スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このへん!!トラベラー(前編) 2009.5.18 

家族が録画してるMXテレビの『カーグラフィックTV』(日曜夜)に
いつも『このへん!』の告知CMが入ってるんですが。

ケンコバ:地元応援バラエティー「このへん!トラベラー」
河本:我々3人が東京の町をディープなとこまで探索し
おもしろガイドブックをつくっていく。
井上:進化系番組。
ケンコバ:毎週月曜夜10時半。
3人:お楽しみに~。

井上さんの立ち位置が真ん中なので、なんかリーダー
っぽく見える。
「進化系番組」はもちろん「しんかけいばんぐみ」
にしか聞こえないけどねっ。
【第4回麻布十番編】
①オープニング

-麻布十番駅地下鉄入り口前
ケンコバ:今日はなんと麻布十番。
河本:あの志村さんがこよなく愛しているという。
ケンコバ:志村さんがこよなく愛す麻布十番。
河本:お祭りもありますしね。麻布十番祭り。
ケンコバ:応援しなくてもいいんじゃないかと、こいつ(=井上)がさっきから文句ばっか言ってるんですよ。
井上:にぎわってますよ、ほっといたって。
ケンコバ:とお思いでしょうが、今日はあえてこちらの通りを行ってみたいと思います。
河本:行きましょうか。
ケンコバ:行ってみましょう。
井上:行きましょうっ。ちょっと冷え込んできましたね。
ケンコバ:そうですね。冷えてきたね。

②パティオ通り
井上:(店先のメニューを見て)うわっ、これ絶対おいしいですよっ。
ケンコバ:ここ行こう。
井上:ここ、行っていいかなぁ?
河本:これ、「武藤の鍋」ですよ。武藤敬司の店ですよ。(写真が貼ってある)
井上:あっ、武藤さん?(その下の手形を見つけ)あっ、武藤さんの手だぁ。
ケンコバ:ちゃう。これは神無月さんの手らしいですよ。
河本:なんでこんなことするんですか?神無月さん。
ケンコバ:あっ、神無月さんが来た。
河本:来てない、来てない。ちっちゃい。
-3人の目の前を三輪車で走り過ぎる女の子
井上:Dr.スランプ?
河本:Dr.スランプや。
ケンコバ:Dr.スランプに出てきますね(笑)
井上:「あんた、いもね」って言う子じゃないですか。
河本:グラサンかけて。

-その先の写真館ウィンドーを見て
井上:こっちすごいっすよ。
ケンコバ:えっ?そっちがすごい?
井上:外人さんが着物着てますよ。刀持って。(日本刀を持った外国人男性の写真)

-その上には外国人6名の家族写真
河本:これ、「アンビリーバボー」でしょう。
井上:(たけしさんのマネで)あんなに幸せだった一家。
河本:(笑)
井上:(向きを変えて)しかし突然。
河本:変えるな。変えるな。カメラの方向変えるな。

-カフェを発見
河本:これ、絵でしょ。
井上:これがカフェですか。
ケンコバ:違います。絵です。かきわりです。
井上:CGでしょうね、これは。

③ア・タシカ
ケンコバ:何これ?ポルトガルカフェやて。
井上:ポルカフェ?入っていいの?(ケンコバに)入っていい?こんにちはー。うわっ、異国だぁ!
ケンコバ:異国情緒ですよ。
河本:サッカー選手が来たときに、ここオススメしていいですか?
井上:おっしゃれ~。うわっ、何これぇ?
オーナー:これはカステラです。
井上:ええぇーーーっ?俺、これ食べたいっ。
河本:これ、お菓子ですか。
ケンコバ:チーズケーキみたいな。
河本:なんていう名前ですか。
オーナー:ポンデロー。
井上:ポンデロ食べたい、コバさん。

-席に座ってポンデローを試食
河本:なんじゃこれ、めっちゃうまい。
ケンコバ:うまっ。
井上:全然カステラ。
ケンコバ:素人の読みで言うていい?
河本:はい。
ケンコバ:卵2万個ぶち込んでるやろ。ポルトガルの名物料理って何なんですか?
オーナー:ペイシニオスダオルター。天ぷらです。
ケンコバ:ああ、天ぷらってもともとね。
河本:ポルトガルから。
ケンコバ:オーナー、片っ端からポルトガル料理持ってきてください。
井上:ちょっと待って待って待って待って待って。(焦ってる)

