです。
③デニーに続き…
河本:はぁーー……というわけで。
井上:ちょっと前に戻ってたやんか。
河本:2人ともスタジオに戻ってきましたが、私のかちわり盗んだのは
デニー。
井上:とも…。
河本:友利や。
井上:友利。リスナーの皆さんが今調べてくれてるんですかね?
河本:ええ。でもはっきりしたんで、ちょっとすっきりしましたけども。
井上:じゃあ次のやつ、行きましょうかね。
河本:井上さんのやつですね。
井上:さあっ……あれっ?
河本:タイトルコール、井上さん。生!生!生!
井上:さあっ……あれっ?
河本:だめ、だめ。頑張って、頑張って。タイトルコールお願い
いたします、井上さん。
井上:井上!あれっ?
河本:それ、後、後。4時から。
井上:河本さん。
河本:あっ、俺か、ごめんなさい。
井上:違うんです。
河本:えっ?あれ?かちわり、あれへん、井上の。誰や!
井上:帰ってきたら、俺のかちわりもないやんけ。
河本:デニー、エレベーターで巧みなこと、しよんねん。
俺らは階段で下りてん。デニーはそのときもうこっち、
来とんねん。上がって取って。
井上:また刺さってるやん、キャッツアイの。
河本:やばい。デニーやろ?
井上:違う。これ、ジョニーや。
河本:ええーーっ?ショーアップナイターの解説者のジョニー。
井上:デニーとジョニーや。
河本:デニー友利とジョニー黒木や。あいつら、手癖悪いな。
スライダーも変速やったから、どうかなと思ってたんやけどな。
井上:不思議やわ。何でかちわり、取ってくんや、あいつら。
河本:暑いねん。
井上:解説者は暑いの?
河本:暑い。だってナイターのでっかいライトの横やんか、席が。
井上:横って、何なん?空中、浮いてるやんか。
河本:ライトとレフトで分かれてるやん。「レフト側レポーター、
デニーさん」って言うたら。
井上:下りりゃ、いいやんか。
河本:「あつー」言うてる。
井上:河本さん、俺ら、ギャーギャー騒いでるけどさ、スタッフ、
あんま笑うてへんで。

河本:おいっ!
井上:俺らも5階行ってるときも、こんな顔やったん、ちゃうんか。
河本:もっとや。もっとテンション低い。
井上:サバみたいな顔して。
河本:足でやってる。親指でつまみやってたから。
井上:そりゃあ、俺らのとき、みんな帰るわな。デニーやジョニーより
まずそこやで。
河本:これシャレにならん。井上君、シャレにならんよ。デニーとジョニー
すぐ情報くれ。解説者っていうことしか知らんねん。
井上:アドレス言っていいかな?
河本:うん。新コーナー立ち上げよう。そのために動いたんや、俺ら。
いくよ。題しまして、君が知ってるデニーとジョニー情報!。
怒られるねん、そこ、ボリューム上げたら。ほんまにデニーとジョニー
聞いてたら、クレーム来るからな。どっかで会う可能性俺らあるからね。
井上:前の伝説の方は会う可能性1回もなかったから、適当に好き勝手
言ってたけど、これ、あるで。
河本:あるよ。
井上:デニーは遠いかもしらん。ジョニーはあるかもよ。
河本:どうも、こんばんは、とかって。どうも怪盗ジョニーです。
井上:あっ、ああー。いやっ。
河本:ねえ?デニー、おいで。井上さんでしたっけ?
井上:はい。いやっ。
河本:返そうか?デニー、氷買ってきて。
井上:いやいや、違うんです。コーナーの…コーナーとしてやってるもんで。
河本:初対面でしたっけ?今日ね。
井上:そうです。はい…。
河本:その前にいじってね。
井上:すいません。
河本:デニーとジョニー情報ってね。
井上:すいませーん。
河本:ねえっ?ねえ?
井上:ハハハ。なるよ。
河本:絶対なるからね。オールスターの運動会とかあるかもしれんからね。
カブる可能性あんねんで。その割には笑わへんし、どういうこっちゃ。
ほんま、怖いわ。この人ら。でも仕方ないです。突っ走ります、そのまま。
有力な証拠もございますので。
井上:そうですね。カードが刺さってるっていうのが。
河本:で、このカード、特に中日のカード、自分しか持ってないやつですよ。
井上:コレクターはこういうの、挟まないからね。
河本:もったいないですからね。教えてください。身長から年齢から全部。
井上:前の伝説の方と同じような感じで。
河本:ニュアンスはその感じでいいですから。それにちょっとずつ
つけていただいたらいいですから。
井上:突き詰めれば智弁和歌山のファンなんだろうね。
河本:もうやめよ、智弁和歌山、やめよ。拓大広陵とか、その辺にしよ。
智弁和歌山、もうええって。応援しすぎやって。あて先はこちらで
ございます。
井上:jk~、jk~までお願いします。
河本:よろしくお願いいたしまーす。(CMへ)

④フリートーク
河本:井上さん、ほんとによかったですね。
井上:さっきのはさっき。これはこれです。
河本:ほんとに井上さん。
井上:何の話ですか?オリンピックの話ですか?
