スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残暑お見舞い申し上げます 

更新中止してから、あっという間に2カ月以上たってしまいました。
何となくカウンターが回ってる気もするので、たまに覗いてくださる方が
いらっしゃるのか、迷い込まれた方なのか、人間じゃなく検索エンジンの
ロボットかもしれませんが、お寄りくださった方にお礼申し上げます。

ふーっ、これでやっと広告が消せる!
(1カ月後にはまたついちゃうけど)

これだけでは何なので、1本置いていきます。

「ザ・トラベラーズ」のCDデビューを記念して
タイトルは、「井上聡大食い担当への道」です。
第1章 神楽坂編
-親子丼のお店にて
ケンコバ:親子丼にはいろいろな盛りがあるんですね。小盛りと。
河本:僕も小盛り。
ケンコバ:と、(井上を指差し)メガ盛りを。
河本:(爆笑)
井上:絶対無理。絶対俺無理ですよ…。(いきなりブルーに)
河本:今日メガ盛りは?
店員さん:あります。
ケンコバ:よかったな。並んで食われへん人もおるねんぞ。
井上:ですね…。それを考えたら幸せかも…しれません…。(意気消沈)

そして、エンディング

ケンコバ:この番組やり始めて5~6回なんですけど、(井上に)1番しゃべりました、こいつ。
井上:(苦笑)
ケンコバ:口から先に生まれたな?おまえ。
井上:ごめんなさいね。後半完全にオフになってました。

-すべてはここから始まった?メガ盛り丼、完食したかどうかは不明なんだけど、その後のロケ後半、終始無言。その上、画面からフレームアウトすること多数…大丈夫?

第2章 神田編
-エンディングにて
ケンコバ:神保町はいろいろありましたね。
河本:よい町でしたね。
井上:もっともっとありそうですけどねっ。
ケンコバ:もっともっとありそうですよ。(井上に)ただ、もっともっと食べなきゃ。
井上:ん…そうですよねっ。

-エンディングの何気ない会話でしたが、これは次の秋葉原編への前振りだった?

第3章 秋葉原編
-オープニングトーク中、通行人の男性から突然話しかけられる
男性:(井上に)TOKYO MXの?
井上:そうです。
ケンコバ:どうした?
井上:確認です。お兄さん。(男性と握手)
ケンコバ:誰よ?
井上:MXテレビのファンですよ!
ケンコバ:マジですか?
河本:MXテレビ見てくれてはるんですか?
男性:はい。前、高円寺とか。
井上:そうそうそう!
男性:(井上に)大盛り担当ですよね?
ケンコバ:よう見てるわ。
井上:(笑)何で知ってんねん!

-秋葉原では、メイドオムライス店に2回も入らされた上に、井上さんのためのメガ盛り探しとなってしまい、ジャンボおむすびを食べる羽目に。次週の後編では、明らかに不機嫌顔で、あげくのはてにお店から逃走!

-店の外に座り込んでる井上に
ケンコバ:どないしてん?
河本:今日どないしてん?
井上:ちょっと間隔あけてよ。
河本:だったらロケバスで何で弁当かっくらうの?少食野郎が(笑)
ケンコバ:コロッケだけ食べたいって言い出して、メンチカツも食ってたやんか。
河本:(笑)
ケンコバ:今日はディレクターに、"ぶらり"と"メガ盛り"が足りてませんって言われた。
河本・井上:(笑)

-そういえば井上さん、メイドが苦手だったんだっけ。その上、立て続けに食べ物系にお店に入らされて、どんどん不機嫌になってっちゃった。最後河本さんの「次は築地に行きたい」って発言に「プライベートで行けや!」なんて軽くキレちゃって、「本番中にマジでキレられても…(河)」なんて場面も。とりあえず「大盛り担当」が公式認定された記念すべき回です。

第4章 吉祥寺編
-オープニング
河本:きょうは吉祥寺でございます。
ケンコバ:井上がさっきからパン食いたい、パン食いたい言うてんねん。
井上:きょうね、結構食えますよ。
テロップ:大盛り担当

-パンを求めて歩きながら
井上:(看板を見つけ)むきたまねぎって何ぃ?
ケンコバ:むき玉ねぎや。
井上:むきたまねぎ屋さんって何ぃ?何ですか?
お店の方:カレー屋です。
河本:カレー屋や!激盛りありますか?
井上:しもたぁ!
テロップ:大盛り担当

ケンコバ:大盛りないんか?あいつのために。
河本:ごはんの大盛り無料です!
井上:きょうは調子いい方ですけど、パンですって、俺が言ってんのは!パン!
河本:ナンがある。
井上:それ、言ってねえよ。
ケンコバ:ナン。
井上:パンが食いたいです。
河本・ケンコバ:ナン!
井上:パンは?
河本・ケンコバ:ナン!
井上:……じゃあナンで。でも喫茶店行ってからにしません?
ケンコバ:どうしても喫茶店行きたいんか。
河本:お前、喫茶店でパン食うたら、ナン食わへんやんか。
井上:うん……。
河本:いや、うんじゃない。

-結局、その近くのソーセージ専門店に。店先のテーブルに座っている井上・ケンコバにテイクアウトした商品を運ぶ河本
ケンコバ:(ホットドックを受け取り)めっちゃうまそう。俺、ドイツ以来よ。

-井上に手渡す河本
井上:(笑)パンあれへん!(河本が持ってきたのはジャンボフランク)
ケンコバ:(笑)
井上:俺、これじゃないでしょ(笑)俺、今日パン、パンって、一番回数多く刻んでますよ。
河本:うわー、やわらけえー。(ケーゼマフィンを食べてる)
ケンコバ:うまい。皮ぱりぱり。
井上:パンあれへんやん。
ケンコバ:パンの皮、パリパリ!
河本:めっちゃうまい。
井上:パンほしい、やっぱり…。

-珍しく絶好調発言が見られたものの、結局パンにはありつけず。この後、吉祥寺の母に手相を見てもらい、「努力家で大器晩成型・健康運あり」と診断された井上さん。メガ盛りも努力次第で克服できるかも!

〔つづく…かどうかは不明です〕
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。