スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはスタ 2009.4.13 

ブラマヨゲストのバナナマンJUNKに名前だけ。

設楽:今日はいろいろと基本的なことを聞きたいんですよ。
いつ結成したんですか?
日村:ここからが本編です。
設楽:何期生なんですか?
小杉:大阪NSCの13期生ですね。
設楽:同期は誰ですか?
小杉:次長課長。チュートリアルの徳井。
吉田:野性爆弾。
小杉:クワバタオハラのメガネの方。
吉田:あとスピードワゴン。
設楽:えっ?スピードワゴンも?
小杉:ほんまはちょっと先輩なんですけど。でも同期みたいな感じでしゃべってますね。
(中略)
吉田:僕ら2年遊んでからNSCに入ったから、同い年の人は大概先輩ですね。
設楽:俺らは芸歴で言うと16年とかだから。
小杉:次長課長とかとはどんな感じですか?
設楽:次課長は、なんか友達みたいな敬語。こんな感じですね。
小杉:友達敬語?
設楽:東京というか俺らの事務所は上下関係が全然なかったから。
日村:つっちーとかが、「何で河本に敬語使うの?」とか、
言ってくるんだけど、つっちーはそういうのが上手なんだよね。
俺らはほんと下手だから、未だにちょい敬語にもなるし。

これだけですがっ。
でも小杉さんが同期として真っ先に名前挙げてくれたのは
嬉しかったなあ。


【4月13日(月)オープニング】
河本:4月13日月曜日。
AKINA・河本・井上:オーハー!
河本:やっと慣れたかな。河本だよっ。
AKINA:サブキャスターのAKINAだよ。
井上:井上だっ。
河本:(笑)解説の?ってならへん?大丈夫かな。
AKINA:まあいいんじゃないですか?
井上:どうしましょう?大人で集まって会議しましょうか?
河本:(笑)しなくていいです。
井上:いっぱいいますから。
河本:しなくていいです。

【4月13日(月)おとなの階段のぼる講座】
AKINA:本日勉強していただくのはこちら。「満員電車での新聞の読み方」。
河本:確かにね、満員電車、時間をどういうふうに有効に過ごせるか。これ、新聞の読み方でほんとに変わりますから。
井上:逆にキッズが新聞読み出したら、日本変わりますけどね。
河本:キッズにももちろん新聞読んでもらいたいですけどね。

-コウモト先生のお手本
河本:(電車に乗り込み)押すなって。押すな。絶対押すやん。痛っ。すんません。(短冊状に畳んだ新聞を取り出し、読み始める)
井上:読めるもんなんですね。
AKINA:ねえ。
井上:もっと広げるイメージがありますけどね。
河本:おっ、着いた。(電車を降りて)あかん、市ヶ谷やった。間違えた。また次の電車、待たなあかん。……はいっ、これです。
井上:なげーーーー。
AKINA:先生、ポイントは?
河本:ポイントは新聞にありますよ。事前に新聞をM字型にしておくことが必要なんです。
井上:読めてるんですか?
河本:読めます。
AKINA:ちゃんと違う面を見てますよね。

-イノウエくんがトライ
井上:(電車に乗り込み、短冊型新聞を読み始める)
河本:いいですよ、いいですよ。
井上:(つり革につかまったまま寝てしまい、新聞を落とす)
河本:寝ちゃダメなんだよ!寝ちゃだめなんだよ、お前。落ちましたよ。
AKINA:拾ってください。
河本:寝る方に集中しちゃだめなんだよ。
井上:すいません…(新聞を拾って読み始めるも、また落としてしまう)
河本:寝ちゃだめなんだよ、お前!
AKINA:だめですよ。拾ってください。
井上:着いたー。着いたー。(電車を降りる)
河本:まあ短冊にはしてましたからね。
AKINA:そうですね。
河本:多少寝ちゃいましたけども、これはこれでいいと思いますよね。
AKINA:今日は「満員電車での新聞の読み方」を勉強いたしました。
井上:まだ四ッ谷…。
河本:(笑)
AKINA:キッズの皆さんも大人になったらきっと使うときが来るので
井上:四ッ谷の…。
AKINA:そのときまでしっかり覚えておきましょう。
井上:今、四ッ谷のくだり、やってるんですけどね。
河本:(笑)
AKINA:それではキッズの皆さん。
AKINA・河本:さようならー。

-これって10本撮りでしたっけ?いつねた切れになるかとそろそろドキドキしてきたんだけど、今日は普通に朝ごはんトークなどあり、楽しい~。「パンはいいよね。パンに裏切られたことないもんね(井)」「井上さん、1回もないんですって(河)」。おとなの階段のぼる講座が井上さんボケのコントなら、激ムズ漢字講座は大喜利だ~。今日も「えくぼ(靨)」を「顔」の右側が凹んだ漢字を書いて、「顔自体にえくぼ作っちゃだめじゃん」と河本先生にツッコまれていたのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。