スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑っていいとも! 2009.4.2 

『ショコラ』も『シルシルミシル』もまだ見れてないけど
こっちを先に。
あっ、その前に雨上がりJUNKのレポをいただいたので
ここに貼らせていただきます。

蛍原:僕ねぇ、この中川家と次長課長の即興コントっていうのがねぇ。
宮迫:これね、ほんまねぇ。もう自画自賛なんですけど、ホントにおもしろいんですよ。
加地:今度ね、ぜひ友近も入れて5人でやりたいんですよね、1時間。
宮迫:あぁ、なるほど。
蛍原:友近もう出れるんじゃないですか?
加地:そう、次課長も友近も。
蛍原:出れるんじゃないですか?
加地:変わるんで。
蛍原:裏番組の関係でいろいろあったんが。これからの。
加地:まだオファーしてないんですけどね(笑)
蛍原:オファーしようよ!
加地:ここで言っちゃった(笑)
蛍原:オファーしようよ、これからのちょっと。春からのねぇ。
~中略~
蛍原:次課長も出てもらいたいしね、やっぱり。
加地:そうなんですよね。

いいこと続きで、ちょっと怖いくらいですー。
■司会者さんいらっしゃい!■

加藤:本日の司会を務めていただきますゲストの方を御紹介します。次長課長さんです!

-次長課長センターから登場
河本:よろしくお願いいたします。
井上:よろしくお願いしますっ。
河本:笑っていいとも始まって以来ですよ。ゲストの方が司会をやるという。それの第1号が次長課長でございます。
観覧席:おおーーーーー!
河本:(パンパンパンっ→タンメン顔)
徳井:タンメン出た!久々。
タモリ:(河本に)顔の周りにのりしろ?
河本:のりしろじゃございません。
井上:大分多いですけども。
河本:余り勝手なこと言わないように。パネラーなんだから。
タモリ:(笑)
河本:タモさん、静かにしてくださいっ。
タモリ:(笑)
徳井:井上さんがこの服(=赤スパンコールジャケット)着てるの恥ずかしそうな感じなんですけど。ノリきれてないですけど大丈夫ですか。
河本:そうですね。三流ホストみたいな感じですけど。
井上:大分抵抗ありますけどね。
加藤:それではタイトルコールをお願いします。
河本:次長課長の。
河本・井上:こんな大物芸能人は困る~!
河本:大物芸能人という方はむちゃくちゃ言われたり、若手芸人は困らされることが多いんです。
徳井:あります、あります。
河本:これは鶴瓶師匠とタモリさんはわからない。
タモリ:わからない。気つかってるんだけど。
河本:確かに気つかわれてることもあるでしょうけども、さっきみたいにのりしろがどうしただとか、そんなこと急に言われても。
タモリ:のりしろはのりしろだからね。
鶴瓶:国語の「国」という字に似てるよね。
井上:真ん中に集まるという。
河本:だれがやねん!国じゃないでしょ。この辺(=口の横)に点、あります?
井上:逆ですけどもね。
タモリ:(井上に)カラス天狗?
井上:カラス天狗?
河本:カラス天狗じゃないです。
井上:何をもってカラス天狗なのか。
河本:こういう勝手なことが多いんですよ。
井上:ほんとに急にね、カッパ界の木村拓哉から始まって。
河本:前に出たときはカッパ界の木村拓哉だったんです。
井上:カッパ界のキムタク。
河本:じゃあちょっと見てみましょうかね。じゃあ好きなところから。
タモリ:ええっ?1からいけばいいのに。
河本:1から順番じゃなくてもいいです。
井上:何でもいいです。
河本:鶴瓶師匠、何番か言っていただければ。
鶴瓶:1番。
河本:じゃあ2番行きましょう。こういうね、司会者の方もいらっしゃるんです。そういう手口の方が。
井上:要はあるあるなんですよね。
河本:じゃあ師匠、いいですか?2番で。
鶴瓶:国が言うならしゃーない。
井上:国になりましたね。国に認定されましたけど。
河本:いやいや、国に認定されても。

-②〈     〉ボケをする
井上:ほにゃららボケをする。
河本:鶴瓶師匠。
鶴瓶:俺、当てられるの?
河本:ちょっと待ってください。だれも興味ないんですか?このシーン度、何だよ。
井上:ちょっと持ちましょう。
徳井:はい!
河本:徳井君。
徳井:順番の…順番がめちゃくちゃ…。
鶴瓶:ちょっとこいつ今日調子悪い。
徳井:悪くないですよ。
鶴瓶:見切り発車しおる。
徳井:あなた方がだれも興味持たないねんからでしょ!
井上:助かります。
河本:助かりますよ、徳井さん。
徳井:順番がめちゃくちゃなボケをする。最初にこのくらいのボケをいっといたほうがいいのに、すごいとこのボケを。
井上:流れを無視したボケ。
河本:無視したボケをする。違います!
福田:当てていいですか?コンビ名の名前間違いのボケをする。
河本:かなり惜しいです。
福田:課長係長のお2人ですとかね。
井上:おしい!
山口:何々さんです、何々さんです、以上ですーみたいな。
河本:「以上のメンバーでお送りいたします」、正解でございまーす!
井上:これはね、皆さん経験あると思いますよ。
河本:若手の方は経験されたと思いますけど、鶴瓶師匠、タモリさん、ないでしょ、そういうの。
タモリ:ないね。
河本:せっかくですから今日やってみます?わかります?これ。
鶴瓶:わかっとるがな、何遍も言わんでも。
河本:まずは……。
鶴瓶:まだおるやんけ!
河本:早い!早い!こういう人、流れを無視する人。それやられたら、若手の人が萎縮しちゃって何も言えないから。黙ってていただいていいですか?ではいきましょう、チュートリアルのお2人!青木さやかさん!そしてお兄ちゃん、つっちー!ぐっさん!南野陽子さ~ん!以上のメンバーでお送りいたしまーす。
タモリ:おーいっ!
全員:(笑)
河本:新鮮!
青木:うわ~、貴重だわ!
井上:新鮮。おーいって!
土田:アンタッチャブルの山崎ばりのおーいでしたね。
河本:ひな壇の一番上でしたよね。
鶴瓶:言うた後、耳赤いねん。
井上:ちょっと照れちゃいましたね。
河本:こういうこと言っても、鶴瓶師匠はやらない。それでそこいじられる。やってくださいよ。いやらしく自分だけ…。
鶴瓶:全然大物ちゃうやん。こんなツッコまれるの、おかしいやん。
河本:こういう方がいらっしゃるということです。
井上:こういパターンあるね。
河本:続いて何番いきましょうか、青木さやかさん。
青木:5番いきましょうか。

