スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次長課長のオールナイトニッポンR①2008.9.13 

『検索ちゃん』とか『世界一受けたい授業』とか、いろいろ書きかけですが
やっぱりこっちから。

【今月の内容】
・ぶどうがり
~ぶとう一房盗難事件
・「ごきげんよう」でまさかの共演
・キングオブコント
・モンハン講習会
・デニーとジョニー
・揚げ足取りのやすこ
~くりぃむナントカ最終回
・大喜利のお題で楽しもう
・眠れない小学生
~お父さんと会話が続かなくて眠れない
・リンガーハットとのり弁


①オープニング
河本:どうもこんばんは。内藤やす子です。
井上:どうも。モンスターハンターの総プレイ時間がとんでもない
ことになりました井上です。
河本:さあ、きょうも始まりました月一レギュラー次長課長の
オールナイトニッポンR。今夜ももちろん生放送でお送りいたしますが。
井上:はい。
河本:毎度毎度ほんとにスタッフの皆様、ありがとうございます。深夜の
3時からということで。
井上:そうですねぇ。
河本:小腹でもすいてんちゃうかということでね。
井上:特にきょうは丸一日働いておりましたからね。
河本:もう12時間とっくに越えてますからね。12時からですね、
スタートが。
井上:そうですね。15時間。
河本:15時間働いてますけども、ちょっと小腹がすいちゃいましたので
ケータリングをまた用意してくださいまして。秋ということで、秋の
風情でございますよ。
井上:秋と言えば、何でしょうね。
河本:いろいろありますね。食べ物以外でもね、スポーツの秋とか、
読書の秋とかって言いますけど、やっぱりぶどうの秋じゃないでしょうかね。
井上:羽野晶紀さんは入ってないですか。
河本:羽野晶紀は入りません。
井上:そこに入らないですか。
河本:羽野晶紀は入ってこないです。
井上:ああ、そうですか。
河本:秋野陽子さんも無理です。
井上:ああ、そうですか。わかりました。
河本:千秋さんはいけます。
井上:いけるんですか(笑)秋…秋の需要ないでしょ。
河本:ということで、今回は千秋がりといことで。いや、千秋がりじゃ
ないですね。
井上:忘れてください。
河本:ぶどうがりということで、上を見てください。
井上:うわーーーー、すげえ!何これ!全然知らんかった(笑)
河本:ぶどうがぶらさがっております。
井上:照明のようにぶどうがぶら下がってますね。
河本:2メートル20くらいはあるでしょうか。手を伸ばしても届かない
距離にですね、ぶどうがぶら下がってます。ぶどうがりは経験したことは
ないですね、あなた。
井上:ないです。
河本:ないでしょ。わたくしもないです。だからきょうは目いっぱい
ぶどうがりをしていただこうと思いまして、どうぞ、どうぞ。井上さん、
立ちましょう。
井上:これ、伝わってるんですかね。
河本:伝わってます。
井上:すげえ高い位置にありますね。
河本:ありますねえ。
井上:ちょっと今、のぼりますね。よいしょと。
河本:あっ、取れました、取れました。
井上:取れました。はい。食べていいですか?
河本:どうぞ、どうぞ、もちろん。いかがでしょう。
井上:うわ、ぶどうだ。
河本:ぶどう。わたくしもちょっと1つ、いただきます。
井上:いっぱいありましたよね、ぶどうが(もぐもぐ♪)
河本:ぶどうだ。
井上:あれっ?
河本:種ありかいっ!
井上:ちょっと!
河本:種ありでしょ?
井上:違う違う。
河本:種ありの苦情、いきましょう。
井上:取ろうと思ったら、見て!あっこ、一房、全くなくなってる!
河本:あれっ?枝だけ残して一房丸々いかれてる。
井上:三房あるのに、一房取られたぁ。
河本:誰ですか?
井上:ちょっと待って。なんか横にカードがついてる。
河本:カード言うた時点で結構確率高いで、うちの番組でカード言うたら。
井上:取っていい?
河本:取っていいですよ。
井上:これ、ひょっとして前回の。ちゃうか?わからん。
河本:智弁和歌山好きの?どっち?
井上:ああ、これ、デニーや。
河本:デニーの方かいっ!

-キャッツアイのテーマ
河本:また出た、デニー!
井上:その横にジョニーがおる。
河本:デニーとジョニーやられた!一房いかれた。2時入りやねんけどな。
井上:どういうこと?デニーとジョニーが一房取ってったん?