河本:いえ、27時間のお話なんですけど、27時間でいろいろなキャラクターを
やらせてもらったんですよ。
井上:やりましたね。
河本:私、本田医師からスタートしまして、途中ミートホープの社長やって
最終的に自分のカルピンのコントやったりとか。
井上:いろいろやりましたね。
河本:向上委員会っていうのがね、ずっと出ずっぱりじゃないので途中
休憩があったじゃないですか。で、本田医師を結構引っ張ったんですよ。
3時くらい…いや、もっと引っ張ったね。朝の7時くらいまでかな。
引っ張ったときに、1件だけメールが来たんです。俺の携帯に。
ある芸能人の方なんですけど。
井上:うん。
河本:「本田医師はすごくいい」っていうタイトルで来たのが島崎和歌子さん
だったんですけど。内容が「私は本田医師面白いと思うよ」っていうメール
だったんですよ。
井上:うん。
河本:ちょっと待ってと。すべってるとか言われてもないのに、「私は」って
つけるっていうことは、自分らの周りでは多分評価が薄くて(笑)
私は面白いと思うけど、ダメ?っていうことを余りにも伝えたくてメールして
きてくれたんやけど、嬉しいやら、悲しいやら。1通だけですよ。
井上:まあ、でも大変でしたね、あれは。
河本:大変って言えば、大変でしたけど。
井上:僕も、ベジータ、ずっとやってましたけど。
河本:引っ張りましたね、ベジータもね、結構。
井上:はい。途中草笛名人っていう素人さんのモノマネ、一発挟んだ
んですけども。
河本:唯一素人モノマネしたのが、草笛名人とくりぃむの上田さんの。
井上:映ってないです。上田さんは映ってないですが、日焼けのジョニー
という素人さんのモノマネを一瞬だけされておりました。
河本:やりましたね。
井上:触れられず。
河本:しかも下は水谷豊さんなのに。
井上:ええ。顔だけ黒くして。手書きで日焼けのジョニーって書いて
ましたけどね。まあ楽しかったですけどね。
河本:ほんとにさんまさんにお疲れさまって言いたいですね。
井上:すごかったですね。
河本:27時間もあっての、今日ですよ。
井上:大分遡るけど、僕、テレビ見ないじゃないですか。こないだ
あれを見たのよ。ドリーム…キャスト?ドリームキャストじゃねえや。
ドリーム…マッチ。
河本:ああ、ドリームマッチ。ああ、ああ、ああ。
井上:You Tubeでね。
河本:へえーー、大分前じゃないですか。
井上:いやー、よくできたなあと思いますよ。
河本:まあね。
井上:僕とエドがね、ハズレ組と言っちゃ、なんですけど、余りもんで
やってるわりには、よくやってるなあと。自分がやってるんですけど
そういう気分になれましたね、あれ。
河本:こっちサイドもかなり出来はすごいなー言うてましたよ。やっぱ
みんな知ってるから。選ばれてない4人が、しかもまたハズレて、
ただの選んでない2人が組んだから。その割には、ちょっとドラマ的な
ところもありながら。
井上:こう言っちゃあれですけど、コンビネタのときより僕は頭、
フル回転させましたよ。
河本:まあ相手がエドですからね。で、エドがボケですからね。
あなた、ツッコミという感じでもないですからね。
井上:で、僕がボケをばーって考えてて、立場が逆に1回なったん
ですよ。
河本:なるわな。
井上:僕がボケになっちゃったんですけど、さすがにそれはマズイ
だろうということで。
河本:よかったん、ちゃう?別に。
井上:今思えばそうやなと思うけどね。
河本:エドのツッコミも逆に見てみたいけどね。
井上:面白かったですよ。
河本:ああ、そう。
井上:はい。
河本:指摘というか、そういうことでしょ。何でだよ!みたいなことは
言わへんわけでしょ。
井上:言わないです。淡々と言うんで。
河本:おもろそうやね、それ。
井上:はい。それで行きかけたんですけどね、やっぱり一応趣旨に
のっとって。
河本:そっから戻したん?3時間しかないのに。
井上:1時間でネタできたんですよ。
河本:あのネタ?