-ペイシニオスダオルターを試食
ケンコバ:これが天保らの先祖なんやな。
河本:これの中は何ですか?
オーナー:インゲン。ポルトガルはインゲン豆しか作ってないです。
井上:なんで?なんで?
ケンコバ:サツマイモは?
井上:なんでそんな縛り作っちゃったの?
ケンコバ:なすは?たまねぎは?
オーナー:「オブリガード(oburiga-do)」から「ありがとう」という言葉が来てるみたいですね。
河本:えっ?オブリガード、オブリガード、オブリガード、ありがとう。
井上:へー、じゃあほんとポルトガル…。
河本:なかった。日本、なかった。とっくにない。
ケンコバ:お互いオブリガード。
井上:お互いオブリガードですねっ。(オーナーに)ということでいいですかっ?
ケンコバ:(笑)

④子どもの国~不動産屋さん
-子どもが遊んでいる公園を発見し
ケンコバ:うわっ、子どもの国や!
河本:(女の子に)かわいい。どうしたの?浅田真央ちゃん?
井上:女優さん?
女の子:違う。

-そこに駆け寄ってくるもう1人の女の子
河本:かわいいっ。どうしたのよ。
井上:美人姉妹かい?(頭をなでて)美人姉妹。
ケンコバ:兄弟?
女の子:違う。
井上:違うの?
河本:(必死で2人をハグしてる)
ケンコバ:(河本の頭をはたいて)何してんの?
井上:何してんの。
河本:ぎゅっとしたくなるじゃないですか。

-突然駆け寄ってくる男の子3人組
男の子:ねっ?ねっ?いたでしょ?いたでしょ?
男の子:すげえ。次長課長とケンドーコバヤシがいる。
ケンコバ:(笑)あいつ、ジャーナリストみたいな格好してるな。落合信彦みたいな格好してるやん。

-突然路地から話しかけてくる人が
男性:今、プリン持ってきますんで。
河本:……
男性:東京に店出したんです。
河本:あっ、そうなんですか。
ケンコバ:知り合い?
河本:いえっ…(笑)
男性:覚えてないでしょ?
河本:覚えてますよ。
男性:京都のグレープフルーツプリン…。
河本:京都のグレープフルーツプリンや!
井上:(笑)(←おかしくてしょうがないみたい)

-男性の正体は、実は以前次長課長が京都ロケで訪れた
お店GASPARDの方。プリンをいただく3人
ケンコバ:空き地探してプリン食べますわ。
男性:そこの公園で。
河本:公園、子どもの国なんで。
ケンコバ:ちょっと今、ガキだらけなんでね。
河本:ありがとうございます。
井上:すみません。ありがとうございます。

-プリンを食べる場所を探して歩く3人
ケンコバ:「お気軽にどうぞ」。(←看板)
河本:2階の201。
井上:ちょっと行ってみよう。
ケンコバ:行ってみようって(笑)何やねん?だから。
井上:何屋さん?
ケンコバ:「気軽に」って言うてるからな。
井上:大丈夫なの?

-チャイムを押す井上
男性の声:はい?
井上:こんにちは。
男性の声:はい…。
井上:なんか「お気軽にどうぞ」って書いてたんで。
男性の声:どちらさん?
井上:いえっ、普通に歩いてたものですか。
男性の声:テレビか何か?
河本:今ちょっとね、「このへん!トラベラー」っていう番組で。
井上:はい。麻布十番歩いてて。
男性の声:うち、不動産屋ですよ。
井上:あっ。
河本・井上:不動産屋。

-プリンを食べようと中に入る3人
オーナー:ほかに不動産屋たくさんあるのに、なんでうちに?
ケンコバ:お気軽にどうぞって言ってくれてたんで、ここしかないかなと思って。
河本:大体1人暮らしするのに相場お幾らくらいですか。
ケンコバ:ワンルームとかはないですか。
井上:(机の下からプリンを出そうとがさごそ)
オーナー:ないこともないですよ。下は6万から。
河本:えっ?6万?
井上:(3つプリンを取り出すことに成功、ニヤリ)
ケンコバ:えー、6万で。(プリンをあけながら)例えば1LDKで40㎡とかで。
オーナー:40㎡だったら、15~16万。
ケンコバ:もっと高いイメージがあった。

-普通にプリンを食べ始める3人
井上:外国のお客さんとかいらっしゃるんですか?
オーナー:麻布自体が大使館が多いとこだから。
N:プリンに夢中になる3人。このままだとご主人にばれちゃいますよ。
ケンコバ:うまいっすよね、プリンって。
オーナー:それ、どこでもらったの(笑)
ケンコバ:あっ(笑)
河本:なんかね、京都のお店がね、東京に新しくできまして。
ケンコバ:ごちそうさまでしたー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。