スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはスタ 2009.4.16&17 

『笑・神・降・臨』に始まったこの2週間は、
『ものまね紅白』・『笑う春休み』・『イロモネアSP』
そして毎朝『おはスタ』。すごく豪華でした。
ネタ見たい欲が十分満たされた!

『イロモネア』もよかったよーーー。
一番ドキドキするサイレントが安定感に満ちあふれてたんで
いつもより緊張しなかったかな。
モノボケはやりたいことがありすぎて時間の方が足りない
気がする。これってすごいこと思うー。

【4月16日(木)オープニング】
河本:4月16日木曜日。
AKINA・河本・井上:オーハー!
河本:河本どすっ。
AKINA:AKINAだべー。
井上:井上です。お願いします。
河本:(笑)キッズたちがほんとに井上さんは冷静なんだねって思ってますよ。
AKINA:思ってますね。
井上:取り乱さないよねっ。
河本:取り乱さないね、井上さん。
井上:あるけどね。たまにあるけどね。
河本:たまに弾けることあるんですか?
井上:あるある。
AKINA:どんなときですか?
井上:スクラッチカード買って当たったときとか、結構。
河本:そりゃそうでしょ。今まであります?自分の何かが学校に掲示されたとか。
AKINA:作品は絵ですね。
河本:ああそう。じゃあ2人すごいわ。俺1回もないんやけど、井上さんもすごいのよ。井上さんも版画だったっけ、あれ。
井上:うん。
河本:版画で、最優秀みたいなの。
AKINA:おっ。
井上:県というかね。岡山県だったんですけど。
河本:県の表彰よ。学校の表彰じゃない、県の表彰。
AKINA:すげー。
河本:その版画が中学にして琵琶法師描いたからね。
AKINA:琵琶法師(笑)なぜ?
河本:わかんないけど。
井上:魅力があったのかな、そのときに。そのときブームだったのかもしれません。琵琶法師描いて。
河本:琵琶持って坊さんがベンベンやってるやつ、県で表彰されたからね。


【4月16日(木)おとなの階段のぼる講座】
AKINA:本日勉強していただくのは「車に乗っているときのクラクションでのお礼の仕方」。
河本:そうね。車っていうのは性格が出ちゃいますからね。これができないと、かなり恥をかいちゃいますからね。
井上:自動車学校では、あんまクラクション鳴らしちゃいけないみたいな。
河本:確かにね。慣らしすぎるとだめなので、その辺もしっかりレクチャーしたいと思います。

-コウモト先生のお手本
河本:(運転しながら)ああー、一人でドライブするのもええなあ。天気もええし。気持ちええなあ。えっ?前方に車来たけどちょっと道も狭いしな。どうしようかなあ。えっ?いいんですか?すいません、すいません、ありがとうございます。(プッ!)……はい。こんな感じです。
井上:はい?
AKINA:先生ポイントは。
河本:やっぱりビーってやってしまうと、不快感を覚えますよね。なので今顔にも表情出したんですけど、ほんとにありがとう、へっ、くらいの。
井上:感謝してますか?それ。
河本:はい。感謝の……気持ち……ですよ……くらいの。
井上:どこに感謝してるんですか?
AKINA:なるほど。軽く叩くように鳴らすのがポイントなんですね。

-イノウエくんがトライ
井上:いやー、この道路ずっと工事中だな。
河本:(笑)
井上:もう地下鉄できてんのになあ。
河本:(笑)明治通りですね。
AKINA:そうですね。
井上:あっ。うわー、対向車来たー。どうしよう。
河本:はいはい。
AKINA:危ないですよ。
河本:これ車幅結構でかいからなあ。あらっ?譲ってくれた。
河本:譲ってくれたよ。
井上:(プッ)
河本:いいですねー。すごく軽い出てました。ほんとにありがとうございました。
AKINA:ありがとうございました。本日は「車に乗っているときのクラクションの仕方」を勉強いたしました。
井上:いいんですか?
AKINA:キッズのみんなも大人になったらきっと使うことがあるので、そのときまでしっかり覚えておきましょう。
AKINA・河本:さようならー。
井上:(ププッ)
河本:むやみに鳴らしちゃだめ。
井上:いいんですか?今ので。
河本:いいんです。


【4月17日(金)オープニング】
河本:4月17日金曜日。
AKINA・河本・井上:オーハー。
河本:フライデー!河本でーす。
AKINA:ハロー!AKINAだよー。
井上:井上だー!
河本:英語が出てこなかった。
AKINA:(笑)
河本:井上さんはとにかく英語とか、そういうのはいいんです。
AKINA:いいんですか?
河本:井上さんは英語とかNGですから。
井上:ごめんなさいっ。


【4月17日(金)一生に一度は書いてみたい激ムズ漢字講座】
河本:さあ今回勉強する漢字はすっぽんです。
井上:はいっ。
まなみ:はいっ。
河本:すっぽん。(右腕を袖の中に隠す)
まなみ:うんっ?
井上:うんっ?
河本:はいっ?何でしょうか。
井上:何ですか?今の。
河本:(再び同じ動作)ってやったんです。ヒントです。すっぽんの漢字はこうです。

-2人一斉に書き始める
河本:なんで今のでわかったん?
井上:これ?(フリップに「滑」 )
河本:誰がスベったんや。だれがスベっとんねん。それ、俺の状態やないか。違うわ。はい、まなみちゃん。
まなみ:はい。(フリップに「吸放亀」)吸って放さない亀。
河本:吸って放さない亀なの?噛むんじゃなくて?
まなみ:すっぽんは1回吸われたら放してくれないので有名じゃないですか。
河本:そうなん?吸ってんの?ずっと。噛むんじゃなくて?
まなみ:噛んでるんですか?
河本:だって息もたないと思うよ。すっぽんも。ずっと吸い続けてるとさ。
まなみ:だからあたしすっぽんだと思いましたよ。
井上:(ぼそっと)絶対違う。
河本:えっ?井上さん、何ですか?
井上:これだったっけ。(四+小小+亀っぽい字+非+横に楽のちょんちょん)
河本:結構つけたね、井上さん。井上さん、間に入れたがるよね。「罪」の間にまた入れたでしょ?左右にあるちょんちょんちょんちょんって何?
井上:「楽」の……。
河本:(笑)「楽」とか「薬」とかの。それがついてる。
井上:それをちょっと拝借しました。
河本:残念、終了でございますー。

-コウモト先生のお手本
河本:まず小さいという字を書きます。ここに囲いをします。
井上:わっかった。
河本:そしてさらに小さいという字を書きます。
井上:そうやな。
河本:えっ?ほんとに?
井上:ああー、敵だ。敵みたいな字。
河本:次はこちらですね。
井上:ああーーーっ。紙幣の。
河本:似てるでしょ?
井上:紙幣の「し」?
河本:紙幣の「し」は紙ですよ、井上さん。
井上:学校行ったのになあ。
河本:井上さんは学校行ってました?毎日。
井上:僕皆勤賞ですからね。毎日行ってこれですからね。
河本:これですっぽんですね(すっぽん=鼈)
井上:これはむりだぁ。

-なんか…いつのまにかオープニングトークが、井上解説員を解説するコーナーになっちゃってるっ。版画の優秀賞を自慢(?)したり、「英語はいいんです」とか、河本さんが相変わらず相方に甘すぎるのが気になります。AKINAちゃんがあきれてないか心配(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。