井上:はい。
河本:それやったらエド、すごいわ。噛まずにめっちゃ流暢に
しゃべってたやん。
井上:それもめっちゃ練習して。タテイチヨコイチっていう。
河本:ありましたね。
井上:見てない方はわかんないですけど。あそこ、僕は3回に
してくれと。そこの駆け引きで1時間ありました。
河本:こだわっていいですからね。
井上:4回行きたいと、エドは。「もう1回兄さん言わせてください」と。
河本:気にいっとんのかい、エドも。
井上:「エド、そこはあかん」というやりとり、ありましたね。
河本:結局何回言ったんですか?
井上:3回です。
河本:あれっ?3回でやめたっけ。
井上:はい。
河本:逆にタテイチヨコイチのイメージしかないわ。
井上:ああ、ほんと。
河本:だから結構言うてるようなイメージがある。
井上:もう1回挟むと、最後のタテイチが死んじゃうぞって。普段
やったことない人とやるっていうのは、すごい新鮮でしたね。
河本:新鮮やったね。いろんなの見ててもおもろかったね。
小木さんと山ちゃんとことかね。
井上:ただ、俺もう1回出ても、俺もう1回余ると思うな。
河本:(笑)まさかやったからね。
井上:あのな、余った人間がネタをつくるっていうこと、あんた、
わかる?
河本:まだ経験ございませんので。わたくし2回目ですぐ合格しましたんで。
井上:よろしいですな。
河本:(笑)
井上:だから次は俺、辞退させてもらいたい…です(笑)
河本:松本さんのやつ、面白かったですね。井上さんをずっと見てて、
「どっか骨折してんの」って(笑)ほんまに骨折したような顔して
ましたからね。どっか骨折したやろっていう。で、またおもろいのが
陣内さん、残ってるからね。で、二丁目のころ、陣内さんとよう一緒
やったからね。その2人が。ようできてるなあ。陣内さんのところも
まあすごかったけどね(笑)「静ちゃんが全く覚えへん」ってほんまに
カリカリきてましたから。
井上:ええ。ちょっとごめんなさい。大分昔の話で。最近見たんですよ。
河本:大分昔言うても、まだ2週間たってないですよ。
井上:たちましたよ。もう3カ月くらいたって。
河本:たってへんわ。だから頭、使いすぎてんのや。7月23の話ですもん。
井上:ああ、そうか。でも僕はもうごちそうさまです。
河本:いやいや、だから次よ。次誰とやるかやねん。あなた、誰、
行ったんですか?
井上:僕は片っ端から押していきました。誰か、決められなかったです。
河本:設楽さんから順番に行ったっていうこと?
井上:はい、そうです。
河本:俺とは無理やからっていうことですから。
井上:はい。いや、もうお前と正直したかった、俺(笑)俺、余るって
いうのは何となくよぎってたから。
河本:そっちの方が早いしね。
井上:早い。うん。
河本:二丁目のときの5週目のネタ、5分でつくったノリやんか。
井上:ええ。
河本:できるときは早いんですよ。次は誰よ。
井上:いや、もう僕は大丈夫です。
河本:そりゃ、出なあ。準優勝やで。
井上:誰が決めたん?
河本:(笑)いやいや、準優勝。
井上:確かに裏の人、演者は俺らが優勝やみたいなこと言ってくれたよ。
おまえらには悪いよ。おまえらに申し訳ないけど。
河本:ほんまに優勝やと思ってん。出来がよすぎて。これ、人がつくったん
ちゃうんって言うてたんやから、みんなで。絶対つくったやつ、二人で
合わせてんでって言うてたくらい。
井上:俺!俺!
河本:うそつけ(笑)お前、やったな。お前、やったんか?
井上:やったよ。めっちゃ働きましたって。生涯で一番頭使ったと思うよ。
河本:そっちのやった、ちゃうよ。お前、どっかの台本見たな。
井上:ないわ。
河本:ないか?
井上:ないわ。
河本:タテイチヨコイチだけ、したんちゃうやろな。あそこのときだけやで、
ニヤっとしたん、お前が。
井上:えっ?
河本:タテイチヨコイチ来たときだけ、ニヤっとしてたぞ。
井上:だってあっこだけめっちゃ練習したもん。
河本:見たいな、次、エドと井上。
井上:またか。いいけどね、俺、エドがいい。俺も。エドと立場逆でやりたい。
河本:あっ、ボケとツッコミ逆な。それは見てみたいわ。
井上:俺ってなんかどっちつかずやからな。
河本:うーん。
井上:ツッコミでもないし。俺、よき相談相手かもしらん。
河本:(笑)(→CMへ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。