河本:取ったな。
井上:ということはデニーとジョニー、登ったん?机。
河本:登った。2時からおって、2時半くらいに仕込みしたんやけどな。
誰一人こっから出てないのに、どうやって取るのよ?天井からすっと
抜いたとしか思われへんで。これ、怖いですね。デニーとジョニー。
井上:何なん?ここはすぐ物取っていくん?前回の、前回というか、先代の。
河本:ええ、先代の方。
井上:(笑)先代の方もね、結局闇に包まれたままですよ。
河本:いや、逃げ切りましたからね、先代は。
井上:先代はね、逃げ切ったか(笑)
河本:まんまと逃げ切りましたよ。今どこにいるのかわからない。
井上:ていうか、もう会っていいんちゃう?
河本:今はいいです。ゲストで来ていただいても。このデニーとジョニー
ややこしいな。気をつけて、スタッフも。取られるよ。物だけだったら
ええけどな、デニーとジョニーのとりこになってる時点で心まで
奪われかけてるからね、怖いんですよ。
井上:これ、ごめん。どういうあれやったっけ?どういう流れでこれに
なったんやっけ?そこ、忘れんけど。わーわー言うてるけど。
河本:何でこうなったんやど。何でデニーとジョニー、2人や思うたん
でしたっけ。あっ!ああっ!そうそうそうそう。
井上:なるほど。
河本:ごめん、ごめん。わかってる、わかってる。怒るなって、リスナー。
ショーアップナイターの解説やったんや、2人。
井上:あっ、怪しいからデニーとジョニーになったんや。
河本:でもショーアップナイターって大分先の話やで。
井上:だってきょう日付かわって、ショーアップナイター、田尾さんやで、解説。
河本:えっ?田尾。
井上:煙山さんと田尾さんやで、きょう。
河本:煙山と田尾か。危ない。デニーとジョニーの手下やからね。
井上:えっ?手下なん?そうなんや。
河本:危ないよ、ショーアップナイター軍団は。
井上:すいませんね、リスナーの方ね、歴史があるんですよ、これは。
河本:深い歴史があるんですよ。
井上:説明できないね、歴史があるんです。
河本:私たちも説明したいですよ。
井上:先代のこととかね。
河本:したらだめって言われたんですよ。まあ先代はよう取ったね(笑)
井上:もういいですよ、先代の話は。
河本:じゃあいきますか。
井上:はあ。
河本:ねえ。気分変えて、デニーとジョニーに取られへんように。この番組
のっとる可能性もありますから、いきましょう。それではまいります。
次長課長のオールナイトニッポンR!

-オープニングテーマ
河本:改めましてこんばんは。大塚寧々です。
井上:全然違うと思うよ。…の井上です。
河本:よろしくお願いします。
-デニーとジョニー、大喜利お題コーナーの告知などあり
河本:そして揚げ足取りのやすこ。今回もじゃんじゃん揚げ足とってます。
特にあなた。あなたの発言で結構来るんですよ。
井上:僕の発言ですか?
河本:あなたがね、結構やいややいや言うんですよ、リスナーに。
そうしたらすぐやすこが。
井上:どっちかっていったら、素材はあなたの方が多そうですけどね。
河本:私のは余りないんですよ。今日も来てますけど、早速ありましたから
あなたの揚げ足。
井上:そうですか。わかりました。気をつけます。
河本:メールの方もどんどん送ってきてください。あて先こちらでーす。
井上:jk@~、jk@~です。
河本:よろしくお願いいたしまーす。
井上:はい。
河本:それでは今夜の1曲目聞いてくださーい。中川翔子で"続く世界"。

②フリートーク
河本:何を言うてんの?ほんまに。
井上:えっ?
河本:「次男にしてください」って。あっ、ちゃうんか。ジングル?今の。
井上:そうやで。
河本:生放送で言うてるんかと思って。
井上:お前、しゃべってたよね。
河本:ああ、そう。もうね、井上さん、大変なことが起きたんですよ。
井上:何ですか?
