スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはスタ 2009.5.26~28 

ずーーーーーっと迷ってましたけど、いい加減迷うのに
飽きたので、思い切って、「アメトーークVOL6」と一緒に
予約しようと思います。
ドラゴンボール講座収録の「ドラゴンボール EVOLUTION」

井上さんの「ドラゴンボールで食べていきたい」発言って
いつのことだったかしらと、自分のブログを調べたら
2006年末の「くりぃむナントカ」いきなりラストカットの
ときみたい。あのときは「本当にそんなお仕事が来るといいですね」
っていうコメントいただいたり、私も「いつかそんな日が来れば」
なんて夢見てたんだけど、気づいたらそうなってた。
(もちろんそれだけで食べてるわけじゃないけど 笑)

何年にもわたって、夢がかなっていく過程を見続けられるって
本当に幸せなことですね。

…と、柄にもないことを書いてしまいました。





【5月26日(火)一生に一度は書いてみたい激ムズ漢字講座】
■今日の漢字=らっきょう
河本:ということで、今日の漢字はらっきょう。さあ、書いてみましょう。どうぞ。
井上:いや、わからんー。
マナミ:わかんないです。
河本:らっきょうは野菜なので草冠が入ります。
マナミ:くさかんむり。
河本:うん。あと同じユリ科の仲間であるニラという字も入ります。ニラのイメージは?土から出てきますよ。
マナミ:あっ!
河本:できました?
マナミ:はい。
井上:でもまあ俺は普通にいこうっ。
河本:マナミちゃんの答え見てみよう。

-マナミの答え→草かんむりに、カタカナで「ニラ」
井上:ニラって書いてある。
河本:うわ、カタカナでニラって書いてた。
井上:何?こいつ。
河本:俺も最初、全然わからへんかったわ。
井上:たたいていい?たたいていい?
マナミ:さりげなく入れてみたんですけど。
井上:たたい…たたいていい?
河本:イノウエ君いってみましょう。
井上:僕はもうこれです。

-イノウエ君の答え→薬京
河本:薬の京?らくきょう?
井上:はい。らっきょう。
テロップ:薬(らく)ではなく、薬(やく)です。
マナミ:ああー、これ…。
河本:ぐだぐだになったところで終了です。

-筆で正解を書き始めるコウモト先生
河本:草冠を書きました。
井上:はい。もうなんか見たことない形。
河本:なるねえ。
井上:ああー、苑だ。苑。何とか苑の苑だ。
マナミ:うん?いや…。
井上:違うな。
河本:違います。あなたたちいつも予想しますけど、全然違うんですよ。
マナミ:あっ、3本。
井上:そこで3本じゃない?言ったとおりやな。
河本:大体わかるでしょ、それは。
井上:まだいかない。
河本:はい。こちらでらっきょうでございます。
-正解は「薤」
井上:えっ?1文字?
河本:はい。ちなみに「韮」はニラという漢字なんですが、これは細長い葉が生えている様子を表しています。
井上:へえー。
河本:さあみんなも一生に一度くらいは書いてみよう!


【5月27日(水)大人の階段のぼる講座】
■怒っているのに噛んでしまったときの対処法
河本:大人は部下を叱ることで一人前かどうか評価されますが、非常に大事でございます。
AKINA:大事ですね。
河本:じゃあ今日は前田。前田…休みだ。
AKINA:ああ、あんまりあの人は当てたくないんだけどな。しょうがないですねっ。イノウエ君、よろしくお願いします。
井上:何なの?その小芝居。

-イノウエ君が考える噛んでしまったとき
井上:おい!ワタナベ君。こないだ言っといた書類、また名前の順番まちがっとるじゃないか。名前の順番が違うって。タカサキの前にキタタカサキでキタタカサキの次にナカタカサキだろうが。全然噛まなかったじゃないか。
河本:言えてどうするんですか?言えちゃって…。これは異例です。
AKINA:異例でしたね。
井上:もう1回やっていいですか?噛むまで言っていいですか?
AKINA:しょうがないですね。ではイノウエ君、お願いしまーす。
河本:お願いいたします。