-⑤平気で〈         〉
河本:わたくしも1回鶴瓶師匠にこれをやられたことがあります。
鶴瓶:公開いじめですか?
河本:今日はそういうところを勉強していただかないと困るということです。
福田:河本さんがされたの?
河本:実際これをされたことがあります。しかも本人は無意識の状態です。
福田:平気で浮気のエピソードをばらされる。
河本:僕のですか?だれがやねん!何全部飲み込んで、ばーって出してんねん。昼間から。ややこしいねんから。
井上:そっちの引き出し多いですからね。
河本:しかもつっちーおるから怖いねん、ほんまマジで。
井上:主につっちーですからね。
河本:あの人すぐに爆弾ぽーんと放るから。
井上:「いいですか?」って言い出すからね。
河本:それこそこの「平気で」っていうのはつっちーも入りますからね。平気ですぐ僕に爆弾を落とす。
井上:つっちーがって書いた方が早い…。
土田:平気で阿佐ヶ谷の話とかを……。
河本:たいたいたい!
福田:たいたいたい?(笑)
井上:何がたいたいたい?
土田:爆笑さんの事務所のタイタンはあるかもしれないけど、阿佐ヶ谷に。
河本:あるんですよ。たいたいたいっていう事務所ができたんですよ。
徳井:阿佐ヶ谷まで。幅広いなあ。

南野:時間がないのにしゃべる。
徳井:平気でトークをぶったぎる。
河本:ああーーっ、いいでしょうかね。「平気でボケをつぶす」といいますか。
鶴瓶:これ、よく僕しますね。無意識です。
河本:なぜかというと人の聞かないんですね。なので僕がここで完全なオチですよって言ってるそのオチ前のときに、「そうや、思い出した!」。
タモリ:ある、ある、ある。
河本:いや、あるあるじゃなくて、皆さん困って…。
鶴瓶:それはね、この人(=タモリ)に教えてもろうた。この人もちゃんとしようとしてるときに変な動きするよ。
河本:チュートリアルもありますか?今「いいとも」やってて、タモリさんと鶴瓶師匠に。
井上:こういう経験が。
徳井:思い出したことはすぐ言いたいんですよね。
タモリ:この人(=鶴瓶)は特にそうなの。「そや!」
井上:確かにびくっとすることは多いですよね。
河本:僕は「すべらな話」の犬のタロ吉という話があって、べー師匠とその話をしてて、タロ吉がって言ったときに、「そや!それ聞いたことあるわ」。
井上:それ、言うたらダメでしょ。
河本:言うたらダメなんです。
徳井:ほとんど言ってしまうというね。
井上:6~7割言ってくれる。
河本:それは困りますねえ。続いていきましょう。
山口:7番!

-⑦河本を<          >
井上:これよくあります。よくあるんですよ。
河本:河本をホニャララなんですけど。
鶴瓶:ああ、名前間違える。かわもと。
河本:さらっといくなあ。そう正解!
井上:さらっといきましたね。
河本:手を挙げることもなく。かわもとや。答えがずさんなんですよ。
鶴瓶:このコーナー、俺が叱られるコーナーなの?
河本:「なあ、かわもと?」「は…はい…」っていうのが。
福田:もう言い出せへんな。
井上:僕もその収録中はずっとかわもとになっちゃうんですよね。合わせちゃう。
土田:俺も土屋とか上田っていうのがあったりとか、あと何回か絡んだ大物の人たちだと、仲いいよって感じで「うっちー」って言う人もいるからね。うっちーは内田だからね。
井上:全く違うもんになりますからね。
河本:これも大御所の方もよく間違えられる……。
→CMへ

-最後は強引にCM入りしちゃった(笑)前半の「問題に食いつかないパネラー」、後半の「鶴瓶師匠にかき回される」感じがあるあるっぽくて面白かったっ。徳井さんに「ノリきれてない」と言われてた井上さんは、登場前、ノリノリポーズだったけど~っ。「コーナー司会者次長課長」ってテロップはちょっと嬉しかったな。
河本さんが言ってた「お兄ちゃん、つっちー」は、太田さんがつけた変なキャッチフレーズ「愛しのお兄ちゃま」より、ですよね。「検索ちゃん」視聴者にしか伝わらない…。タモリさんがカラス天狗を覚えててくれたのには飛び上がりましたっ。
先月だったか、高橋英樹が「日本人テストSP」の番宣で「いいとも」に出てて、こういうのは若手に任せてくれよ~って地団駄踏んだとこだったので、今日の出演はとっても嬉しかったです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。