河本:井上さん。
井上:いろいろフリートークですけどね。フリーですから、黙ってても
いいんですけどね。自由ですから。
河本:何しててもいいんですけど、マネージャーの内藤から連絡来まして
今度、「ごきげんよう」に出てくださいと。
井上:はいはい。
河本:結構出たんですよ、次長課長。確か、月間何とか賞。
井上・河本:MVP。
河本:を取ったくらい。
井上:いただきましたね。5月の部ですか。
河本:だったかね。
井上:えっ?2回出たんやったっけ。
河本:そうやね。さいころ12回くらい振ってるんですよね。
井上:さいころは9回振ってます。
河本:9回中。
井上:7回当たり目。
河本:7回が当たり目なんですよ。これとんでもないことで。
井上:記録らしいですね。
河本:記録です。ほんとライオンさんと相性ええなあって思うてて。
井上:その2回のトークのうち、1回はCMでつぶれましたから
実質1分くらいしゃべっただけです。
河本:そうです、そうです。その「ごきげんよう」に出てください。
「えっ?次長課長で結構出たで」言うたら、「いや、河本さん1人でちょっと
出てください」。
井上:おお、おお、おお。
河本:「あっ、そう。1人で?」
井上:1人であれ、出るようになったらもう一流やからね。
河本:一流ですね。ありがとうございます、言うて、「ラインナップだけ
教えてよ」って言うたら、実は通常回じゃなくて、特別なくくりの週間に
なってますので、3人1組で出るんですよと。良いパパタレント3人衆
みたいなので出てほしいんですよと。
井上:ほお、ほお。
河本:ラインナップだけ教えて言うて、メールが来たら、つるの剛士君ね。
つるの君3人子供おって、今人気絶頂ですよ。つるの君と次長課長の河本さんと。
「ああ、もう芸人ばっかりやんかー」っていう話をしてたら、あと「黒木さん」。
井上:えっ?(笑)
河本:「黒沢やろ?あっ、パパじゃないな。何の黒木?」「いやいや、黒木さん」
「タレントで黒木さんって、瞳さん?」。「パパや、言うてんねん」。
井上:そうやね。
河本:「黒木さんって知りません?元ロッテ…」。
井上:(笑)あれっ?
河本:「もしかしてやけど、通称ジョニー?」
井上:ハハハ
河本:だから言うたやん!俺、デニーとジョニーのときに言うたで。会う
確率多いで言うて。
井上:ハハハハ
河本:俺が困るでって言うて。先代は会う確率少ないから、さんざん僕ら
いじり倒しましたけど。
井上:結構無茶言うてたよ、先代は。
河本:ショーアップナイターなんかは、もしかしたらあるでって。もし会ったら
どうするの?って言ってたら「ごきげんよう」で来たよ。なあ?どうする?
肩叩かれたら。「何か取ろうか?」とか。
井上:「いつ取った?」みたいな(笑)
河本:「河本君だっけ」
井上:「聞いてるよ」みたいな。スタッフさんか誰かが聞いててさ、耳打ち
するん、ちゃうん?ジョニーに。
河本:怖くて怖くて…(笑)
井上:「泥棒扱いしてますよ」(笑)。
河本:(爆笑)めっちゃキレたらどうしよ、「ごきげんよう」で。
井上:来てもらう?「取ってません」って言ってもらう?
河本:「取ってません」っていうのもおかしいやん(笑)俺らが勝手に
いじってよ。
井上:もう会うたん?
河本:まだですよ。
井上:今度会うの?
河本:今度収録ですもん。
井上:なるほど。そんときさ、電話で……電話していいですかって。もし
起きてたら。失礼か。
河本:収録のときに?
井上:来月のこのときにもし起きてはったら。
河本:俺、言おうか。意を決して。実はデニーさんとジョニーさんの
コーナーのを僕らがやってるんですよみたいな。野球解説のすごさ
みたいなのを。
井上:うそで固めていいの?
河本:「明日の予想をしてるんですよ、2人で。電話にちょっと出て
もらっていいですか」って言うて、電話に出して、「何取ってん?」(笑)
井上:(笑)
河本:ブチキレる…(笑)
井上:きょとんやで。
河本:(笑)怖いわあ。もう近々やんなあ。もう1週間ないなあ。
井上:仲良くならん……仲良くなるに越したことないけど、仲良くならんで
いいから、それっぽいしぐさ、出したら教えてよ。
河本:どういうこと?(爆笑)お前…。
井上:多分取ったんやろな、みたいな。
河本:お前なあ、お前なあ、言うの?
井上:おやつとか、あるやん。おやつ出るなん。お前のとか、ぱって手が
行ったら確定やんか。
河本:おやつもな、今回凝ってるらしいねん。それぞれのおやつが。
井上:なるほど。
河本:あれ、トーク終わったら自分で持っていくやん。
井上:そうやね。
河本:俺、あんとき持たずに行くから、「ジョニーさん、またやったん?」
井上:だから一番手っ取り早いのが、お前がジョニーさんのをさりげなく
持って、ジョニーさんがお前のを仕方なく持つやん、多分。そのときに
手、ぱってつかまえて。
河本:「ほら、やった!見て!」
井上:ハハハハ(爆笑)リスナーはわかるね。現行犯だから。
河本:やっていい?