-イノウエ君の考える噛んでしまったとき(再トライ)
井上:おい!ワタナベ君。こないだ言っといた書類、また名前の順番まちがっとるじゃないか。名前の順番が違うって。タカサキの前にキタタカサキで…キタタカサキの次にナカタカサキだろうが。…あれっ…?わかったから、もう行け!(笑)
AKINA:ギリギリ。
河本:ギリギリ噛んだんですけど、本来ならセーフの噛み方なので、これダメですね。
AKINA:ダメでしたね。イノウエ君自体がもうダメでしたね。先生にぜひ。
河本:わかりましたよ。じゃあやりますよ。

-コウモト先生のお手本
河本:来い。フジイ!いや、ワタナベか!おい!ワタナベ君。こないだ言っといた書類、また名前の順番まちがっとるじゃないか。名前の順番が違うって言ってるだろうが!タカサキの前にキタサカサキでキタサカサキの次に…ナカセキセキだろうが。キタ…#$%&#$%&だろうが!!!わかったか!!!はい、これです。
AKINA:ああー。
井上:うまく噛めましたけど。
河本:これはね、噛んだ後半ですよ。後半何言ってるか、聞きづらかったですね。
AKINA:はい。
河本:その聞きづらかったことも全部忘れ去られるくらいに、大きな声で威圧をかける。プレッシャーをかける。これがポイントですね。
井上:確かに噛んだ時点でちょっとこっち、笑ってしまいますもんね。
AKINA:そうですね。
河本:ポイントもう1つ。
井上:まだあったんですか?
河本:噛んだことを突っ込ませる間を与えないように、間髪入れずに勢いで押し切る。この2つ。
AKINA:相手に突っ込ます隙を与えず、最後まで押し切るのがポイントということですね。
河本:よくわかってますね。
AKINA:キッズのみんなも大人になったらきっと使うことがあるので、しっかり覚えておきましょうね。さようならー。


【5月28日(木)教頭先生の仕事】
-白衣姿で教壇に立っている教頭先生研究家イノウエさん
井上:みんな!学校にいる教頭先生。でも教頭先生のことはあまりよく知らないよねっ?このコーナーでは、そんな教頭先生の知られざるお仕事についてわかりやすく教えていきたいと思いまーす。それでは本日の教頭研究ポイントはこちら。

-本日のポイント「年間行事」
井上:学校には毎日いろんな行事がありますけどもね、入学式や遠足、運動会、修学旅行。これみんな大好きですねっ。そういう年間行をいつやるのかって全部決めてるのが、実は教頭先生だったんですねー。

-教頭先生の仕事「入学式や運動会などの日程決め」
井上:しかし遠足や運動会のときはその行事に参加することなく、こちら。みんなが楽しんでいる間、お留守番してるんですね。できることと言えば、ただ寂しく窓から外を眺めるだけ。ほんと寂しいですね。孤独です…。うさぎだったら死んでおります。

テロップ:教頭先生がウサギだったら寂しくて死んでいる
(ウサギがうずくまってる写真)


井上:さあっ、教頭先生の仕事ぶりは皆さん理解できたでしょうか?皆さんも教頭先生のことをもっと注目してみてください。

-火曜日「激ムズ漢字」。初めて、初めてイノウエ君が普通にマジメに解答したというのに、「薬(やく)」を「楽(らく)」を間違えてるっ。ちょ…キッズ混乱!!!マナミちゃんには「たたいて(はたいて?)いい?」とか厳しいのに自分は…。金曜日の「サザエ」も「拳江」と書いたつもりが、横棒が1本多くて「※拳が正解です」とのテロップが。ことごとくテロップにて訂正される(笑)

水曜日「大人の階段~」。早口言葉みたいなセリフわざわざ用意してもらってるのに、噛まずにスラスラ言えちゃった!

木曜日、満を持して、井上さんの新コーナーがスタート。今度こそ本当にためになるコーナーかと思ったら…うさぎだったら死んでいる…(BGMはケアレスウイスパー)。朝からキッズがブルーになるよ…。コーナー満載で盛り上がってまいりましたねっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。