井上:うん。
河本:俺ジョニーさんのおやつ持つから、ジョニーさんが俺のおやつ
持ったら、手持っていい?
井上:持っていいよ。
河本:「それ、俺のなんですけど」。
井上:おっきい声で。
河本:でもほんまにしーんとなるで(笑)「君が持ったからだろう」って
言われるけど、俺そこ無視して「いやいや、じゃなくて取ったでしょう」。
井上:で、小堺さんに、「ちょっとすんません。1回止めてもらって
いいですか?」
河本:(爆笑)
井上:「この人こうなんです。普段からこうなんです」っていうのをお前が
説明せな、あかんで。
河本:俺が不穏な空気にしたら、CM入れてくれるやろ。ごきげんよう~♪って。
井上:CMあけたときの2人の表情も楽しみやけどな。
河本:そうやな。目も合わされへんし、背向けてるから。
井上:それは楽しみやね。これ、運命じゃない?
河本:これ、運命かな。こんな早くに。だから言うたやん。
井上:だからお前が逆にジョニーの物をなんか、取れ。取って、ここで
取り引きというか、交換。「俺らの取ったやつ、持ってこい」って。
河本:いいですよ。そうしますよ(笑)
井上:やってほしいねえ、なんか。ここ聞いてる人にしかわからんことを
やっぱりやってほしいわけやん。運命だから、それは。
河本:これ運命感じてるのが、大阪に知り合いのママがいるんですけど
そのママを通じるとジョニーさんと俺、会うてるらしいんですよ。
お店が一緒やったとか。だからちょっとね、これは僕がやりますよ。
本番中にやります。「もうやめよ」って言います、いきなり。
「小堺さん、ちょっと静かに。ほんと静かに」
井上:そんなしゃべらへんで。
河本:「もうやめよ、ジョニーさん」。
井上:から入るの?最初にさあ、ばーってオープニング出てきてさあ、
なんか一言書いてるやん。
河本:それもあんねん。
井上:そこにはもちろん書くんでしょ?「もうやめよ」。
河本:「これ何?」
井上:「これ、ジョニーさんです」って。
河本:(笑)お前、ジョニーさんが取った話やんけ、いいパパ集合で。
井上:それは皆さんぜひ楽しみにしましょうよね。
河本:うん…(笑)書きます。「もうやめよ」って(笑)
井上:どうします?C-1グランプリって書いてますけど。
河本:うん。C-1。ああ、コントワン。キングオブコント。
井上:コントワン、あのね、だめでしたね。
河本:あきませんでしたわ。すんません。
井上:ねえ。
河本:キングオブコント。
井上:うーん。イケたと思ったけどね。
河本:まあね。
井上:正直。内心どう思ってた?
河本:内心は最初のくだりから、行ったなと思ってた。
井上:ハハハハ
河本:明転したときに、お客さんの顔、「これ、行ったな」って全員
聞こえたもんね。
井上:確かになあ。手応えはあったけどなあ。
河本:手応えはあったんですよねえ。
井上:だめだったねえ。
河本:結構ねえ。まあその8組もね、いいメンバーがそろって戦って
くれるんでね。審査をせんとねえ、どう考えてもねえ、難しいですよね。
井上:落ちた人間が審査しますから、どうなんだろう。
河本:いったと思ったけどな。1回戦のときに、「決勝行くんだな」と
思ったけどね。
井上:最初から僕らが審査すればいいのになってちょっと思っててん、
1回戦から。
河本:確かにね。そうそうそうそう。自分らでね、投票してってね。
歯のないおばちゃんやったときに、「俺行ったな」と思ったね。
井上:まあまあまあまあ、だめでしたが、テレビには出ますので。
河本:まあ何とかね、頑張って出ますから。井上さん、いかがだったんですか?
井上:何がですか?
河本:ここ最近といいますか。また大会開いたんですか?
井上:大会開きました。ゲームの。モンスターハンターの大会というか、
交流会ですね。
河本:もう交流会って呼ぶようになったんですか。
井上:そうですね。僕の知ってる知識を全員に教えるという。
河本:もう講習会じゃないですか!交流会じゃないですか。それ、講習会
ですやん。起立!みたいなことになってますよ、井上さん。
井上:あいさつから入りましたから。
河本:(笑)
井上:椅子の上に立って。
河本:講習会ですやん。
井上:30何人くらい集まりまして、また。
河本:ええっ?そんなとこまで来てるん?吉本だけじゃなくて?
井上:はい。発売してから半年くらいたちますよ。それによってね、
もう一線を退いた方もいますし、未だにねちねちやってる方もいますし
黙々とやってる人もいますよ。
河本:はあ、はあ。
井上:そういう人にね、今回の交流会を通じて何か新しいモンスター
ハンターを見つけてみてはどうですか?みたいな開会の挨拶。

河本:(笑)
井上:みんなが「おー!」って言ってやるんですよ。
河本:講習会ですよ。うちの嫁がOPDのライブやったときにゴスペラーズの
メンバーが3人来てたんですけど、井上さんと電話番号かメールを交換した人が
井上:酒井さんですか。
河本:酒井さんでしょう。「何で僕呼ばれないんですか?」って言ってましたけど。
井上:ハハハ
河本:あなた、一応メールしてあげてください。ほんまにへこんでましたから。
井上:ほんとですか?
河本:多分どこかで大会の噂を聞いて…あっ、言ったんだ。
井上:言ってない。俺、酒井さんには言ってないもん。
河本:(笑)だから酒井さん、呼んであげてほしいのよ。きょうもね、俺に
ポータブル見せんねんけど。酒井さんがぜひやりたいみたいなこと。
井上:全然いいですよ。
河本:これは伝言です。
井上:誰でもいいです、僕は。タレントの方ね。
河本:来たれと。タレントの方しかだめですもんね、講習会には。
井上:一応一般のすごい人たちの中に1回紛れて僕やってますから、
世間がどれくらいすごいのかというのを。
河本:カフェでしょ?モンスターカフェ?
井上:モンハンカフェに行ったときに、俺何やってんだってちょっと
思ったんですよ。
河本:バッシバシにやられたわけですね。
井上:そうです。そっから努力してその人たちのタイムとかね、あるんですよ。
クリアタイムとかそれを塗り替えたり、追いついたりしてずっとやってて
それを芸人たちにね、教えたいんですよ(笑)
河本:どうやったら勝てるかみたいなこともあるわけですか?
井上:これが世間だぞっていうのを。俺ら、ぬるいぞって。
河本:テンション上がってね、「このタイム出ましたよ」みたいなこと
言うたら、びっしゃーですよね。
井上:そうです。
河本:正式な大会もあるわけでしょ?
井上:それはもう終わったんですよね。
河本:もうないんですか?
井上:はい。ほんとにすごいよ、あれは。終わりがないもんねっ。
河本:そんなゲームに出くわしたことがないから、まだちょっとね、
ゾクゾクっとするものがね。
井上:とは言いつつも、イナズマイレブンもやってんねんけどな。
内緒やったけど、お前に。
河本:いや、内緒とかじゃなくて。
井上:イナズマイレブン。
河本:楽屋でしょわしょわーって聞こえてるから、これモンハンじゃ
ねえだろうなと思ってたから。
井上:まあDS持ってる時点でな。
河本:モンハンかと一瞬思ったけど。
井上:いろいろやってますよ、そりゃあ。
河本:だから今度は何のソフトで大会をされるんですかっていうことも。
井上:それもミーティングしました、こないだ、朝方。朝6時くらいから。
河本:会社開いたらどうですか(笑)
井上:えっ?
河本:それで会社、一大プロジェクトをしたらどうですか。
井上:全然先の話ですけど、ちょっとイベントを打ってみようと。
河本:絶対やった方がいいですよ。めちゃめちゃ集まりますよ。
井上:お客さんを入れて、緊張感のある中で黙々とやってみようかっていう。
河本:絶対いいと思いますよ。ロッシーも1人でトークライブやってますけど
ずっと1人で桃鉄やってましたよ。結構盛り上がってます。
井上:今年のいつか、できたらなって思ってるんですよ。
河本:今年?結構時間ないですよ。もう9月ですよ。
井上:大丈夫です。ゲームするだけですから。全然作家もいらないですし。
河本:小屋を押さえなきゃいけないです。
井上:そこももう話はしてます。
河本:あらー。どこでっていうのはまだ内緒なんですか?
井上:どうせ近所です。
河本:(笑)
井上:どうせ近所です。
河本:楽しみですね。俺もチケット買います。ドームでしょ?都内の。
井上:はい(笑)
河本:殺到するで、ドームに。→CMへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。